バンライフ日記「好きな人と好きな時に好きな場所へ」

初めまして、車中泊しながら日本を車旅(#vanlife)をしているえりたく夫婦の夫です。車旅をスタートして早いもので、もう半年以上が経ちます(2019年4月より本格的に車中泊生活)。

バンライフを初め、私たち夫婦の関係やライフスタイル、仕事が大きく変化しました。全て、良い方向へと進んでいます。まだまだこれからですが・・・

誰もが「好きな人と好きな時に好きな場所へ」を実現したい!と思うはずです。

もっとみる
ぼくの方が好きだーーーー!!!
2

「わたなべ夫婦」の専門性と影響力がすごい

車中泊スポットを探すとき、「〇〇(地名)車中泊」というワードでGoogle検索することが多いです。

すると、ほぼ毎回検索上位に出てくるのが、わたなべ夫婦さんのサイト「VANLINE」なんですよね。ほんと、すごすぎる。

記事はルーティン化されており、基本的に「スポットの場所」「安全性」「トイレの状態」「ゴミ箱や水道設備」といった車中泊者必須の情報を写真つきで丁寧にまとめられています。

しかも、

もっとみる
嬉しいです(^o^)丿
5

家族を守る!ハイエース避難所化計画!

今回は災害対策動画として、ハイエースの避難所化計画について紹介したいと思います!

ハイエースを購入した理由の一つに災害対策があります。
私たちが住んでいる日本は自然災害が多いですよね。大雨、台風、地震など1年に1度は災害に合われることと思います。
大きな地震に見舞われ、自宅が倒壊したり、水害で自宅が浸水被害にあったりした際の寝食をする場所としてハイエースが使えるという強みがあると考えています。
もっとみる

【アウトドア飯】子供が喜ぶ朝ご飯ができる!!チャムスchumsダブルホットサンドイッチクッカーがやってきた!

大人気のアウトドアブランドチャムスのオリジナルホットサンドウィッチクッカーダブルタイプです!
チーズやウインナーを食パンに挟んで、プレスして焼き上げると可愛いチャムスのロゴマーグが入ったホットサンドができるという商品です!

憧れのVAN LIFE

VAN LIFE 

居住地や仕事に縛られることなく、バン(貨車)で各地を巡りながら、豊かな生活を送る生き方。

VAN LIFEと呼ばれる生活スタイルにとても興味がある。

スマートフォン一つあれば、世界中と繋がることが当たり前にできる昨今、VAN LIFEという生き方も絵空事ではない。

ひと昔前はできるわけがなかったことと感じるが、世界は、テクノロジーは、日に日に進歩している。  

不可能

もっとみる

FiNANCiEという革命的サービスで、僕が創りたい「VANLIFE」というやさしい世界

こんにちは、Carstay株式会社の宮下晃樹です。

このたび『FiNANCiE(フィナンシェ)』という、ドリーム・シェアリング・サービスにて、“オーナー(旧ヒーロー)”としてデビューさせて頂くことになりました!

そこで、本noteでは、自己紹介含め、僕が『FiNANCiE』で何をやりたいのか?どんな世界を創りたいのか?について、ご紹介させて頂きます!

はじめに:次世代型SNS『FiNANCi

もっとみる

録音機材車を格好良くしたい

弊社の録音機材車は、キャンピングカーを使ってます。

キャンピングカーは、車側と、居住側で別々の会社が作ります。
キャンピングカーメーカーがこのような裸の車を購入して

後ろの部分に架装するとこうなります。

架装した部分は、会社によってデザインが異なり
弊社はミスティックさんの車両を購入しました。

ミスティックさんは、ボディの中にフレームがしっかり入っているので安全なのと、この角ばった感じが好

もっとみる
書く気力が湧きます!
6

#vanlife という全く新しい生き方。芽吹きつつあるライフスタイル革命を徹底リサーチしてみた!

会社に出社したり、自宅に居ることなく、カフェやコワーキングスペースなどの場所でノートPCやタブレットを使用して仕事をする「ノマドワーカー」という言葉には聴き馴染みのある人も多いのではないでしょうか?

 あえて説明すると、ノマドワーカーとは、遊牧民のように場所を変えながら自由なスタイルで仕事をする働き方の事を言います。ちなみにノマドの語源はnomad="遊牧民"です。そのままですね!

 今回紹介

もっとみる
🤯🤯🤯 ←次は何が出るかな?
25

DAY1〜2 東京都→埼玉県

▲▲▲
DAY1
▲▲▲

出発前日まで残務に追われ
当日の朝からバタバタと荷造り荷積み

忘れ物はないだろうか…
きっとあるだろうな…
でもこれだけ持っていればなんとかなるよねっていう
最低限のものだけ何度も再確認して
後は目に付いたものを手に取って詰め詰めしていたら
もうあっという間に正午を回ってしまった
とにかく日が暮れる前に到着しなくちゃ!!

よっしゃ行くぞー!!!
と出発!!!

もっとみる

出発の朝

行きたい場所や食べたいものもリサーチ出来ず
とりあえず初日に目指すキャンプ場だけ決めたが
その後のルートなど、なにもかも未定のまま出発の朝を迎えた

持ち物は何が必要なのか吟味もしていない
連泊キャンプは慣れているけど
1週間以上は初めてだし
実はありと2人だけでキャンプするのも初めてだっだ
でも
私達親子2人のいつもの暮らしや
いつも行く仲間達とのキャンプと
違うことと言ったら…
途中洗濯しなき

もっとみる