FLYING VINYL

FLYING VINYL 先月から定期購買してみた。
https://www.flyingvinyl.co.uk/

忘れた頃にポストにレコードが入ってると嬉しい。
日常の小さな楽しみ。そんな中、今月の一曲。

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その23 RED LIGHT SPECIAL(94)/TLC 珠玉のセックスソング

TLC史上最も売れたセカンドアルバム「CRAZYSEXYCOOL」からのシングルカット。作詞作曲は御大、ベビーフェイス。彼らしいエレキギターが泣きに泣く官能的なトラックに、TBOZの淫靡なローボイスが響きわたるのが特徴。ブリッジに入るとCHILLIが登場し、ローキーからハイトーンへ昇りつめて昇天。愛の歌であるがロマンティックな描写というよりもかなり生々しく動物的な求め方のような歌詞、メロディ、歌唱

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その22 SITTIN' UP IN MY ROOM(96)/BRANDY 90年代を代表するスイートソウル

ブランディのレコードデビューは94年。「モイーシャ」というキッズ向けのコメディ番組へ子役として出演していたため、全米での知名度は十分にあったおかげもあり、アルバムは爆発的に売れた。「I WANNA BE DOWN」「BABY」「BROKENHEARTED」「BEST FRIEND」といったシングルもすべてビッグヒット。歌手としては申し分のないスタートだったと思う。

TV出身の子役がノリでデビュー

もっとみる

レコードのジャケットの話(うんちく)

でもこれだけクラウドファンディングが無事終わり、目下DVDの制作に追われる傍、ひょんなことからレコードに関わる仕事が始まった。

ついこの間までレコードの仕様とその金額に頭を抱えながらやってきたことが、こんな形で生きるとは。

僕が作りたかったレコードは12inchのA式と呼ばれるジャケットの中に、ビニールスリーブに入れたレコードを封入する。予算が許すなら、そのビニールに入ったレコードを、印刷でき

もっとみる
ありがとうございます。是非フォローしてみてくれたら嬉しいです。
6

音楽世迷い言(仮) その21 HEAD OVER HEELS(97)/ALLURE feat.NAS 期待の大型グループになるはずが...

マライアキャリーが満を持して立ち上げたレーベル「CRAVE クレイヴ」レコードから第一段アーティストとしてデビューしたのが4人グループの「ALLURE アルーア」だった。

マライアキャリーが全面的にバックアップし、プロデュースだけでなくソングライティング、バックアップヴォーカル、他アーティストへの協力要請などなど。アルーアは時代の寵児だったマライアの絶大な信頼と期待を背負って華々しくデビューでき

もっとみる

たまにはレコードでも。

最近はデジタルで何でもできてしまう時代ですが、ふとレコードを聴きたくなることがあります。

昨年他界した音楽好きの義父は、中でも60年代の洋楽を好み、かなりの数のレコードを集めていました。夫も音楽好きで、私も古い洋楽が好きなので、遺品を整理した際にその貴重なレコードを我が家でまとめて引き取ることに。整理中にざざーっと広げてぱちり。

義父は特にエルヴィス・プレスリーやベンチャーズなどが好きだったよ

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その20 CONSTANT CRAVING(92)/K.D LANG 90年代最強の文芸ミュージック

KDラングの大ヒット曲「CONSTANT CRAVING」は文芸作品だ。美しくクリアな彼女の発音が生きた瑞々しいヴォーカルとマイナーキーに人間の渇望を訴えた、人間の本質に迫った歌である。タイトルは難しげ。月並みだが、聴く人次第でその世界観というものができ上がっていく魅力がある、まさに文芸作品的な要素に溢れた1曲である。

「CONSTANT CRAVING HAS ALWAYS BEEN」サビの歌

もっとみる

レコードをリリースするまでの全行程

2006年からほぼ毎年1枚レコードをリリースし続けて、去年で通算で13枚のリリースとなりました。継続は力なりですね。

以前からレコード(アナログやVinylなどいろんな呼び方がありますが)をリリースしたいけど、どうしたらいいかと質問される事がたびたびあったので、費用や注意点なども織り交ぜて一連の工程を記事にしました。これからレコードでリリースしてみたいという人の参考になりますように。

レコード

もっとみる
ありがとうございます!SpotifyやApple Musicも是非!!
77

音楽世迷い言(仮) その19 YOU'RE MAKIN' ME HIGH(96)/TONI BRAXTON さあ、セックスの話しをしよう

数々のシングルヒットを放ち、グラミー賞も受賞した前作「TONI BRAXTON」から3年。満を持してリリースされたのがセカンドアルバム「SECRET」。このアルバムからのファーストシングルとしてリリースされたのがこの曲「YOU'RE MAKIN' ME HIGH」だった。

前作は若い女性の淡いロマンスや悲しい恋の結末など、まだまだ初々しさがある歌詞やイメージだったのに打って変わり、セカンドでは急

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その18 HIGH HOURSE(18)/KACEY MUSGRAVES テン年代の傑作登場!進化したカントリーミュージック

2019年グラミー賞で最優秀アルバム賞を受賞した「GOLDEN HOUR」で一気にその名前が世界的になったケイシーマスグレイヴス。

カントリーミュージックの新時代シンガーとして徐々に頭角をあらわしていたが、ここにきてついに、それもグラミー主要部門の受賞ということでスターの仲間入り。劇的な受賞の瞬間とスピーチが最高なので知らない人は是非一度チェックを。

ケイシーの音楽の魅力は、90年代のシャナイ

もっとみる