腕時計は旅の特別な瞬間をより格別なものにしてくれる

スーパーオーシャン ヘリテージⅡは
海辺での充実度を高めてくれるイイ女的・腕時計

5/10、バリ島で行われたブライトリングのビーチクリーンイベントに参加させていただいた。ブライトリング“スクワッド”の目玉のひとつでもある、ケリー・スレーターをはじめとしたサーファーズ・スクワッドが参加。スーパーオーシャン ヘリテージに追加された「オーシャン・コンサーバンシー」リミテッドエディションのローンチもイベ

もっとみる

JMW TOKYO ムーンフェイズウォッチ

この時計はムーンフェイズ表示が特徴のクオーツ腕時計です。

困ったことにこの時計の名称というものがどうもすっきりしない印象になっているので、ここでは「この時計」という呼称にすることにします。

どういうことかというと、公式には、
”上級「ムーンフェイズ 」本革ベルトローマ数字インデックス100m防水タキメーター腕時計” となっており、通常の型番や固有名称のようなものがありません。開示されている情報

もっとみる

腕時計の価値、その2。55

No.54では腕時計までのことをつらつらと書いてきたわけですが...

もしご覧になっていらっしゃらない方がいましたらこちらも.....

結局のところ腕時計っていいんですよ。

でも今という時代に目を向けてみると....。

1. 一瞬で追い抜かれた感。

なんとなく僕が言いたいことがわかると思います。

そう、「スマートフォン」の登場です。

これまでも携帯電話(ガラケー)は存在していましたが

もっとみる

腕時計の価値、その1。54

腕時計。

仕事柄上、ほとんどの人が身に着けている、装飾品のようなもの。

今日は時計を身につける人の気持ちを考えてみたいと思います。

1. そもそもの腕時計の用途

会社に行けば壁なんかにかかっている時計を見て、「今、○○時だな」という情報を得ることができますが、それ以外の場所には基本的に”時計”はありません。

そんな日本人特有の”時間に縛られて生活”していく上において欠かせない存在なのが「

もっとみる

Apple Watch Series4 レビュー編 - Apple Watch Series4 review #vlog11

Apple Watch Series4のレビュー動画です!

前回の開封編の動画はこちらです↓
https://youtu.be/R9D8IZB_iMo

編集していて、思ったのですがかなりマニアックなところを褒めていて、共感度が低いかもしれないですw

でも、まぁ、自分が思っことを正直に言っているので、ぜひぜひ楽しんでいただけたらなと思っています。

ではでは!

■撮影機材はこちら
https
もっとみる

Apple Watch Series4 開封編 - Apple Watch Series4 unboxing #vlog10

Apple Watch Series4の開封動画です!やっと届きました〜!

開封するところではAppleWatch Series2と比べています。

うれしかったせいか、開封がなんだか長くなってしまいましたww
飛ばし飛ばし見てくださいw

次は簡単なレビュー動画をあげようと思います!!

ではでは!

■撮影機材はこちら
https://kit.com/basara669/youtube-se
もっとみる

現代の名工に出会って確信。腕時計は現代最高のコミュニティツール。で、必要なのは茶室=会員サロン

田村さんが顕微鏡に額を当て、接眼レンズを覗き込んでから30分が経つ。手元には漆が塗られた30数ミリの円盤と筆として用いるつまようじ。先端に鯛の牙がしつらえられたようじを持つ右手は、円盤を乗せたプレートを抑える左手で支えられながら、器用に円盤の加工を施していく。あまりに緻密な作業のため、その全貌をこちらからはよく確認できない。その手は動いているのかすら分からない程、微かな動作を繰り返している。ようや

もっとみる

カシオ展示会【後編】G-SHOCKにおけるカーボンとは何か考えてみる

さて、前回に続き、カシオ展示会の話題です。

カーボンケースの実用化に成功したお話はご紹介しましたが、今回はそれがどういうことをカシオの時計にもたらすか少し考えてみたいと思います。たまにある真面目モードです(キリッ)

まず、カーボンケースは一部の上位モデル(マスターオブGシリーズとか)に用いられるわけでなく、ユースモデルと位置付けられるGA2000とかの2万円代くらいの時計にも採用されます。しか

もっとみる

カーボンモデルが世間を騒がすカシオの展示会へ。G-SHOCKは36年目を迎えても勢いは増すばかり! 前編

このところ展示会が多くて、色々な時計を見る機会をいただいてます。今日は朝イチにハミルトン、夕方からカシオというスケジュール。いろいろ好きな時計が出てきましたが、今日はひとまずG-SHOCKの話をさせてくださいませ。

1983年生まれのG-SHOCKは、私と同学年の存在で何かと親近感があります。昨年、35周年の一年間は一緒にムックを作らせていただいたり、ウェブ上でG-SHOCK検定なるものを仕掛け

もっとみる