感情に振り回され無いために「それって本当?」と自分に問う。〜事実・解釈・感情を分ける〜

先日のイベントで話したことや、話しきれなかったことを極少数の熱いリクエストにお応えして書くシリーズ。2回目。

感情的になってしまう時ってどんな時ですか?

私もイライラする時もあれば落ち込む時もあります。が、お会いする方には「いつも楽しそうだね」「安定してるね」「明らかにポジティブ人間でしょー」なんて言ってもらえます。
私はご機嫌でいることは相手への配慮だし、自分が会いたい人に会えた時に良い状態

もっとみる

毎日の習慣は?〜私が実践している自分を整える≒可愛がる方法〜

先日のイベントで話したことや、話しきれなかったことを極少数の熱いリクエストにお応えして書くシリーズ。
イベント冒頭でこんな質問をいただきました。

Q.毎日必ずすることはなんですか?

最初からそれきたかーと思いました。私は毎日やっていることが若干独特なので、のっけからそれ言ってひかれると嫌だなーと思いましたが、せっかく金曜の中秋の名月の夜に話を聞きにきてくださった方なんだからと包み隠さずお話をし

もっとみる

「データルネッサンスIII -"生きる"を再発明する -」

個人を軸にしたデータ活用をひらくことにより、Sustainable Shared Valuesそのものも発展していくでしょう。例えばそれは、健康の価値観そのもの変容です。これまでは特に公的組織が“健康づくり”をかけ声に、いろいろな施策を実施してきましたが、残念なことに「健康になろう」とのと掛け声に集うのは全人口の一部です。介護予防教室を開くと、満員盛況なのですが、そこに来るのはすでに健康意識が高い

もっとみる
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。
7

雨が土に還り、身体を巡る旅の準備をしている感覚

【ウェルビーイング・コーヒー】
昨日はコーチとしての学びと資格更新に必要な要件を満たしに九段下に😊
改めて『いろんな人がいるなぁ』と、ニュートラルを保つ訓練になりましたな😌

樹木が燃えて焦げていくような、鼻の奥まで燻される感じ
コーヒーらしく漆黒の苦味がのどの奥まで直接とどく
地面に染み込むように、ゆっくりと舌に馴染んでいく
雨が土に還り、身体を巡る旅の準備をしている感覚

#コーヒー #c

もっとみる

【イベントレポート】AI時代に生きる僕たちを幸せにするビジネスとは?【日経COMEMO】

ウェルビーング(Wellーbeing)という言葉を聞いたことがあるだろうか。
直訳するとWell=よい Being=状態、あり方、だが、わたしは大学でWellーbeing=よりよく生きる、などと言い換えて多用してきた。

人は古くからコミュニティに属し、日本では特に「集団の中の個としていかによく生きるか」が求められて来た。いわば、個性を出し過ぎることなく部品として役に立つモノ(人間)こそが求め

もっとみる

数多の”ジブン”が頭の内側で喧嘩しててもはやエモい。

自分がやりたいようにやればいい。やったらいいじゃん。
そう言われてハッとする。自分って一人なのか??
僕は、自分とは、数々の”ジブン”の総体だという結論に至った。
福井県大野市に住む今の自分は、四人の”ジブン”でできている。
一人の”ジブン”だけで何かを決めようとすると喧嘩がおこってしまう。

建築をつくりたいジブンは、早くモノを作ってしまえかっこいいモノを作ってしまえ世の中にモノを残せという。や

もっとみる

毎月1回のHills Breakfast@六本木ヒルズには、必ず時間をつくっていくべき

先週木曜日のオフィス出勤前に、日本元気塾の関係で知り合った 中さん とのつながりをきっかけに、1年程前から数回参加しているHills Breakfastを聴講してきました。これはいわゆるPecha Kuchaスタイル
 - 20秒X21枚のスライド=420秒=7分間 
でプレゼンテーションするもの。その内容を下記リンクから共有します。

以下引用(一部編集)===
世界800都市以上で開催されてい

もっとみる

雲間からの日差しに、深緑の木々が生き返るようなエネルギー

【ウェルビーイング・コーヒー】
学びの多い一週間。
当たり前なことへの感謝や、人を労わることはまだまだできる、そんなことを振り返り、味わう時間🙂

薄くて柔らかい衣をまとったような優しさ
緩やかに口を潤すと、一気に眼が覚めるように弾ける
ツヤのない酸っぱさが、心地よく口の両脇に残る
雲間からの日差しに、深緑の木々が生き返るようなエネルギー

#コーヒー #coffee #ウェルビーイング #we

もっとみる

ホームと呼べる場所

昨日は、今年のお正月以来に羽田空港へ✈️

どこか旅に出るわけでもなく、見送りや出迎えでもなく、ただウロウロと空港を「味わう」時間を過ごしました

久しぶりの第2ターミナルは、初めてみるお店もあって、とても新鮮でゆるりとした気持ちで過ごしました

地下1階のお店でひと休みしながら、吹き抜けを見上げる

『千住博の作品』と、その辺りのアンテナの立て方は妻らしい

ここが開港して15年。
働いていた当

もっとみる

well doing な日本人&フィンランド教育

フィンランド人はwellbingが上手だけれども、どうやら日本人は苦手みたいだ。日本人は、地位を得たり、人からたたえられることが大切で、それは、welldoing. 何かをして、得るもの。

ここでお気づきかわからないが、welldoingでは、格差が社会にできてしまうんです。

フィンランドに来て思うけれど、ほんとにすることがない。そこで何をしているかというと、人間関係を大切にしているってこと。

もっとみる