yohjiyamamoto

【Yohji Yamamoto】(ヨウジヤマモト)歴史ある、日本のモード界最高のブランド!

どーも、こんにちは!!

今日は私の大好きなブランドを紹介します。

" Yohji Yamamoto " (ヨウジヤマモト)

です!!

数年前から流行りまくってますし 服が好きな方、もしくはそうじゃない方も一度は聞いたことのあるブランドだと思います。

正直ヨウジは書きたいことが多すぎて
この記事だけじゃ収まらないので手短に書いていきますね笑

さらっとヨウジのご紹介

デザイナーはブランド

もっとみる

ユニバーサルシアター支配人としての覚悟〜ぼくが10万円もするYohji Yamamotoを着る理由〜

こんにちは!シネマチュプキタバタの和田です。

シネマチュプキタバタは開館して2年半となり、有難い事に様々な媒体から取材をいただいてきました。毎回試行錯誤を続けましたが、ぼくの力不足により、熱量だけで内容が伴わなかったり、緊張し舞い上がってしまって凹んだりと、反省することも多々ありました。

中でも残念だったのは、自分の辛かった過去を話すと“だからこんな活動をやっているんだ”と、どこか納得され

もっとみる

DISPLAY BY 6000 CLOTHESPIN/6000個の洗濯バサミ製ディスプレイ

イッセイミヤケ/ISSEIMIYAKEやヨウジヤマモト/YohjiYamamotoをはじめとする高級メゾンのコレクション用シューズを手掛けたり、数々の有名ブランドとコラボレーションも展開しながら、オリジナルデザインシューズのファンを世界中にもつドイツの靴ブランド「trippen」から2015年の秋に突然連絡を頂き、依頼をうけて6000個の洗濯バサミを使ってウィンドウディスプレーをデザインしたプロジ

もっとみる

いちばん。

ある人は言った、
チーフが全員女子なのはどうなのか。

ある人は言った、
女子だからという見方が嫌だ。腹ただしい。

ある人は言った、
自分を犠牲にしてもこの活動に、自覚と責任を持って挑む。

ある人は言った、
にきびが出来る程に、悩み、葛藤した。
でも、わからない。

ある人は言った、
モデルの出来がショーを決める。それを指摘されることは許されない。

ある人は言った、
やる気、情熱があっても、

もっとみる

第二回「好きな服について語ってみるnote」

こんにちは、岡まことです。

タイトル通り、僕の好きな服について語ってみるコーナーです。

今回も前回に引き続き、私物で気に入っているものについて話す回にしようかなと。

というわけで今日はこちら。

もっとみる

【今日のnote】内田すずめさんの個展へ。(※まずは日記まで。後日、改めて大型コラム化予定)

どうも、狭井悠です。

毎日更新のコラム、184日目。

行ってまいりました。yohji yamamotoとのコラボが話題の画家、内田すずめさんの個展。

同時代人として、長く語り継がれる可能性を秘めた絵を描き続けているアーティストと、ご縁を持てることに感謝。

今回はコラムを書く許可を画廊様とご本人に事前許可頂いたので、あらためて何度か会場に足を運んで取材したうえ、精魂込めて書きます。

今日

もっとみる

【今日のnote】僕がYohji Yamamotoを常に着る理由。セルフブランディングのお話。

どうも、狭井悠です。

 毎日更新のコラム、169日目。

 3年ほど前、まだ僕がサラリーマンだった頃の話である。当時、僕は新規事業の企画や、ウェブディレクターをやっていた。

 そこで、社長から言われた一言が、今でも印象に残っている。

社長『村田くん(狭井悠の本名)、銀髪にしたら?』

僕「えっ?!銀髪って……問題ないんですかね??」

社長『なんか問題ある?』

僕「いや……社長が問題ないな

もっとみる

【今日のnote】内田すずめ×Yohji Yamamotoの『今宵椿』と『暗闇の女』(※一旦、雑記。改めて長編コラムを書く予定)

どうも、狭井悠です。

毎日更新のコラム、167日目。

 今日は、ほんと、数日ぶりくらいにシャバに出た。

 先週からずっと、祐天寺の自宅にこもって仕事をしていた。コン詰めっぱなしで、とにかく息が詰まるし、東京にいる感じが全くしないので、まだ10,000文字の大型原稿の締め切りを明日に抱えたまま、いったんルーチン作業の納品が落ち着いたタイミングで、久しぶりに表参道へ。

 いつも通っているプレミ

もっとみる

ファッションと日本製

毎回、死ぬまで着るくらいの気迫をもって購入するヨウジヤマモトで、今季一番気に入って手に入れたニットが中国製だった。とにかく寂しくて、こみあげる悲しみを抑えられなかった。いつのまにかヨウジヤマモトで中国製が存在していたとは。

中国製だからといって糸がほつれていたり、始末が悪いという訳ではなく、袖を通すと期待通りの美しいシルエットが生まれる、大好きなヨウジヤマモトのニットだ。少しざらついてドライなウ

もっとみる

【今日のnote】Yohji Yamamoto×内田すずめさんの作品について書いたコラムが、公式サイトに掲載されたという話。

どうも、狭井悠です。

 毎日更新のコラム、132日目。

 昨日は、控えめにいって、たいへん驚くべき出来事がありました。

 世界的なファッションブランドであるYohji Yamamotoとコラボレーションして、2018年SSパリコレクションでセンセーショナルな話題を巻き起こした画家、内田すずめさんの公式サイトに、なんと、僕がnoteで書いたコラムが掲載されたのです。

 「EXHIBITION

もっとみる