zozoresearch

水嶋ヒロのバーチャル上の分身「ルイス ニューマン」誕生、実在する人物がバーチャルヒューマンへ

実在する俳優、水嶋ヒロのバーチャル上の分身(全てCG)が2019年10月11日にInstagramに登場した。名前は「Lewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)」。水嶋ヒロは俳優、起業家として活躍し、最近YouTubeデビューしたことで話題だ。

その水嶋ヒロのバーチャル上の分身Lewis Hiro Newmanは、テクノロジーを活用し、新しい自分の人生を歩むため、生み出された

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
46

撮影した服の関連コーディネートをAIが表示する「style ideas」、Googleから登場

Googleから、カメラでファッションアイテムを撮影すると、その類似アイテムを使ったコーディネートが閲覧できる機能「style ideas」が2019年10月3日に発表された。

Google Lensのコーディネート特化機能

style ideasは「Google Lens」の機能の1つだ。
Google Lensとは、撮影した画像からAIによって関連情報を即座に表示してくれるサービス。例えば

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
7

マイクロソフトの技術で学生が提案する、新たなファッションテックの取り組み

Microsoftがファッションプロジェクトへの取り組みをしていることをご存知だろうか?
Microsoftの技術を使い、ファッション×テクノロジーの未来を模索するプログラム「Designing a new future for fashion」を行っている。

その一環で、昨年からLondon College of Fashionとコラボレーションし、今年も約3ヶ月におよぶファッションテックプロ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
9

ファッションウィークで魅せたテクノロジー、イッセイミヤケやグッチの仕掛けとは

2019年9月、世界4都市でファッションウィークが開催された。場所は世界4大コレクションと称されるパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドン。

この4大コレクションは、世界の高級ブランドが斬新な新作を発表する場として注目されている。今回は、その中でもテクノロジーをうまく活用してコレクションを発表したブランドを紹介する。

ISSEY MIYAKEのドローンドレス

ISSEY MIYAKE(イッセイミ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
11

【コラム】デジタル技術が生み出す、ファッションの新たな役割

ファッションは人間中心主義的なもの--ファッション研究者のANNAMARI VÄNSKÄはそう言う[1]。また彼女は人間にとっての「ファッション」という行為を説明するため、アダムとイヴの逸話を取り上げる。
善悪の知識の木ノ実を口にした時、2人が最初に知ったこと、それは自分たちが裸であったことだ。そして、イチジクの葉で腰を覆った。つまり、最初の“人間”が最初に行った行為、それが身に纏うということ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
12

Z世代に人気のTikTok、ユニクロなどアパレル企業から学ぶ活用法とは

現在Z世代に人気の「TikTok」。
2018年6月に公開された情報によるとTikTokのアクティブユーザー数は5億人、2018年10月に6800万回ダウンロードされ、2018年第一四半期App Storeのアプリダウンロード数で世界一となった。
中国では、月間平均4億人のアクティブユーザーを報告しており、そのうち50%が毎日アプリを使用、日本でも平均視聴時間は42分と報告されている。

そんなT

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
13

AIが存在しないファッションモデルを生成、データグリッドの「全身モデル自動生成AI」

実在しない人物の全身画像を高解像度で生成するAIが誕生した。ファッションモデルや広告用に使用できるという。

2019年4月京都大学に事務所を構える会社データグリッドは、ディープラーニングを応用したGAN(敵対的生成ネットワーク)によって、従来困難であった高解像度(1024×1024)の実在しない人物の全身画像を自動生成するAI「全身モデル自動生成AI」を開発した。

データグリッドはICOVO

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
7

3次元の服は3次元で表現。MESONのARが解決するファッションの課題とは

近年、ARを使用したサービスや体験が増えてきている。中でもファッション×ARの取り組みは相性が良いということもあってか、積極的に行われている。
4月に日本初上陸したHIPANDA(ハイパンダ)は店舗内で楽しめるARアプリを発表、11月にリニューアルオープンする渋谷PARCOではARの作品が展示される予定だ。

また、8月にはオンワード樫山の「JOSEPH(ジョゼフ)」が店舗でARファッションショー

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
9

プラダの定番ナイロンが再生可能に。「Re-Nylon」プロジェクトが創り出すサステナブルな未来とは

PRADAはリサイクルナイロン「ECONYL®」を用いた新作カプセルコレクション「Re-Nylon(リナイロン)」を2019年6月に発表。
2021年までにブランドの象徴であるナイロンアイテムをリサイクルナイロン「ECONYL®(エコニール)」に変更し、持続可能なシリーズを展開する方針だ。

Re-Nylonでは、クラシックなシルエットの6種類のアイテムを展開。アイテムは、メンズ及びウィメンズのベ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
11

テクノロジーに力を入れるハイブランド。エルメス、ルイ・ヴィトンなど、ファッションテックな取り組み

今、有名ハイブランドがテクノロジーに力を入れ始めているのを知っているだろうか。

以前、GUCCIが公式アプリでAR試着機能やアーケードゲーム機能を公開していることを紹介したが、今GUCCIのような取り組みを積極的に行っているブランドが増えてきている。
今回はテクノロジーに力を入れているハイブランドの取り組みを紹介する。

HERMÈS

HERMÈS(エルメス)は原宿に、メンズの世界観を“ラジオ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
42