“なんで写真を撮るんですか?”

この記事に掲載した写真は、僕が本当に見せたい写真じゃない。
文章も本当に言いたいことをかいていない。
本当に見せたい写真も、本当にかきたい言葉も他にある。
本当に伝えたいことは、全く別のところにある。

なぜそれをやらないかと言うと、人に大きなストレスを与えてしまうからだ。
人は受け入れられない現実を感じると、ストレスを感じて目を背けようとする。
現実から目を背けても、現実が消えるわけじゃないのに。

いよいよ目を背けることができなくなると、なにかを叩くことで心の安定をはかろうとする。ストレスを発散するために、撮影者である僕が批難される。
自主規制という都合のいい言葉があるけど、平たく言えば保身のために本音をかかない。それぐらいの光景を見た、数日経ついまも少し落ち込んでいる。

災害時に報道を“マスゴミ”と罵り、ボランティアする人を自分探しの旅と揶揄して、高額寄付をする人を売名や偽善者と叩く。

もちろんそれぞれに問題点もあるだろうけど、揚げ足取りのように小さな問題点を見つけて叩き、被災者にとって大きな利益を潰す行為に僕は疑問を感じる。

安全地帯からバッシングする人こそが被災者の足を引っ張る。
批難を浴びせるのはいつも安全地帯の人からだ。

ボランティアや報道が避難所で支援物資を食べようものなら、バッシングが起きる。報道やボランティアが集まる避難所には文字通り、腐る程の支援物資や炊き出しが集まるのに。現場に立って、実際に目にしなければ理解できないことはある。

僕は民度という言葉が嫌いなのだけど、マスコミは民度を反映している。
民度に合わせて報道している、それが現実だ。
マスゴミと罵る行為が報道を萎縮させて、伝えたいことが伝えられなくなる。
そして“ マスゴミが真実を語らない、マスゴミが報道しない。 ”とまた罵る。

撮影中になんどか警察と民間警備員から職務質問をうけた。

許可証と身分証明書を見せて説明すると、みんなすぐに事情を理解してくれる。
撮影している内容にもよるけど写真家というのは、だいたい職務質問慣れしている。僕も過去に何度も職務質問されているので慣れている。

熊本県警から応援派遣された20代半ばほどの若い警察官から職務質問をされたとき、職務質問慣れしているはずなのに言葉に詰まってしまった。

許可証の僕の肩書には写真家と書いてあるのを確認した警察官が“なんで写真を撮るんですか?”と質問してきた。

おそらく若い警察官は写真を使用するメディアや媒体などを質問したのだろうけど、僕は写真を撮る本質ってなんなの?と質問をされたように勘違いして、言葉に詰まった。

職務質問で言葉に詰まるのは厳禁だ、そこに怪しさを感じとる。
ラップバトルのようにポンポンいかなければいけない。

“いい質問ですね。”と僕は最高にアホな返答した。
ただ本当に良い質問だった、写真を撮る理由なんてない。

“この現状を伝えてください。”警察官はこんなことも言っていた。

今回、立ち入り許可は国が出してくれている。
なぜ許可が出たかというと、現実を隠すのではなく伝えてほしいと考えている役人がいるからだ。

その人の気持ちと、その人の仲介に入って繋げてくれた人、福島での撮影をサポートしてくれた人たちのおかげで撮影が可能になった。

復興に携わる人、全国から応援派遣される警察官、許可をくれた役人。
現場を見ている人は、やはり安全地帯にいる人とは違う。
福島出身でなくともみんな、他人事でなく自分事になっている。

本当に伝えたい写真と文章をかけないことが、そんな人たちを裏切っているような気持ちになる。

写真を撮る理由はないけど、現場に立てて本当によかった。
僕も少しだけ福島のことが自分事になれたような気がする。

いつか安心して本音をかける社会になるといいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされた資金で新しい経験をして、それをまたみなさまに共有したいと考えています。

1076

幡野広志

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
11つのマガジンに含まれています

コメント3件

言葉の力は確かにあるが、それをさらに大きくできるのが「リアル」だと思います。ここでいうと、リアル=写真です。
ひょっとしたら、写真等のリアルの力をさらに大きくできるのが言葉なのかもしれない。
私は曲がりなりにも某私立大学の文学部の出なので、言葉の力「言霊」を信じる主義ですが、やはり、写真等の(伝える力)は中々興味深い。
マスコミをマスゴミと叩く人はきっとリアル(本当に在るか分からないけど)を見たくない人かもしれない。
この春双葉郡楢葉町に移住しました。福島の浜通りには様々な立場、境遇、環境が折り重なっています。それをダイレクトに届けていただき感謝です。
答えに詰まる質問をされて戸惑う。
本当に伝えたい文章と写真を書けないことがある。それができなくて裏切ってるような気持ちになる。
何だか寂しい気持ちになります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。