Yoshiyuki Akamatsu 播磨屋茶舗

お茶屋さんの息子/横浜国立大学経営学部/バド部/日本茶インストラクター/お茶に限らず色々投稿します。/週に5日は豚キムチ/ Instagram↓ https://www.instagram.com/harimayachaho/

無意味が希少価値で、意味がコモディティ

こんばんは。

NewsPicksのweeklyochiaiを見て感じたお話。

前回も書きましたが、無意味というか1人の人が没頭する事、偏愛に価値がある時代なんだなと。

やはり意味のあるものはコモディティ化するし、区別できないから一位以外は駆逐されていく。

そうでなくて、無意味だけど独特の世界観があるものはニッチに突き刺さる。ただ、世界観を作り上げるのに他のものをただパッチワークしてるだけじ

もっとみる

触媒になりたい

こんばんは。

今回は、「こんなリーダーになりたいな」というお話。

タイトルの通りで、触媒みたいなリーダーになりたいと思いました。

では、触媒みたいなリーダーとは。一般的にリーダーといえばチームを引っ張っていく人という印象が強いかもしれません。

ですが、私は引っ張っていくというより、チームを刺激して活性化できる人になりたいと思っていて。

「なんか思いつめすぎて思考停止してるんだよね」とか、

もっとみる

コモディティポストにしない

こんばんは。

今回は、ある記事を読んで思った事についてのお話。

ある記事、とは下の記事の事で

自分なりにまとめるならば、

「便利さ」とか「役に立つ」とか、モノサシが一般的なものはコモディティ化してしまう。つまり、圧倒的一位とその他、になってしまって一位以外はみんな苦しい。

そうではなくて、ニッチだけど刺さる人には深く刺さるもの、「役に立たないけど意味がある」ものを目指そうよ。

という事

もっとみる

「とりあえずやる」が通用するのは、はじめのうちだけ。

こんばんは。

やっぱり目標とコンセプトって改めてめっちゃ大切だなーと思ったので、そのお話。

これは、私が今やっているSNS等に関するお話です。

Instagram、Twitter、noteをやっていて、きっかけは全て「とりあえずやってみよ」でした。

つまり、明確な目標とコンセプトがなかった。で、まずは量をこなせば何か見えるだろうと。

結論から言うと、見えるものはありました。

それが、や

もっとみる

お茶めっちゃ面白いんですけど

こんばんは。

ちゃんとお茶を勉強したらめっちゃ面白かったので、そのお話。

どちらかといえば生産側で感じたことです。

お茶って一般的には、次の様な加工を経て消費者のもとへ届きます。

生葉→荒茶→仕上茶

生葉から荒茶までの工程はだいたい農家さんが行なっています。荒茶から仕上茶までは問屋さんが行なっています。

で、面白いなと思ったのは仕上茶にするまでの加工で「火入れ」という工程について。

もっとみる