見出し画像

「メモの魔力」と「ふろむださんのnote」

こんにちは。ようやくSNSが楽しくなってきた系男子の赤松です。

前田裕二さんの「メモの魔力」とふろむださんの記事を読んでいて、

「共通点あるじゃん!」と思ったのでどういう事か書いていこうと思います。

「メモの魔力」はいろんなところで聞いたことがあると思いますが、そこで説明してあるメモの取り方は、

まず「具体的な出来事をメモ」

それを「抽象化してみる」

そして「他のものに転用する」

という3段階でした。

そして、ふろむださんの記事で説明されていたのが、https://note.mu/fromdusktildawn/n/nb7ee5a557447

インプット→アウトプットをしているが、ただのコピーを作って終わりの人がいる。(パターン1と呼ぶことにします。)

そうではなくてインプットしたものを自分なりに活用(変化)させてアウトプットした方が良い。(パターン2とします。)

ということでした。

つまり、

「メモの魔力」でいうと「具体的な事をメモ」で終わった人が、ふろむださんでいうパターン1で、「他のものに転用」までした人がパターン2になる、という事かなと。

そして「メモの魔力」には書いていませんでしたが、ふろむださんの方ではもう少し踏み込んで、

フィードバックの大切さも言及していました。

作って終わりではなく見直す、それも他人から質の高いものを貰ってこそ改善できると。

じゃあ僕自身はこの2つの共通点を見て何を思ったか。

やっぱりこういう人間の思考についての話にはどこかしら共通点はあって、

哲学でいうところの構造主義も捨てたもんじゃないなと思ったし、きちんと学べばいろんなものから本質を抜き出すトレーニング出来そうだと思いました。

いろんなものを感度高く反応していきたいものです。

まだまだ転用しきれていませんね。精進します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。






この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わ!スキって言ってくれてありがとうございます!!!
9

Yoshiyuki Akamatsu 播磨屋茶舗

お茶屋さんの息子/横浜国立大学経営学部/バド部/日本茶インストラクター/お茶に限らず色々投稿します。/週に5日は豚キムチ https://pomu.me/harimayachaho/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。