ムギ(萬宿ハトムギソウ/複合アパートよしみ荘12号室管理人)

佐賀県唐津市でちいさな素泊まり宿(ゲストハウス)と複合アパートの一室で本屋と喫茶店をやっています。毎週月曜と木曜はFMからつラジオパーソナリティ、ときどきEDITORS SAGAライター。

今週の献立(6/16〜22)

6/16(日)今日の献立
まかない
6/17(月)今日の献立
まかない
6/18(火)今日の献立
午前:チンゲン菜のおひたし、トマトの酢の物、スナップエンドウ
午後:トウモロコシのかき揚げ、アスパラの天ぷら、チンゲン菜とトウモロコシの白和え
今日の果物はびわ
6/19(水)今日の献立
午前:アスパラとアサリとトマトのパスタ
午後:紫蘇と茗荷の豚しゃぶサラダ、焼き茄子
今日の果物はさくらんぼ
6/2

もっとみる

悲喜交交

生きるとは汚れるということ。汚れてなければ生きているとは呼べない。とは誰が言った言葉だったか。もう思い出せない。わたしは美しいと思うけどね。汚れや苦しみ、暗澹や陰惨もひっくるめて、光と影のような強弱があってこそ生きるって美しいことじゃない?とはいえ人は年に二度以上、深酒で記憶を失くすと脳にダメージが残るらしい。思い出せないのはきっとそのせい。先週は大変よく飲んだ。今週も大変よく飲んでいる。というか

もっとみる

美しく呪われた人たち

作品社から今春に出た新刊、F・スコット・フィッツジェラルド著「美しく呪われた人たち」を読み終えた。翻訳は上岡伸雄さん。言葉にできないほど美しかった。刹那的に生き、破滅へ向かっていく二人。その転落ぶりさえも美しい。こんなに美しい小説をかつて読んだことがあっただろうか。と振り返ったらあった。悲しくて、儚くて、美しくて、その先にある破滅。かつて、この人となら心中できる。喜んでする。と強く恋い焦がれていた

もっとみる

十戒

朝、目覚めたら、雨。「けっこう、降ってるな。」と思って、そうしたらまたいつの間にか寝ていた。雨はいい。安らぎを与えてくれる。外に出なくていい、動かなくていい、ごろごろしていい、と言ってくれているようで、どうも落ち着く。ここ最近、喘息の咳であまり寝付けていなくて、久しぶりにゆっくり眠れた気がする。寝ることに対し、罪の意識を感じることが多く、ということはやるべきことが山積しているとも言えるのだけど、積

もっとみる

えーえんとくちから

言葉にしてしまう。咀嚼してしまいたいから。気持ちは言語化しがち。でも喉が詰まる。心の底からこんこんと湧いてくる感情に、正しい名前が見つからない。だから延々、表現しようと試みる。きっと声を届けるしごとをしてるから、安易に声を頼っては、つい全てを託してしまう。声にならない言葉のほうが多いというのに。ふと、歌を詠んでみたいと思った。短歌なんてやったことないけど。なにもわからないけど。それでも、やりたい。

もっとみる