見出し画像

ギャラリー『サポーターをめぐる冒険』その1


夏休みの宿題が終わらない……。

後一記事書かなければならないのだけど、ハネムーンは若干滑ったので2記事目を載せるのに躊躇してしまった。別の記事を書いたのだが、そっちもうまくいかなかった。

どうも夏は調子が狂う。

そんな時思い出したのが、このOWL magazineを購読してくれている方には拙著『サポーターをめぐる冒険』の読者が多いということ。

noteというメディアは写真が映えやすいということもあり、もう宿題が終わらなくて泣きそうということもあり、『サポーターをめぐる冒険』の未公開写真を掲載していくという記事を書くことにした。

8月はもう半日しか残っていない。宿題は終わるのだろうか……。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年10月5日 国立競技場
運命のJリーグ初観戦 FC東京vs鹿島アントラーズ

こちらは東京体育館。バスケの試合を観るために(そういえばプレーしたこともあった)こっちに来ることはあったのだが、国立競技場は初めてだった。

薄暗い森のようなところに入場者が並んでいる。写真はぶれているが、こういう記録用を撮影しておいて後で文章に起こすこともある。取材テクニックと言えばテクニック。

道中は暗くて写真が撮影できずにいたのだが、コンコースに入った瞬間この風景が待っていた。なんと美しい場所なのだろうか。この時の光に魅せられたおかげで、ぼくは未だにスタジアム体験について書き続けている。

座ったのはこのあたり。上段なのだが、とても見やすい。旧国立競技場は本当に素晴らしいスタジアムであった。右側がFC東京のゴール裏。終盤になり点差がついたあと、バモバモ東京のチャントがこんなところまで広がってきた。

この続きをみるには

この続き:1,777文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 記事数は毎月15〜20本、記述量は毎月10万字程度で、有料率は概ね50%程度です。寄稿も随時受け付けています。

旅とサッカーを紡ぐウェッブ読み物です。是非ご購読お願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

15

中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

作家・Youtuber。偏差値30からの大学受験を経て東京大学文科Ⅱ類(経済系)→文学部に進学(宮沢賢治の生命観)→大学院は理転して農学系(アワビ類の行動生態および繁殖生態の比較)→自主退学しスポーツ系の物書きに。著書『サポーターをめぐる冒険』がサッカー本大賞2015を受賞。

OWL magazine 旅とサッカーを紡ぐ

旅とサッカーを紡ぐウェッブ読み物です。是非ご購読お願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。