黄金週間の終わりとこれからのOWL magazineについて


フクロウ達はそれぞれの黄金を過ごす

GWはいかがお過ごしでしたか?

Jリーグをはじめとしたサッカー三昧の方もいれば、帰省された方、あるいは旅行に行かれた方もいたことだと思います。

我々OWL magazineのメンバーもサッカー旅に出る者、ナミビアに旅立つ者、帰省するもの、家でのんびりする者と、それぞれでした。いつもはけたたましく通知が鳴り続けるProject OWLのSlackも連休中は非常に静かでした。

ぼくもGW中に一本だけ記事を仕上げようと思ったのですが、まったくを持って無理でした。ちびゾンビ(子供)が跳ね回る中、父と母と一緒に大掃除までしていたので、とてもじゃないけど落ちついて執筆など出来ません。

ちびゾンビという言い方はいかがなものかと思う方もいるかもしれませんが、2歳ちょっとの娘は、「ジョンビー!ジョンビー!」とかいいながら、ゾンビの真似をして飛びかかってきます。文字通りゾンビなのです。

10日も休みがあったので、仕事や育児に疲れ気味だった妻もすっかり元気になり、ちびゾンビ達は遊びすぎて逆に風邪を引きました。そしてその風邪が治せるくらい十分な休みでした。

それでも最終日くらいは、家を抜け出してきて何か書こうかなと思い立ちました。というわけで今日は、休日のモールに来て、記事を書いています。

書くことと言えばもちろん、OWL magazineの記事です。

主筆中村の今後の執筆予定


原稿に向かうも、すっかり脳が黄金週間モードで文字が出てきません。少し大きめの音でhideの『Beauty&Stupid』を流して、強制起動させます。

というわけで書くぞ!!Write like an animal!!

明日から——。つまり、GWが空けたら本気を出さねばなりません。OWL magazineは月に15記事以上を出すことにしているのですが、5日間は黄金に染まっているので今月は26日間しかありません。

マイペースな集団なので、みんな気軽に原稿を落とすのですが、今月だけはそうは行きません。スケジュールはカツカツです。というわけで、今月も気絶するような行為(=執筆)をしていこうと思います。

今月の執筆予定は、「ワカメ採集」「マダイ釣り」です。真面目にこれです。あ、それだけじゃなくて、 FC今治 vs Honda FCの「今更マッチレビュー」も書きます。

OWL magazineでは書き方論が語られることが多々ありますが、一ヶ月前に終わった試合についてレビューを書くのはちょっとコツが必要です。これは拙著『サポーターをめぐる冒険』を書いた時に身につけた「苦肉の策としてのテクニック」です。何をどうしているかの種明かしはここではしませんが、そのあたりも気に掛けて読んで頂けるとお楽しみ頂けるのではないかと思います。

今治記事が人段落したら塩漬け原稿再生シリーズから、「ヴァンフォーレ甲府」を書きたいと思っています。甲府と今治には不思議な共通点があります。そのへんをうまく文章で表現できれば面白い記事になるんじゃないかと思っています。

OWL_LiveとOWL_Live_Jyanai_Yatsu

大好評のOWL_LIveですが、これからは毎週土曜日の22時に放送しようと思います!!皆様こぞってご参加下さい。後からでも視聴できますが、ライブにはライブの良さがあることを……。というかライブのほうが面白いことを、DAZNユーザーならご存じのことと思います。

前回のLiveの様子はこちらから。だいぶ番組らしくなってきましたよ!チャンネル登録と高評価を是非是非お願いします!!

冒頭では、誤審をどの程度容認するべきか、その根拠はどこに置くべきか、VARをどう考えるべきなのかについて、視聴者の皆様と一緒に考えています。

【OWL LIVE】旅とサッカーのマガジン、刊行から3ヶ月をのんびり振り返る(ゲスト:澤野編集長)

約80分の動画ですが、これを長いと思う方もいればちょうどいい・短いと思う方もいるようです。逆に、OWL magazineの文章が長いと思う方もいれば、サクサク読めてしまう方もいるようです。

OWL magazineの楽しみ方は一つではなく、その人なりにアレンジしてもらえるのが理想なのかなと思います。そういう意味でも動画のチャンネルを持っておくことは大切です。すぐには用意できませんが、購読者専用の番組などもやっていきたいと思います。

あ、そうそう。動画内では澤野編集長と共に、OWL magazineの三ヶ月を振り返っていますよ。まだの方は是非ご覧下さい。チャンネル登録と高評価(以下略

フクロウたちは信州松本の空を舞う!!


6月15日(土)〜16日 松本山雅vsベガルタ仙台

この試合にかこつけて……OWL magazine松本ツアー開催!!

パフパフ!

みんなで同じ「あずさ」に乗って松本を訪れ、それぞれの興味によって記事を書いてみようと思います。正直言って今から楽しみでしょうがないです!!具体的なことなこれから詰めるので内緒ですが、イベント、動画、そしてOWL magazineが連動した面白い企画になるのではないかと思っています。

試合の翌日の16日(日)には、興文堂平田店さんにお邪魔して、トークライブを開催します。

テーマは、「松本山雅とスポーツツーリズム」です。ここでは多くは語りませんが、松本山雅は……、あるいは他のJクラブのいくつかには、FCバルセロナに匹敵するようなクラブになる可能性があると思っています。

長野パルセイロは、例え成績上勝っていたとしてもそういった意味合いでは少し不利なので頑張らないといけない。こんなことを、長野のJALホテルの近くにあるカウンターしかないバーで、隣にいたおじさんと語っていたのを思い出しました。

確か黄金というお店です。まだあるかな。あまり話題にはなりませんが、長野も酒好きには良い土地です。そういえば権堂のあたりはちょっと今治っぽいですね。

とりとめがないのでさておき……。松本でのイベントの詳細はこれから詰めますが、仮で出すとこんな感じです。

サッカー旅記事の執筆陣が、松本のスポーツリズムを語る!!

・日時
6月16日(日) 午後開催(14時か15時スタート、2時間程度)

・出演者
中村慎太郎(作家)
峰麻美(マルチタレント、フーリガン)
辻井亮輔(ふらいくる)

・参加費 
検討中(有料にしてもワンコイン程度の予定)
ふらいくること辻井くんに、出演要請をしたら非常に驚いていましたが、ぼくの心配は前日の試合が誤審問題などで荒れるなどして麻美ちゃんの機嫌悪かったらどうしようというところです。それは半分冗談ですが(半分は本気)、ノーサイドで、同じJサポ仲間、サッカー仲間として楽しく語らえればと思います。

イベント後は松本駅付近に移動するなどして、懇親会を開催する予定です。ぼくと峰麻美は参加する予定です。

私信:シンさん、お店など相談させてください。

あともう一点。
松本の前週に三重にも行きます。こちらは中村個人での活動です。もちろんツーリズム記事を書きますよ!試合はヴィアティン三重vsFC今治です。

また、試合の前日に三重サポーターあるいは今治サポーター向けのイベントも開催しようと思っています。こちらはまだ詳細が詰まっていないのでまた後日告知します!!

というわけで5,6月の大まかな予定でした。

集え!そして、歌え!フクロウの名の下に!

立ち上げ時に告知したコミュニティ制度について、そろそろ本格起動します。オンラインサロン、オンラインコミュニティという呼び名は、今ではテレビなどでも盛んに放映されるようになっているのでご存じの方が増えたと思います。

簡単に言うと大人の部活です。旅とサッカーを愛する人が集まって、交流することが目的です。ただ、交流するだけでは面白くないなと考えています。

実は僕は前職の時に、100名近いオンラインコミュニティの管理業務を現場の人間としてやっていました。その時の肌感としてわかっているのは、大人になってから他人と仲良くなるにはこういう仕組みを使うしかないということです。

まだ詳細を詰めているところですが、近日中に発表予定です。とりあえずお試し版を近日中にリリースする予定です。もう少々お待ちください!

というわけで記事はここまでです。


最後におまけとして「フクロウの止まり木」という温めている企画について書きます。止まり木といえばあれだよなと、勘の鋭い方や、その筋の方にはわかるかもしれません。

やるとしても購読者やコミュニティメンバー向けになると思いますので有料のおまけとしてつけておきます。

あ、でもちょい見せくらいはいいかな。止まり木は、英語にするとバーです。カウンターに一枚板を置いているタイプの飲食店といえば……。いやまぁ隠す気もない書き口ですが、どういうことかはおまけのなかで!!

ちょっとおまけが気になるという方は、是非OWL magazineをご購読ください!

この続きをみるには

この続き:995文字/画像1枚
記事を購入する

黄金週間の終わりとこれからのOWL magazineについて

中村慎太郎

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

11

中村慎太郎

OWL magazine 旅とサッカーを紡ぐ

旅とサッカーを紡ぐウェッブ読み物です。是非ご購読お願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。