なんとサッカー旅の話が少し進展する兆し!


先日こんな投稿をしました。

摘要すると、「サッカー旅の記事は書けるし、サッカー旅マガジンにすると面白くなるのは間違いない」と思っていますがが、2つ問題があって先に進まないでいるということ。その問題点というのが、マネタイズをどうするかと、更新業務を誰かに補助してもらわないといけないこと。

これをどうするかがなかなか思いつかず、思いついたら誰かに手伝ってもらおうとは思っていたものの、そんな薄らぼんやりした状態で相談してもしょうがないななと、スタックしていました。

ただ、スタックしていることについても書いてみたらいいのかなと思いついて、noteの記事として書いてみました。noteはインターフェイスが優れているため、何も考えずに書き始めても、それなりの記事になります。同じことをブログでやったら確実に失敗します。

今も、1泊2日の松本旅に疲労して、ブログの更新を不可能だと諦め、それでもnoteなら書けるだろうと思って書き始めています。なんで1泊2日で疲れるのかというと、音源の収録を合計7,8時間やって、一人で全行程を運転し、車内泊で2時間しか寝ていないからです。疲れないほうがどうかしていると思います。

とはいえ、ようやく自分主導で旅コンテンツを作ることができそうなので本当に嬉しいところです。幸福感に満たされています。水曜どうでしょうみたいなことがずっとやりたかったからです。正直、もっとやりようがあったとは思うものの、とにかくやってみることが出来たのはとても良かったと思っています。質を突き詰めるのは次回からにします。とにかく初回はやってみることが大事です。

ラジオを聞くだけで、旅の様子が伝わってくるコンテンツというのは、想像力を使う分、映像よりもずっと色っぽいわけです。そして家事をしながらでも100%楽しむことが出来ます。

そのへんの内容は後ほどハトトカで公開予定です。うまくいかない部分もありました。というか運転しながらよく考えて喋るのがとても難しかったです。しかし、良い部分もあったはずです。ただ、メインエピソードの間だけでも、運転を誰かに代わってもらえればずっと楽だったと思うので、次からはそれをマスト条件にしようと思います。それだけでかなり質が高まるはず。後はNo More 車中泊!

というわけで不穏な執筆宣言をしたものの、疲れていると良くない書き方になってしまうかもしれないので、回避してnoteに逃げてきたなうです。


さて、この記事で言いたいことは一つだけです。サッカー旅の記事をどうしたらいいか、思いついたけどスタックしているということを書いたら、興味あるので手伝いたいという趣旨の連絡を頂きました。

なので、やりたいことを具体的にまとめた企画書を作ろうと思います。それによって今よりも詳細に、何が不足しているのかが見えてきます。

つまり、サッカー旅企画、大きく前進しました!!書いてみるものですね。なんでもいいから、考えていることをアウトプットすることが大事です。

道を歩けば、必ずどこかに続いています。行き止まりならさっさと戻るなり、乗り越えればいいだけです。

え?歩いている場所が道じゃなかったら?

旅人よ、道はない。
歩きながら道を作るのだ。
アントニオ・マチャド

アントニオですが、猪木ではないです。

ところで、サッカー旅といえばこの本……?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

6

中村慎太郎

スポーツコラム

サッカー旅、サッカー関係者へのインタビューなどなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。