コパアメリカのノックアウトステージに勝ち上がるための条件を整理する(ウルグアイ戦後)


コパアメリカのグループステージにおいて、チリ戦で0−4で負けるも、ウルグアイに2−2で引き分けることが出来た。

この大会はグループステージが3つに別れていて、各グループの上位2チームがノックアウトステージに無条件で進出する。

そして3位が2チームだけ進出する(3位でも進出できないチームが1つある)。

日本が考えなければいけないのは、3位以上に入ることである。まずはその可能性から検討してみよう。

日本がグループCの2位に入るためには


残された試合は……
2戦目
チリvsエクアドル

3戦目
日本vsエクアドル
チリvsウルグアイ


まず、日本はエクアドルにに勝利するものとする。仮に1−0としよう。この場合、エクアドルが2戦目のチリに勝利していたとしても、勝ち点3となるため、日本の3位以上が確定する。

つまり、エクアドルに勝てば3位以上が確定する。

さて、2位以上になる目はあるだろうかと考えてみると、チリがエクアドルとウルグアイに2敗した場合には日本が勝ち点4で2位となる。

エクアドルに勝利 かつ チリが2連敗の場合には日本は2位で無条件に通過となる。ちなみに3位はというと、日本に0−4で勝利しているチリになる可能性が高いが、そこは検討しない。

とはいえ、チリがエクアドルに負けることを期待するのは少し難しそうな気がするので、考えないことにしよう。従って、2位での通過はないものとしてとりあえず考えておいたほうが良さそうだ。

グループAの3位になる国と日本の勝ち上がり条件

グループAおよびBは3戦目を残すのみなので勝ち点計算がしやすい。

まずはグループAの現状を見てみよう。

考える順序が難しいのだが、場合分けをしていく以外はあるまい。残されたカードはブラジル×ペルーとベネズエラ×ボリビアだ。

まず、ブラジルとペルーの試合結果はどうでもいいものとしよう。日本は得失点差が現状-4である。2-0でエクアドルに勝利した場合でも、-2とかなり低くなってしまう。従って、既に勝ち点4、得失点差2以上を持っているブラジルとペルーの上に行くのはかなり難しい。

日本がエクアドルに2−0で勝利し、ペルーがブラジルに0−5で敗北した場合には勝ち点4で並んでも上に行くことが出来る(得点数も高くなるため)。しかし、ちょっと無理筋かなという気がする。可能性はあるものの、ペルーとブラジルはとりあえず捨てる。

とした場合、ベネズエラ×ボリビアである。まず、我々がするべきことはボリビアの全力応援である。

ボリビアが勝利した場合には、3位が勝ち点3のボリビアとなり、エクアドルに勝利して勝ち点4となった日本のほうが高順位となる。従ってノックアウトステージへの進出が決まる。

ボリビアが引き分けた場合でも、ベネズエラが勝ち点3なので、日本のほうが上である。従って、ボリビア全力応援である。

ここで一つの光明が見えた。日本がエクアドルに勝利し、ボリビアが引き分け以上ならばノックアウトステージへ進出することが出来る。

では、ボリビアが負けた場合はというと……。ベネズエラが勝ち点5となるため、現状勝ち点4のブラジル&ペルーがどうなるか次第である。となった場合、現状順位が低いペルーがブラジルに大敗することを期待して先ほど提示した条件をクリアする必要がある。

日本がエクアドルに2−0で勝利し、ペルーがブラジルに0−5で敗北した場合には勝ち点4で並んでも上に行くことが出来る(得点数も高くなるため)。

日本が4−0で勝利すれば、ペルーが0−3で敗北でも良い。まぁこの条件はあまり細かく考えても仕方がない。これだけ刻んでおこう。

日本がエクアドルに勝利し、ボリビアが引き分け以上ならばノックアウトステージへ進出することが出来る。


グループBの3位になる国と日本の勝ち上がり条件

さてグループBを見てみよう。



まず、コロンビア先生は勝ち点6。逆立ちしても日本は上に行くことが出来ない(3位になる可能性もない)。従って、残りの3ヶ国の上に行けるかが焦点となる。

残されたカードは コロンビア×パラグアイ と カタール×アルゼンチン。

どうしたアルゼンチン!勝ち点が日本と変わらないではないか!

まずカタール×アルゼンチンだが、なるだけ勝敗がついてほしくない。というのも勝利した国は、勝ち点4で日本と並ぶからだ。その場合、得失点差はカタール-1、アルゼンチン-2なので、日本の-4よりも大きい。不利である。

ただ、引き分けとなれば、両チームともに勝ち点2なので、エクアドルに勝利した日本のほうが上に行く。ふふふ、引き分けになってしまえ!!

その場合、コロンビア×パラグアイがどうなろうと、日本はノックアウトステージへと進出することが出来る。

エクアドルに勝利した上で、カタール×アルゼンチンが引き分け。

もう一つ条件があって、コロンビア×パラグアイで、コロンビアが勝利もしくは引き分けになった場合には勝ち上がれる可能性が高い。

コロンビアが勝利した場合。
コロンビアは勝ち点9で1位抜け。
2位は、カタール×アルゼンチンの勝者で勝ち点4。ちなみに、この試合が引き分けた場合にはこんな面白いことになる。

いずれにせよ、3位は勝ち点2となるのでノックアウトステージへの進出が決まる。

従って、日本はコロンビアの勝利を祈るべし!!

あ、そうだ引き分けの場合はどうなるかというと、パラグアイが勝ち点3となる。この場合、アルゼンチン×カタールの勝者が勝ち点4となれば2位となるが、3位はパラグアイ(勝ち点3)なので日本が上である。

従って、日本がエクアドルに勝利した上で、コロンビアがパラグアイに引き分け以上で進出が決まる!


まとめ 日本のノックアウトステージ勝ち上がり条件



前提:エクアドル戦で勝利!

グループA
ボリビアがベネズエラに引き分け以上。

グループB
カタール×アルゼンチンが引き分け。

コロンビアがパラグアイに勝利か引き分け。

グループC
チリがエクアドルとウルグアイに敗北。

あとは無理筋ながら、例えば以下のように勝ち点4で並んでも得失点差で上を行くパターン。ただし、日本はチリに0−4で負けているため、エクアドルに大勝した上で、ライバルチームが大敗する必要がある。



日本がエクアドルに2−0で勝利し、ペルーがブラジルに0−5で敗北した場合には勝ち点4で並んでも上に行くことが出来る(得点数も高くなるため)。

というわけで可能性は十分にあるためエクアドル戦に勝利して運命を切り開こう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウルグアイ戦については、Youtubeでライブ・実況解説をしました(試合の映像はありません)。

コパアメリカ 日本代表vsウルグアイ代表 ライブ実況解説

試合後、2:38:00あたりからはレビューもしています。

五百蔵容さん(@500zoo)と一緒に、エクアドル戦の試合後レビューもYoutubeおよびニコニコ生放送でやります。

Youtubeは、こちらのアカウントをチャンネル登録をお願いします!
チャンネル登録 OWL magazine

ニコニコ生放送版はこちらをタイムシフト予約してください!


ちなみに、6月27日(木)の19時半から高円寺のスポーツ居酒屋Kiten!で、ハイライトや試合映像を見ながら、レビューしていくイベントをやります。

ノックアウトステージへの勝ち上がりが決定している場合には、対戦相手の徹底レビューも内容に加えたいと思っています。

日本代表系のイベントは売り切れることが多いので、ご予約はお早めに!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

18

中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

作家・Youtuber。偏差値30からの大学受験を経て東京大学文科Ⅱ類(経済系)→文学部に進学(宮沢賢治の生命観)→大学院は理転して農学系(アワビ類の行動生態および繁殖生態の比較)→自主退学しスポーツ系の物書きに。著書『サポーターをめぐる冒険』がサッカー本大賞2015を受賞。

スポーツコラム

サッカー旅、サッカー関係者へのインタビューなどなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。