Schumann Dichterliebe op.48 No.12

「詩人の恋」は一曲目の「五月」がすごくいいし、この12曲目も悪くない。要するにときどき挟まるめちゃめちゃ元気のいい曲がこちらとしては雰囲気ぶち壊しだと思うのだが、ドイツ人のやることだからしょうがない。

ディーター=デ=ラ=モッテが「大作曲家の和声」で指摘している部分。語りと花の囁きを歌い分けるところ。変ロ長調と変ハ長調が微妙に交代する。ピアノの伴奏の配置もあいまって、ジャズ的な「裏コード」というのとはまた一味違った表情を見せる。

https://youtu.be/cEH_WOEvvqM

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Jun Yamamoto

次の演奏会は2019年10月14日(月・祝) 13時から 三毛子のテルミン・ライブ「オールド・シネマ・パラダイス」 at カーサ・クラシカ(赤坂見附 徒歩5分)​ピアノ:Jun Yamamoto 他  2019年11月10日(日)14時開演 だいしホール 山本準「朱銀の風」​初演

Jun Yamamoto 音楽を語る(2)

クラシック音楽のいいとこどりをして語ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。