やっぱり「お金」ってよくわからない。欲しいと思ってもすぐに手に入るという訳でも無いし。それでも「欲しい」と思ってしまうんだけど。

”クラウドファンディング”のサービスが今よりも出回る前の遥か大昔に、その”クラウドファンディング”(しかも寄付型的な感じの時もあった)の真似事をしたら、「お金欲しい」というサブタイトルを掲示板のスレッドに付けられ、「~乞食」とかって過去に言われたこともある一方で、今は誰にも迷惑かけまいと思って、誰にも頼ったり、助けを求めたりすることもうまく出来なくなって、お金のことは全て、親とかの負担になってしまって、「引きこもりのニート」と変わらない状態になってしまってる・・・と、いきなり長いネガティブな文章の入り方をしてしまうという。

(しかも結果、「実行」した後に、関係者と人間関係的に”クラッシュ”したことで、支援してくれた人に申し訳なく思って、そこから”罪悪感”を抱き続けて、普通にフリーランス案件の仕事をする時にも「お金をいただく」ということに対しても、どこか躊躇してしまう様になってしまう様になったという・・・)

「だったら普通に働けよ」と言われるかもしれないし、自分でも一応、今では「フリーランス一本でやり続ける」のにも相当疲れてきてしまってるから、その方向に向かおうとしてる感じでもあるんだけど、一口に「働く」と言っても、それがわずか数ヶ月で辞めてしまう~かなり短くて「入社●日で会社辞めた」という話も目にしたこともあるんだけど、そうなってしまっても意味が無いよなとも考えてしまってる。

(発信して叩かれるようになってしまったこと・思うように稼げなくて、いろいろな申告手続とかで、毎年消耗し続けてしまう状態になってしまってたことなど、フリーランスになる前には想像だにしてなかったこともたくさんあった。)

せめて「自分が続けられることやジャンル(自分の場合はIT・動画・音楽・パソコンなら一日見てられる)」「没頭できる環境と働き方(勤務体制とか勤務時間帯・日数とか)」「会社のできるだけ近く~通いやすい場所に住むことが出来るのか(これは自助努力か・・・)」・・・これだけは重視させて欲しいと思ってる。


やっぱり「お金」ってよくわからない。

ある人は「お金を稼ぐためには、まず”信頼”を積み重ねていくこと」と言っている。(相当端的に言うと。)

・・・その”信頼”とやらはいったいどうやったら積み重なっていくの?

その関係でいろんな話を見ていたら、なんか一時期、自分にとって嫌気が差していた「自分の感情とか心の部分を無理やり抑えてでも、周りの誰かに気に入られようとする」のと同じような空気感を感じてしまった時もあった。


かと言って、いきなり「お金」のことを考えすぎても、逆効果というか、嫌がられて離れられるし、怒られる時もあった。

(いきなり「お金」のことを考えすぎてしまう原因は、自分の場合、自分自身が安心したい・あるいは早く稼げるようになって親を安心させたいという気持ちが強くなりすぎてしまうと、一気に”焦り”みたいな感じで噴出してしまうことがあるという・・・そんな感じだ。)


それでもやっぱり「お金が欲しい」と感じてしまう自分がいる。

切実で、現状の社会では生きていくために必要だからだ。

ベーシックインカムとかAIとか、いろんな技術やシステムの話は出回っているけど、そういったものが導入されるのが、自分が生きてる間には間に合わない可能性だって十分あると思う。

今はまだ「資本主義経済」が続いている。

社会制度もちゃんと続いている。”年金制度”がどうこう言われても、普通に自分が生きて存在している限りは、定期的に「国民年金保険料の請求」や「国民健康保険料の請求」というのが毎年来るのだ。

(免除とか減免とか、そういう仕組みもあるのは知ってるけど、それでも一度は確実に、自分が”生き続けてる”(生命として)、”この世界の、この社会システムを持つ、この国に存在し続けてる”というだけで、「お金の請求」として来るのは確かなことだ。)


「ポジティブな人の所にお金も人脈も集まってくる」・・・じゃあ、自分みたいに「ふとした瞬間に”ネガティブなこと”を考えてしまう」という人はどうしたら良いの?

「アンチの存在も利用する」・・・それって結局、ちゃんと「確実に常に”ファン”(=味方)でいてくれる人」が大勢その人の周りにいるからそう出来るんじゃないの?自分は「常に周りにアンチしかいない」かつ「周りの誰も”常に確実に味方でいてくれる”とは限らない」という状態になってしまって、「自分はこの世界に存在していない方が良いんじゃないか?」と思うぐらい、”病んでしまった”こともあるんですけど?

・・・多分、今のネット上って、いろんな人が、いろんなことを考えて、いろんなことを言ったり発信したりしているのが現状だろうけど、その”一意見”からの「外側」を、さらに想像してみるということをしている人はまだまだ少ないんじゃないかと思う。

もちろん、自分自身も例外ではない。・・・この前だって「先入観」というものに騙されてしまった時もあったし。

(音響のお手伝いをしてたけど、機材のミキサーがスピーカーから取り外せるとは考えず、「機材自体・スピーカー自体の背面パネルの操作盤」的な感じでそうなってると思い込んで・・・そりゃ、スピーカーにケーブルつなげる必要性に気付くことも無く、音も出なかった訳だ・・・と、これは完全に”独り言”です。)

とにかく「それ以外に”正しい方法”なんて無いはずだ!」と信じ込んでしまって、突っ走って、押し付けてしまってるような発信とかを見てしまうと、自分は辛く感じてしまう。

「起業は甘くない」的な話を書いてる人も何人もいるけど、「甘くない」=「自分はそれを乗り越えてきたんだ」的な、なんというか”優越感”っぽい空気も感じられてしまった時もある。(自分にとっては、だけど。HIPHOPとかでもよく聞く話だから、自分も油断大敵だな・・・)

その「甘く」考えてる人の方が、何事も起きなかったとしても逆に”幸福度”的には高い可能性だってあるし、さらに「ポジティブ」に考えられるパーセンテージとかも大きくて、結果的にポジティブな出来事・人の繋がり・さらにはお金とかも、「引き寄せの法則」の原理にちゃんと叶った形で集まってくる・・・なんてことも、自分としては想像出来たりもする。


なんか思ったままに書いていて、キリが無くなってきたというか、眠くなってきたので、ひとまず、今の自分が抵抗なく関われる人に対して、手伝えそうなことを少しずつ手伝っていって・・・

「お金がもらえる仕事」として出来そうなことがあったらそれもやって・・・

(もちろん合法なもので・HIPHOPの話の中には”非合法”なことも良く出てくるからね・・・例えばUZIさんのニュースとか)

東京行けたら東京にも進出して・・・(って、あれだけ「上京する」って言っておいて、今だに「予定が未定」な部分もたくさんあるんだけど。汗)

”メンタル的に抵抗があまりなく”(←ここ地味に重要)動ける部分から動いてみるしか無さそうな気がしてる。

「収益や仕事の受注・イベントとかやって人を集めるのを”狙って”発信する」というのは(メンタル的な意味で)もう出来ないから(過去に何かやろうとして、申込みフォームも荒らされたこととかもあるしね)、こういうところで自分の思ったことを”気楽に”(コメントロックとかもして)書きつつ、少人数でも自分にとって安心出来る人・心が許せる人と関わって、支え合って生きていく・・・今の自分にはそれが「ちょうどいい」ような気がしてる。

この続きをみるには

この続き:0文字

やっぱり「お金」ってよくわからない。欲しいと思ってもすぐに手に入るという訳でも無いし。それでも「欲しい」と思ってしまうんだけど。

Satoshi Yokaichiya

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のnoteは「コンテンツ販売」を目的としておりませんし、自己満noteなので買う価値もないと思いますが、コメントは諸事情により「有料」にしております。間違って購入されても出金可能額に到達することがほぼ100%無いため「確実に返金出来ません」のでご注意ください。

m(_ _)m
2

おそらく誰も得しない話

タイトルの言葉通りです。自分から見た視点で、自分が感じた感情に任せたまま、自分の事ばかり書かせて頂いております。m(_ _)m
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。