通販サイトの改善をしてみた話


こんにちは、ハヤカワ五味です。

今回は何についてにしようかなーと考えていたのですが、"頼まれたのでツイッター用画像の添削をしてみた"という記事が好評だったので、弊社通販サイトがどのようにして今の形になったのかをまとめていきたいと思います。


最初にお断りしておくと、ユーザーがどれくらいまでスクロールして…みたいな細かいデータは持っていないので、あくまで自分が利用者だったら…という視点の改善になります。そして現状から更に改善中なのであくまで発展途上!


まず、弊社の通販サイトを一度見てきてくれると嬉しいのですが、多分、通販サイトに飛ぶの面倒な人いるだろうなあ・・・と思うのでビフォーアフターを載っけます。



そして大前提ですが、弊社通販サイトの利用者の85%(びっくり)がモバイル端末からの利用なので、基本はスマホでの見え方について書いていきます。あと、実際に私のリクエストをセンス良く実装してくれているデザイナーですが、大学時代のクラスメイトでfeastの一番最初のサイトからお願いしている外部の子になります。もう3年以上の付き合いなので、私の意図を十二分に汲み取ってくれるナイスデザイナーです。


私なりのナイスECポイント
・画像はとにかくデカく
・スクショを撮った時に情報が納まるように
・画面内に下のコンテンツを食い込ませる
・文字情報は2way
・ユーザーの読解力に合わせる

では早速解説していきます。


画像はとにかくデカく

これはZOZOで買い物した直後に自社通販を見て気づいたことなのですが、とかく商品画像が小さいと心が動かないんですよね…!

どの安価カートASP(BASE/STORES.JP/カラーミーなど)もテンプレートそのままだとサイドに余白が出ているものが何故か多く、その一方で有名どこモール(ZOZO/Amazon/楽天等)は基本的に横幅いっぱいに画像を使っているので、それと比べると情報量も少なく見劣りしてしまうんですよ。

画像を画面横幅いっぱいに使ったほうが、頑張って撮影した商品画像も真価を発揮してくれると思うので、少なくとも写真を大切にしているお店や、アパレル系のお店はここを変えるだけで一気に見違えるのではないかなあと思います。

ということで、弊社通販ではトップページのスライダーも商品別ページの商品画像も大きめに。ちなみに縦横比率はZOZOの見え方がすごく好みだったので参考にしています。そしてトップページなど複数の画像が並ぶ画面でも原則として横幅いっぱいに画像を展開しています。ただ、複数枚並ぶ場面に関してはかなり写真次第だったり、好みによって良し悪しがあるので、基本的に大きいほうが情報量が多くなるという前提のうえで調整したらいいのかなと。

〜〜〜
ここから先は有料コンテンツになります。
こちらの記事単体(400円)をご購入もしくは月額マガジン(4記事で月800円)をご購読いただくことで以下のコンテンツをご覧いただけます。

・スクショを撮った時に情報が納まるように
・画面内に下のコンテンツを食い込ませる
・文字情報は2way
・ユーザーの読解力に合わせる
・その他細かい指示pdf

〜〜〜

この続きをみるには

この続き:1,665文字/画像14枚
記事を購入する

通販サイトの改善をしてみた話

ハヤカワ五味

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださりありがとうございます!サポートは、お勉強代として活用させていただいております。

スキありがとうございます!とっても励みになります!
93

ハヤカワ五味

キュ〜トでクレバ〜な経営者。ランジェリーブランド feast/ワンピースブランド ダブルチャカ/ラフォーレ原宿 LAVISHOP等を運営している株式会社ウツワの代表取締役です。服という”纏う哲学”についてと、”透明な売上を立てる経営”を日々考えています。

ジェネレーションZのアパレル経営論(β)

シンデレラバスト向けランジェリーブランドfeast、ワンピースブランドDoubleChaca、ラフォーレ原宿B1.5階LAVISHOPなどを企画・運営する株式会社ウツワの代表取締役ハヤカワ五味による、アパレルブランドの立ち上げ・運営、小売業経営について考えるマガジンです。自...
9つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。