コミュニティリーダーズサミットin高知 2019初鰹編

ものすごく遅筆になってしまいましたが、
5/18,19に開催されたCLS(コミュニティリーダーズサミット)高知に参加してきましたので、そのレポートです!
他の参加者の方のブログや、Togetterで中身のまとめ自体はたくさんアップされているので、ここでは感じた事/考えた事をベースに書いてきます。

コミュニティリーダーズサミットって何?

私が会社で取り組んでいる技術系コミュニティ活動(Tech-in/Tech-on)の発起人である大橋さんからお誘いいただき、
社外向けコミュニティ(Tech-on)のコミュニティリーダーである須田さんと、3名でコミュニティリーダーズサミット高知に参加してきました。

コミュニティリーダーズサミット とは何かというと、

「コミュニティ」で従来の枠を超えて活躍しているコミュニティリーダーやコントリビューターの方々を課題先進県である高知にお招きして、県内外の方々と共に「課題解決」につながる流れを創り出す場」(公式から引用)

パッと読んだだけだとイメージが付きにくいかもしれませんが、
実際に参加してみた私の理解は、
"職種/業種問わずに、
コミュニティに携わりながら物事をよくしようとしている人たちの集まり”
でした。
普段東京で行く事がある技術系の勉強会は
IT系エンジニアの人が多いのですが、
このイベントは参加者の業種も職種も幅広く、
大変面白い会で参加して本当に良かったと思います。

参加しての気づきと感想

ここからは印象的だった点を抽出して、いくつかまとめていきます。
※各登壇内容は他の方のブログやTogetterがあるので、ここではほとんど割愛します。他の方のブログやTogetterは最後にリンクつけておきます。
(登壇者の方すみませんm(_ _)m)

コミュニティの分類

初めに紹介するのは
モデレータ小島さんが、パネルディスカッションの中でおっしゃっていた
コミュニティの分類についてです。
(写真撮り忘れたので、記憶から再現してます)

コミュニティの特性として
・クローズドの方が居心地の良いコミュニティ、オープンになるにつれて拡大しやすくなっていく。
・関心軸で集まったコミュニティは帰属意識が高まる。
という特徴があり、コミュニティを使って何か変化を起こしていくためには右上の領域で勝負する必要がある!という話をされていました。

この話自体も、確かに言われてみるとそんな感じだな。
と良い頭の整理になったのですが、
東京に帰ってから
自分のやっているTech-inという活動に当てはめて考えてみると、
現状では
Tech-in本体(技術カテゴリを絞らずLT大会等で交流する場)が第一象限で
Tech-in支部(技術カテゴリを絞って、興味のある人たちが集まって交流する場)が真ん中寄りの第二象限にいるなと感じました。

そして改めてTech-inの目的を振り返ると
会社にコミュニティ文化を浸透させるという変化を起こすのはTech-in、
コミュニティを通して
社員個人がスキル・知識を磨く場がTech-in支部となっており、
現状のTech-inと支部の立ち位置が
間違っていないことを再認識できました。
さらに、今後この活動を進めていく上でも
自分たちの取り組もうとしている事がどういう位置にあるべきなのかを考えながら進めていく方がベターだなと感じました。


特別講演で気付いたtoC向けのイマドキで情熱の見える取り組み

次に紹介するのは、IKEUCHI ORGANICの牟田口さんによる
特別講演
【地場産業の会社が挑戦する、今治と全国のファンコミュニティの作り方】です。
仕事に活かせるというよりは、自分が以前から知っていたタオルメーカーで
個人的に好きなジャンルの話だったので紹介しようと思います。

IKEUCHI ORGANICは今治市にあるタオルメーカーで、
2003年に取引先の倒産により業績が悪化、民事再生法適用するところまで行ったものの、
熱烈なファンであるお客さまからの激励の声により、売上1%以下だった自社ブランドに注力する方向へ転換。
今は、ファンの人たちを大事にしながら素晴らしいタオルを作り続けている会社です。

そんなIKEUCHI ORGANICが大事にしているのは
「こだわりの発信とファンとの触れ合い」
とのこと。

1.こだわりの発信
IKEUCHI ORGANICは、自社の商品に並並ならぬこだわりを持った物作りをされています。
そして、その良さをTwitterをはじめとしたSNS、オウンドメディアやnoteなど様々なツールを通じて、発信されています。

社員がそれぞれ個人のSNSアカウントで自社の商品の良さを語ったり、お客さんの声を拾って感謝の声を伝えたりされており、非常に近い距離でファンの方とコミュニケーションもとっています。
社長もアカウントがあるそうで、突然社長からファンの方へリプライすることもあるそうです(笑)

2.ファンとの触れ合い
IKEUCHI ORGANICの店舗には、洗濯機や洗面台が用意されています。
(写真は公式ページから引用)

何に使うかというと、
実際に何度も洗濯をして経年変化したタオルを洗面台でお客さんに使ってもらうことで、より実際に近いタオルの触り心地を体感してもらうそうです。
そして、さらにその体験の時間を通じて、お客さんに良さを伝えるコミュニケーションもとれるという素晴らしい店舗になっています!

この体験型店舗の他にも、工場や本社にファンの方をお招きしするファンミーティングや、ファンのミートアップイベントもあり、ファンの人との交流を本当に重視されている印象でした。

さらに、1で少し触れたオウンドメディアにも秘密が!

↑のようなオウンドメディアで、
使ってくださっているお客さんの声等を取材・紹介されており、
これだけでもファンの方を大事にされているのが伝わってきます。
更にすごいのは、このサイトの運営に関わっているのがみんなイケウチのファンだということです。
オウンドメディアの立ち上げに当たって、それまでお仕事を一緒にした人の中から、イケウチのファンになってくれている人にお願いをして立ち上げたとのこと。
「好きな人たちが集まって、好きなものを紹介するオウンドメディア」
作る人も発信する人も見る人も幸せになれる素晴らしい仕組みだなと感じました。(まさにコミュニティチックな感じですね)

自分の仕事がtoBなことが多いこともあり、
このようなイケウチさんの情熱あふれる色々なファンコミュニケーションを聞いて、すごく新鮮で楽しめました。
そして、私もファンになってしまい、父の日のプレゼントは
IKEUCHI ORGANICのタオルにしました!


地方創生について

ファンコミュニティの話から一転して、今度は地方創生の話です。
このイベントには高知県だけでなく
色々な地域から参加者の方がいらっしゃっていて、普段聞けない東京以外の場所のことを聞くことができました。

まず一番印象的だったのは、高知県で土佐山アカデミーをやってらっしゃる吉冨 慎作さんのお話。
最近は地方創生をやりたいんです!!っていう人を目にすることもよくあるが、地方創生を目的にするんではなく、
自分はこれが好きだ!やりたい!という思いから、
結果的に地方創生につながる方が熱量が維持でき、
実際に変化を起こせるのではないか
という話でした。
うちの会社も含めて、いろんな大企業が地方創生をやろうとしている中で
こういう観点を持つのは大事なんじゃないかと思いました。

また吉冨さんの話以外にも、地方で働くエンジニアの方々の話を聞いていて
コミュニティ・勉強会の運営には課題があることを非常に感じました。
(集客や運営メンバーの維持等、色々あるようでした)

そんな中でもSORACOM UGやJAWS UGのようなUser Groupは、地方にいる人たちのスキルアップとネットワーキングに非常に役立っているような感覚を受けました。
企業はコミュニティマーケティングとしてメリットを受けられ、
参加者もコミュニティ活動のメリットを受けられ、Win-WInなコミュニティになっており本当に素晴らしい
ですよね。
そして地方でコミュニティ活動を維持するには、個人の意思だけでやるのではなく、
どこかの企業などのサポートを受けながら、運営者にもメリットがある形を取ることが必要なんじゃないかと感じました。

そして上の二つの話を東京に帰ってきて振り返っていた時に、
今、正式に会社の取り組みとしてやっているTech-in/onのようなコミュニティ活動を通して、
うちの会社の支社で働く人やそのエリアの人たちに対して、何かメリットになるようなコミュニティ活動を立ち上げ・支援することができるんじゃないかと気付いたので、
もう少し具体化して、今後の取り組みの中に入れていきたいと思いました。


コミュニティと個人の働き方について

最後は誰かの登壇内容ではなく、
今回このイベント全体を通して感じたことです。

まず、コミュニティの力について。
最初に書いたコミュニティの分類の話にも少し重なりますが、
関心軸によって集まるコミュニティは、非常に強くて楽しいです。
(このイベント自体もその一つだと思います)

よく言われる「好きなことを仕事にしよう」というものについては、
完全に同意はできないなと思う私ですが、
コミュニティという仕組みを正しく使えば、好きなことをしながら仕事もするみたいな働き方ってできるよな。と思います。
そういう意味でコミュニティは非常にパワーを秘めたものだと感じました。

そして、これからの働き方について。
このイベントに来ている人は、「どこかの会社として参加しています!」
という人が少数派で、
パラレルワーカーのような人や、仕事とは別に趣味でコミュニティで何かやっています!みたいな↑で私が書いたような仕事の仕方をしている方がたくさんいらっしゃいました。

会社が働き方改革を宣言したり、終身雇用が終わろうとしているこの時代では
上述の人たちのような生き方が、どんどん促進されていくと思います。
そしてそんな人たちはみんなSNSでもオフラインでもどんどんアウトプットをしている方ばかりでした。
そのような働き方の実現のためには、自分で日頃から仕事以外でも継続的なアウトプットをしていく必要があるなと強く感じたので、
かなり苦手な分野ではあるものの、少しずつ頑張っていこうと思いました。


最後に

大橋さんに誘っていただき、巻き込まれる形で参加したイベントですが
自分の仕事的にも、個人的にも大変楽しく為になるイベントでした!
主催者、登壇者、当日一緒にお話しさせていただいた参加者の皆さん
本当にありがとうございました!

Togetterと一緒に行った人のレポートはこちら↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

hayase

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。