超ショートショート集 「嘘」11編

4
ノート

#7「日誌の声」

くだらない星の間に生まれた星は―。 日誌をつけるその手が震えていた。 「もうあと何回くだ...

#8「アイデアのゴミ処理」

アイデアは東から昇り西に沈んでいく―。 地球人はゴミの処理に困っている。自分たちの生み出...

#9「分別する詩」

神のお告げを分別する―。 神様はこの世界には存在しない。 存在するのは生きとし生けるもの...

#10「何を考える人」

その人は何も考えていないという―。 次から次へと新しい何かを発見していく人間は、古いもの...