#6「底なし天才沼」


「〇〇を探しているのはお主なのか」

この世界の最長老が尋ねた。

「はい、私です」

青年は答えた。

「探しているうちは、それはみつからない」

「どうしてですか?」

「〇〇は底なし沼みたいなものだからじゃよ」

「はあ」

青年は困惑したが、すぐに探すのをやめた。

〇〇は、人生の目的ではない。

そもそも、底なし沼に嵌るために生まれたわけではない。


青年は、最後に最長老に尋ねた。

「では、◯◯を知る手立てはあるのでしょうか」

「宇宙を知りなさい。宇宙は、底なし沼さえも包括している。」


(了)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

隼斗530(歌猫)

歌詠み猫|5.30.19生|Powered by @aratarivers (旅人)

超ショートショート集 「嘘」11編

Since 2019.6.6| 超ショートショート×隼斗530
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。