#8「アイデアのゴミ処理」


アイデアは東から昇り西に沈んでいく―。

地球人はゴミの処理に困っている。自分たちの生み出した全てがゴミとなり、もうとてもじゃないが処理しきれていないのである。この星のゴミ処理システムは崩壊している。そう気付いているのは何も人間だけではないのかもしれない。

「あなたは誰」

心の奥の方でささやく何者かがいる。

「吾輩は…」

この世界を変えられるなんて思ってはいない。だが、地球のために何か出来ることを探している。この状況にしたのは誰のせいだろうなんて考えていない。ただ、地球のために何か出来ないだろうか。


そう願っているのは、紛れもなく地球に住む「吾輩」である―。


「あなたは誰?」「私は…」


答えは出なくとも、
アイデアは今日もこの星を照らしてくれている。


(了)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

隼斗530(歌猫)

歌詠み猫|5.30.19生|Powered by @aratarivers (旅人)

超ショートショート集 「嘘」11編

Since 2019.6.6| 超ショートショート×隼斗530
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。