ペンは剣よりも強いか?!

きのうのnoteでは、
じぶんのお仕事で使う「ボールペン」のことを書いたですが。
もうひとつ、
そんなような「ペン」についてのことをぉー。。。

「ペンは剣よりも強し」

ということばがあるけれども。

このことばをぼくが初めて知ったのは、
B'zの6thアルバム『RUN』収録の
『Out Of Control』という曲の歌詞だった気がするなあ。

目を擦りながら週刊誌 ぱっと開けば出てるでしょ
惚れた腫れたひとのこと 見ちゃう自分もこまりもんだ
もう大きくなったんだから 他に書くことあるだろと
ぼやいても怒鳴っても無駄 ペンは剣より強いんだってさ
【Out Of Control/B'z】

この曲を、ぼくは高校生のころに初めて聴いたとおもうけど。

でも、それ以来でも
この「ペンは剣よりも強し」ということばがさ、
なにかの文学や戯曲が発祥なのか? とか、
そういう詳しいこともぜんぜんよく知らないが。

「ペンは剣よりも強し」

についてはときにたまによくよく考える。
たとえば、でも、これは外国語からの訳だとはぞんじますが。
日本語にした場合には
「ペン」と「剣」で韻を踏んでいるから、
語呂がいいなあ。とか。

あとは、
「ペン」と「剣」では、
ほんとうに「ペン」のほうが強いか?! とか。

つまり、
「ペン(ことば)」の強さはもちろん在るのだとしても、
「剣(暴力)」だってもやはり強いわけだし。

「ペン」も「剣」もどちらともが強いんだとすれば、
「ペンは剣よりも強し」
ということばは、
「非暴力」へと向けたある願いなのかもしれないなあ。とか。

でも、かと言いつつ、
「ペン」が「剣」のような「暴力」になりうることだっても
ありうるわけでぇ。

たとえば、やはり、
「ペン」による「ことばの暴力」であったり。

また、
「ペン」ってえのは形状的に固くてとんがっとるから、
突いたり刺さったりすれば危ないわけだし。
そんな物質的にも「暴力」になりうるばあいがある…。

と、そういえば、
大根仁さん監督の映画『バクマン。』のなかでね。
漫画家である主人公の
「サイコー(佐藤健さん)」と「シュージン(神木隆之介さん)」が、
漫画家のライバル「エイジ(染谷将太さん)」と
「剣」のようなおおきい「ペン」を構えながら、
戦い合うシーンがあるのですが。

あのシーンってば、
「ペンは剣よりも強し」
がメタファーなのかなあ、って思ったり。

映画『バクマン。』また観返したいなあー!!!

いま、ぼくがおもっているのはさ。
「ペン」も「ことば」も、
そして「剣」は使わないので「刃物」も、
とても強いのだから、どちらも扱いには気をつけたい。

ってゆうことなのよねぇ。。。

このまま君を連れて行くとぉ 丁寧 丁寧 丁寧に描くとぉ

平成30年12月29日

ありがとー!!!!!
11

8冊めのノート(平成30年3月14日〜終了)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。