たいせつなこと。

前回noteではさ、
「なんだか理由はわからないけれど、
ものごとがうまくうごいてゆかないとき」には、じぶんは、
「あたらしいステージに入った。」
と思おうとしている。ってゆうのを申したですが。

そんな「ステージ」があたらしく変わったようなとき、
どういうふうにするのがよいんだろうか???

たとえば、なんでしょう、とっても大げさに言えば、
村上春樹さんの小説『1Q84』の「BOOK 1」冒頭にて、
青豆のまよいこんだ1984年ではない「1Q84」の世界で
彼女はまずどうしていたのだっけ?!
みたいな。。。

たとえば、テレビゲームでね、
「ステージ」が変わってこれまでに見たことのない
敵やギミックが登場してきたり、
「シリーズ」が変わっていろいろなシステムや
ゲームのルールまでも変わってしまうようなときは、
説明書を読んだり、プレイを確かめたり、
そのゲームに慣れようとしたりすると思うけれども。

でもさ、なんだかよくよく考えてみると、
その「あたらしいステージ」を
「クリアすること」が目的じゃあない。

ゲームだったならば、ほんとうは、
ゲームを「たのしむこと」がだいじであって。
ゲームの「クリア」や「攻略」がメインではないから。

ともすれば、もっと、
おおもとにあったじぶんの大切なことってえのは、
なんだったんだろうか?????
てゆうのを、いまこそ、おもいだしたいわ。

日々をすごしながら、
どこかで置き去りにしてきてしまったじぶんを
むかえに行きたいわ。

平成31年3月26日


ありがとっ。
12

9冊めのノート(平成31年3月14日〜)

コメント2件

それは大事なものを忘れてきましたねw
ナランチャさん。置いてきてしまいましたー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。