見出し画像

きょうはなんのひ? (21/40)

『きょうはなんのひ?』という絵本がある。

「きょうはなんのひだか、しってるの?……しらなきゃかいだん三だんめ」と、謎のことばを残して小学校に登校するおんなのこ。
おかあさんはその謎をといていき、きょうはなんのひかわかるというストーリーだ。

なんと初版年月日が1979年8月10日で、わたしの生年月日とおなじ! ということが、さっきわかった。

だから、この絵本が家にあったかどうかは、わからない。
だけど、いちばん印象にのこっているこどもの頃にであった絵本だ。


さて、「きょうはなんのひ?」
きょうは、6月さいごの日。

そう、2019年のはんぶんの大晦日みたいな日だ。
いちねんのはんぶんだから、大晦日じゃなくて中晦日みたいなもんかもしれない。
そもそも、晦日ってどういう意味なんだろう??

そんなことを思いながら、いつもとかわらないにちようびを過ごした。

いままで中晦日みたいなことを思ったこともなかったし、まいとしすどおりしてきた。
だけど、そんな区切りもあるんだなと思うと、なんだかきょうもとくべつな日なのかもしれない‥‥みたいに思えたりしてくる。

いちねんのはんぶん、いちねんのおりかえし地点として、ことしをふりかえってみるのもわるくない。
ことしの後半戦についてかんがえてみるのもいいだろう。

そんなことをぼんやり思いながらネットで調べてみると、ことしのはんぶんはきょうじゃないことが判明する‥‥。

どうやら7月2日が、ちょうどその年のはんぶんの日らしい。

なんてこった、「きょうはいちねんのはんぶんのひ」と書こうと思っていたのに‥‥。

「きょうはなんのひ?」と聞かれたら、どうこたえたらいいだろう??

「いちねんのはんぶんをみつけたひ」ってことにしておこうかな。


スキ!
1

小西秀和

アートとカレーがすき。 福祉のお仕事しています。 noteでアウトプットの練習中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。