愛を犯す人々 「グランドフィナーレ」

【合わせて読みたい:これは一話完結の連作短編集『愛を犯す人々』のシリーズ完結記念スペシャルイベントです。「花野さん大困惑!おとこまつり座談会 男性だけ集めてみました」。】

※皆さん、500回記念式典の時にちょっと見かけただけ。なんとなく、顔見知り感はあるものの、一部を除きお互いのことはほとんど知りません。蒼唯くんと理玖くんは同じ会社なんで知り合いですが、まあそこはそこ、もう大人ですから。フェンの旦那さんの眞司さん、メンタルの強さを信じてます、インタビューお受けいただいた都合で、特別出演です。

花:ええと…「本日はお忙しいところお集まりいただき誠にありがとうございます。早速、アイスブレイクといたしまして、パートナークイズを行いたいと思います。皆さん、スクリーンに映りました女性陣の写真をご覧になり、関係をお持ちの女性以外の誰かを選んで、ご自由にお話しください」。(※なんと読者サービス!本篇登場の女性のうち、陽菜子と紬以外の女性のグラビア撮影…!二人抜いても、まだ多いなぁ…)

蒼:早速だけど、人数おかしくないか。1対1じゃない奴らが俺ら以外にもいるだろ。男が2人余るよ。

ヒ:うーん、ちょっと聞いてみようか。1度に2人以上の女性とベッドに入る人?

祐:あ、俺そういうのあるある。でもこの中には別口の1人しかいないよ。

ヒ:じゃあ、このなかに、関係のある女性が2人以上いる人。

理:はい…。

ヒ:あれ、意外と少ないな。思ったほど入り組んでないのかな。

理:俺は嫁オンリーです。ただ、写真は前に関係した人が1人入ってます。

祐:あのさ、君、奥さんはあの髪が明るくて、口元に小さな黒子がある、可愛らしい感じのあの子でしょ。ほら、よく見ると目の下のクマが隠しきれてないのが心配だねえ。生理きつそうだけど、エッチ好きそうだなぁ。そういうの好き。幸せな家庭を滅茶苦茶にしてやりたいと思ったら軽く勃ってきたから今度シェアしようよ。あの子以外は俺、守備範囲外。

理:なにかと正解ですが、あなたにはそれ以上話さないでほしいですね。

花:祐介、OKと。

祐:やっほう。一番乗り。

蒼:あ、じゃあ俺、知ってる人いて、今、すごい嫉妬してんだけど。この人。この人、俺の会社の上司だよ。すっげキレーで仕事、丁寧なのに早いの。俺いつも話しかけるのだって、目、合わせんのだって我慢してるのに。まじかよ。まさか三谷さん?

理:いや、俺…戸田さん…。

蒼:え、…!あ、ほんとだ。戸田さんいま、こんな感じなんだ…。

ヒ:蒼唯くんのそれ、そのエキゾチックな綺麗な人ね、俺の「可愛い人」。

眞:そして、私の配偶者ですね。

ヒ、眞:…………………………。

蒼:すげぇ。…空気ってほんと、凍るんだ。

花:蒼唯、OKと。

ヒ:うーん、みんな可愛くて選べないな。あ、一人、凄く恥ずかしいの好きそうな子がいるよね。俺はこういう子、得意じゃないんだよね。俺って普通だから、すぐに飽きられそう。でもエステ行ってるよねこの感じ。一回くらいは背中舐めてみたいなぁ。

昌:彼女は私の妻で、蒼唯くんは妻の恋人です。君が妻を舐めているところは、是非、見たいね。

ヒ:あらら。

蒼:死ね変態ジジイ。

昌:変態は君じゃないか。ビデオを見てびっくりしたよ。これ以上ないほど喜んでしまった。

花:蒼唯イエローカード一枚。昌幸さんも注意ですよー。さっきサインした同意書に「友好的に」って書いてあったでしょう。ええと、ヒロセ、OK。

眞:下衆な余興だな…。

花:はい、「会合自体を批判しない」。眞司さんイエローです。

坂:あの人を尾行したいな。あのキラキラした感じのお姉さん。一番年上でしょこの人。眩しいなあ。すごく綺麗だから写真撮りまくりたいし、私生活が充実してそう。年齢より若く見える人って、寝る前にシートマスクしてたり変な体操してたりして、ちょっとウケるんだよなぁ。セックスも脂ぎってて盗聴しがいがありそう。あ、ちなみに私には、この中にパートナーいません。もとい、パートナー自体いません。童貞。強いて言うならソウルメイトは蒼唯くんかな…

蒼:花野さん、なにこの人。

花:守秘義務。言えません。お茶汲み要員ですので、坂本さんはカウントされません。あと昌幸さん、理玖くん、眞司さんと啓志郎くん・西田くんですかね。

眞:先にどうぞ。

啓:俺、あのミスコン通過してそうなお姉さん。普段ちょっとツンとした感じで、ベッドで大化けするタイプじゃねーかなぁ。

祐:お、目が高いね君。でも彼女、面食いだよ。俺じゃなければ、蒼唯くんか眞司くんじゃないかな。

啓:わかんないっすよ。寝技に持ち込めばいいんでしょ。見てくれにとらわれた不幸なセックスしてたって、気づかせてあげるよ。

祐:お。ガッツがあっていいね。君とは気が合いそうだ。

西:俺は?俺ならいけますか?最近クラス内美男に名が上がるんです。

祐:論外。君の場合、外見以前の問題。せめて、もう少し食い散らかしてからここに来なよ。君、経験なくて自分では気づけてないと思うけど、結婚してる人ダメなタイプじゃないかなぁ。彼女結婚してるし、彼のことどっぷり愛してるから、遊びでしか付き合えないよ。

花:結婚してないのは凪さんだけになりますね。

西:ぶゎぁぁ、みんな不潔だ。最低だ。クズどもめ。なんでクズが勝つ。

啓:西田、落ち着け。不貞行為は民法に抵触するし、昔から寝取られた男というのは物笑いの種だ。この人たちはその意味ではどちらかといえば揃いも揃って、勝ってない。というか、勝つとか負けるとか、そもそもそういう発想がおかしいと思えるようになれよ阿呆。

花:西田、打つ手なし…と。

西:ちょっと待って、俺はほら坂本さんの言ってた人。俺だって欲求はあるんですよ? あの人、おっぱいがすごくて、おっぱいにしか見えないです。目の前で縄跳びしてほしい。プールから上がるとこ前から見たい。あの人の赤ちゃんになりたい。

一同:…。

花:西田OK、しかし塗る薬なし…と。

眞:どうぞ。

理:じゃあその凪さん? 俺、結婚してるから、恋愛とか性愛ってもう、嫁以外は選択肢としてないんで、他の人みたいのは何も思い浮かばないです。若いですね。以上です。

祐:えーつまんないなぁ。なんかは思ってるでしょう、頭良さそうとか、男切れると死んじゃいそうとか。監禁してペットにしてみたいとか、足の指ぜんぶ舐めてあげたいとか。言って減るもんじゃないのに。

理:増えもしないし。言って失うもの、たくさんありますよ。少なくとも俺には言うとなくなる大事なものがあって、それを自分からは失いたくない。

祐:あ、そう。ごめん、何言ってるかわかんないけど、とりあえずたぶん、収入あがんなそうだね君。つまんない。

理:…。これなら、わかるでしょ。「黙れクソ野郎」。

花:なんでこうなる。友好的に! 二人ともイエローカード。

昌:楽しい会だね。僕は、では、あぶれたということでいいかい? よかったよ。自分の妻以外の女性は、いまいち女性として見れないのでね、僕は。

眞:僕は全く事情は異なりますが、残りゼロ人ということで誰の話もせずに済むなら、それに越したことはないですね。趣味が悪い。

花:昌幸さん、眞司さん、有効回答…と。ヒロセさーん、蒼唯さーん、携帯いじらないでください。

ヒ:いや、一人の時じゃないと、なかなかゆっくり読めなくてね。

蒼:? …ちょっと、見ていい? …うわ、えげつな。よくこんなメールする人と付き合えるね。

ヒ:この子ね、すごく可愛いんだけど、ちょっと返信しないとこうなっちゃうんだよ。まあ、慣れだよ慣れ。日本語の勉強だと思えば苦にならないよ。そういう君こそ、何見てたの?

蒼:『老人と海』。最近読み終わって、そういえばいいところあったなと思って。暇だったから。

ヒ:あー…そっか。好きなんだね。そういうのが。

西:俺だって『誰がために鐘は鳴る』は読んだことありますよ。英語で!

蒼:…。何語でもよくね…? なんで自慢げなの。俺、若いから仕方ないとか言わねーよ? お前さ、かっこ悪ぃ。

ヒ:俺だって英語で読んでるし、って、言えばいいのに。せっかくなんだから。

蒼:大切なのは、読めてるかどうかでしょ。だいたい、かっこ悪さを競るような真似は、俺はしない。

西:啓志郎ぅ…。

啓:俺はいま写真を見るので忙しい。構うな。帰れ。

花:もうやだ。私が帰りたい。

祐:いい考えだね。俺、送っていってあげようか。今日は誰か乗りたい子がいるんじゃないかと思って、ベントレーで来てみたよ。一生乗らないかもしれないだろう?大丈夫、送るだけ。さすがに俺、初回からどうとかないから。連絡先聞かないから。ね。

花:…。

蒼:花野さんさ、その薄気味悪いおじさんのことはほっといて、ちょっと…ほらこっち…

花:え…?

蒼:(小声で)俺、やっぱり、花野さんのこと好きになってきちゃったのかも。いま、なんか嫉妬した。行かないで。ね。

昌:(小声で)君になら喜んで僕のベントレーを貸すさ。そこの小成金と違って、ちゃんとカード一回で支払い済みの奴だ。その女性と僕の高級車でカーセックスしたあと、そんなことはつゆも知らない沙織を抱きに行くというのはどうだね?

蒼:死ね変態ジジイ。

花:あ、蒼唯くん、イエロー2枚目、レッドカード、です…。

蒼:ちょうどいいよ、ね、行こ。俺、花野さんのこと、もっと知りたいな。

花:あ、あ、…。

ストーーーップ…! 蒼唯は坂本さんの正体を知りたいだけでしょ…!
ついでに人助けはいいプランだけど、坂本さんの正体はひ・み・つ!なのです。残念でした。花野さん、お疲れ様でした。

蒼:恋愛は自由でしょ。

うーん。否めない。

蒼:じゃあ、あの坂本さんのことは聞かない。それでいい?

花野さんは?

花:えっと、えっと…はい…。

うーん…可愛い子には旅をさせろというやつが私にもきましたか…花野さん、坂本さんの話はシンデレラの鐘の音だからね。話したら恋は終わりなんだからね。

蒼:恋愛は自由でしょ。

はいはい。いってら。あんまり厳しく躾けないであげてね。

蒼:恋愛は。自由。

すみません。

眞:僕もお暇します。一応、顔は見れましたから。

昌:僕も。終わったようなら帰らせてもらうよ。それなりに忙しいのでね。

あ、はい。ご足労、ありがとうございました。

祐:このあと、女の子たち来るんでしょ?ちょっと覗いていってもいい?

だめです。男子禁制。

祐:ふーん。いいね、大奥みたい。そんなに長くかからないよね?俺、仕事しながら美津紀のこと待っとこうかな。

はいはい。下にカフェがあったようですよ。

祐:えー、いいよ車で。自分一人で飲むのにあんな高いコーヒー。無駄金はびた一文、使わないの。

意外。お金撒き散らしてるわけでもないんですね。そうですか。美津紀には言っときましょう。サプライズは、美津紀の予定に響かないの?

祐:美津紀はギチギチに予定入れるほうじゃないもん。2時間もあればそれなりに楽しめるし。じゃあ。

はい。おつかれさまでした。

ヒ:ここ、もうちょっといていい?

あー、メールね。いいですよ。坂本さん、コーヒーおかわり淹れてあげてくださいな。坂本さん…? あ、蒼唯に憑いていったか…。

啓:この、凪の写真、もらってっていいです?

いいよ。ちょっと待ってて。データ落とすね。

啓:ヒロセさん、はい、コーヒーどうぞ。水も足しとくね。砂糖とミルクは?

ヒ:あ、ありがとう。ブラックでいいんだ。

啓:大変すね。

ヒ:大変だと思うから大変なんだよ。考えないこと、って、流行ってたでしょ。あれがコツだと思うなあ。

西:何人?何人とそういう関係なんです?

ヒ:さあ…数えないの俺。だって半年に一回とか、二年ぶりとかいう子もいるでしょ。月々3人くらいは会ってるけど、毎月微妙にメンバー違うからなぁ。おんなじ子って時期もあるし。…あのね、メールしていい?コーヒー、ありがとね。

西:こういう人のせいで恋愛男女比おかしくなるんじゃねーか…。くぅ…。

啓志郎くん、データ焼いといたよ、どうぞ。

啓:帰りますね、だいたい片付けましたから、あとはヒロセさんの分だけでいいと思う。坂本さんも花野さんもいないんじゃ、お困りでしょう。

相変わらず気がきくよねぇ。

啓:いいえ、写真もらえましたから。じゃ。

西:じゃ!

はい。お元気で。西田はほんとう、片付けの時さえ啓志郎の後ろをうろついてただけでしたね。

あれ?

理玖がいつの間にかいなくなってるなあ。理玖らしいといえば理玖らしいですね。

ヒ:…さてと。帰るよ。近くに薬局あったよね。オムツが切れちゃってね。

おお、生活感が滲み出てますね。

ヒ:いい表現だね。そうだね、生活が全てだよ。一に生活、二に生活、三、四も生活で、五に性生活。俺、晴れの日とか晴れの舞台とか全然なくてね。淡々と生活してるんだよ。日々、着々と生きることが大事で、生活が、全て。

そうですか。いやはや。性生活感も、滲み出てますね…。ありがとうございました、ではまたいつか。お気をつけて。



以上です。

(Coming soon :このあと、女子会があります!紡には、女子会で会えます…♡ ←思わせぶりに「♡」のつもり)

みんなは、ここに:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生活面ではなにかと枯れがちです。気に入っていただけると励まされて元気が出ます。適切な温度、適切な光、適切な水分をあげて養ってあげてくださいぺこり。。ぜひ。

やばい、ときめいてきた。
10

愛を犯す人々ANNEX

いただきもの、『愛を犯す人々』執筆中に投稿したスピンオフエッセイ類を、こちらにまとめました※一部「わたくしごと」と重複
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。