漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。

5
ノート

打ち合わせはオーダーメイドで。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。⑤〜

G.W.中にもかかわらず、たくさんの方が読んでくれたり、フォローしてくれているみたいで嬉しいかぎりです。どうもありがとうございます。

10連休という稀有な長さの連休中ではありますが、前回からの流れでどうしても書いておきたかったので、連休などの話題はスルーして、今日は打ち合わせの仕方について書いてみます。

よく「どんな打ち合わせの仕方をしてる

もっとみる

みんな違って、みんな面白い。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。④〜

先日、東京ネームタンクのごとうさんがこんなツイートをされていました。

漫画には「共感型」と「興味型」があるということ。そして、それが知られていない危機感についても触れられています。

この話題については僕も思うところがあるので、僕は漫画編集者の立場からになりますが、今日はこの「タイプ」のことについて書いてみます。

答えがない世界だからこそ一

もっとみる

小さな違和感に敏感でいたい。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。③〜

「とりあえずネームやってみます。」

前回の打ち合わせで漫画家さんがそう言うので、慌てて今日もう一度追加の打ち合わせをする約束を取り付けました。

もう3回くらい打ち合わせしているのに、です。

すでに色々なエピソードやネタは大体決まり、検討もしたものの、どこかまだ「ここを目指せばいい」というゴールがお互いに曖昧としている感じだったからです。

もっとみる

できるだけ高い頂上に立ってもらうために。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。②〜

今回も新人編集あるあるから書いてみます。

僕も新人時代に思っていましたが、面白い話や素敵な絵を描ける漫画家さんは魔法を使えるような存在だと感じている人が多いのではないでしょうか。

今でもネームや原稿を見て「すげえなあ。なんでこんなの描けるんだろう」と驚嘆させられることがあります。

だけど、読者やファンの方にはぜひそのままそう思っていてほし

もっとみる

自分が緊張している時は相手も緊張している。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。①〜

次にいただいてる質問は、かなり答えることのボリュームがあるので、何回かに分けてお答えしていきたいと思います。

質問はこちら。

「漫画家さんとのやりとりで気をつけていることは?」

非常に沢山の要素があるので、何から書いてみようか考えたのですが、まずは新人編集者にありがちなことから始めてみます。

緊張が呪いをかける。

プロの編集者になって

もっとみる