空き店舗活用ではなく、空きスペース・空き時間活用をどうデザインするのか。

僕は商店街活性の専門家でもなんでもないけど、いろいろあって昨年度は商店街に関わることになりました。

もともとは、商店街で起業したい人向けに講座の企画やってね〜という話だったんですが、そもそも商店街で起業するメリットって何?とか、空き店舗ってどれだけあるの?とか、活性化って何?みたいな疑問が出てきて、講座もやるけど、まずは調査(ヒアリング)したいと思い、いくつかある商店街のから2つに絞って空き店舗調査と、現在営業している店舗への簡単なヒアリングを行いました。

空き店舗って、空いているとこ調べたら終わりでしょ。
と思っていまいしたが、持ち主わからないとか、貸してもらえるかどうかもわからないとかで、想像よりも大変でした。

で、実際、商店街の中に入って気づいたんですが、結構、各店舗で空いているスペースやお店を使っていない時間帯とかあって、ん?これ活用したら、効率的に面白いことできそうじゃない?と感じました。

空き店舗に新規店舗オープン、ババーン!とか、
大きめなイベント開催して瞬間最大風速を強めるぜ!
みたいなのも良いとは思うけど、今あるちょっとしたものを、工夫次第で活用していったら面白いモノが生まれたという方が、労力少なくて済みそうだし、リスクも低い。

試しに、空きスペース活用で小規模の講座を開催してみたら反応が良い。

空き店舗活用…ではなく、空きスペース活用、空き時間活用の方が可能性広がるなと感じました。

ここからどう仕掛けて行こうかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたにとって、良い日でありますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。