事例から平和を考える ~ウガンダ元子ども兵社会復帰支援の現場から~

どうも。川北です。
ボードゲームのことばかりではなく、仕事に関することも書いて、ちゃんと経験値共有していった方がいいですね。

余談ですが、先日、パソコンをWinからMacに変えました。
理由はいろいろありますが、ずっと使っていたWinのパソコンがまともに起動するまでに7分近くかかるようになってしまい、これはもうストレスしか貯まらないと感じたので、お金ないのにMacに手を出しました。

いま、MacにはMicrosoftオフィスも、イラストレーターも入っていないので、できる仕事は限られていますが、それでもなかなか快適に使用しています。

さてさて、前置きが長くなりましたが、2019年3月10日(日)に以下の講座を開催します(直前過ぎますね)。
ご興味のある方は、ぜひぜひご参加ください。

ウガンダの子ども兵のお話を聞きながら、平和について、
「自分ごと」として考えてみませんか??

認定NPO法人テラ・ルネッサンスの栗田佳典(くりたよしのり)さんをお呼びし、実際の事例をもとに、「平和」について考えていくワークショップです。

普段あまり聞くことのできない"子ども兵"や"ウガンダ"という国について、実際にウガンダでの元子ども兵復帰支援事業に携わられている栗田さんから、「ウガンダってどんな国?」「子ども兵って?」ということから始まり、「この場合、自分だったらどうするか?」など、実際の事例をもとに一緒に考えていきます!

「平和」について考えたい!、NGO職員の方のお仕事を知りたい!
海外に興味がある!など、ご興味のある方はぜひ私たちと一緒に考えてみませんか??

さらに当日は、参加者の交流会も行います!
いろんな人と話したい!つながりたい!と思っている大学生・社会人の方や,若い人とつながりたいという社会人の方など、いろんな人と話す事ができるチャンスです。

テーマについてご興味のある方はもちろん、いろいろな人と話したいと考えている方など、いろいろな方のご参加をお待ちしております! ぜひどなたでもご参加ください!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
また、当日はウガンダについて知っていただくために、ウガンダのお菓子やコーヒーをご用意する予定です!(お楽しみに!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日 時】2019年3月10日(日)10:00~12:00
【場 所】アスト津3階 ミーティングルーム
【対 象】三重県に在学または通学、通勤の15歳~39歳の方
     三重の若者の自主性を尊重し、活動を応援したい40歳以上の方
【定 員】30名
【参加費】無料

【当日スケジュール】
※変更の可能性があります。
10:00~11:20(80分) ワークショップ
11:20~11:50(30分) 交流会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓申込ページはコチラ!
https://www.kokuchpro.com/event/4eb80d6a7e100ccad81c0740454b6265/

【講師プロフィール】

1986年、静岡県生まれ。立命館大学産業社会学部卒。
生まれつきの心臓病で、13歳 の時に手術。この経験から、「いのち」の大切さと「 支えられることのありがたみ」を知る。その後、「誰かを支える仕事をしたい」という想いのもと、 立命館大学で福祉を学ぶ。大学在学中に世界の貧困問題、 特に子ども兵の問題に強い関心を持ち、3回生時に、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加。 2009年4月より、大学卒業と同時に職員としてテラ・ルネッサンスに勤務。現在は、平和の種を蒔く仕事として、国際理解教育、 開発教育などを目的とした講演活動を年間60回 以上行い、イベントの実施なども行う、 アウェアネスレイジングチームに所属。チーム マネージャーとして、行政、企業、教育機関、個人との協働も手掛けている。

【SHOガッコウって?】
三重を中心に東海三県の若者同士がつながり、1人1人の個性が認められ、周りの目を気にすることなく進むことができる社会の実現にむけて活動をおこなっていきます。SHOガッコウでは勉強会を実施し、普段出会う機会がない人たちをつなげるきっかけを作ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「好き」ありがとうございます。
6

”国際系” note まとめ

This magazine curates notes relating to stuffs between globalness and localness.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。