力士体考

いちごミルク色のリングには、次元違いの破壊力あり―――

一から説明します。以前、私は「女体考」という投稿の中で、温泉などで目に飛び込んで来る、見知らぬ女性たちの女体について述べた。洋服を着ている時には非常に可愛い女の子が、脱いでみたら、ゴーギャンの描く「タヒチの女」的な荒々しい女体をしているかと思えば、明洞キムチ売り場風のパンチパーマおばさんが、脱いだら色気満載ということもある……という女体の不思議についてだ。

じゃあ男体はどうなんだ?ということであるが、男風呂に潜入するわけにもいかない私は、大相撲を見ている時に思いを馳せるのです。
以前、「フィギュアスケートを見ている時、男は大抵嫌らしいことを考えている」と言った人がいて、おいおい不謹慎だぞと思ったけれど、相撲を見ている時の国民の数割は、力士の乳輪(恥ずかしいので、以下「リング」と呼ぶ)に着目していますよね。

往年の千代の富士、霧島、若貴……今で言えば、白鵬辺りでしょうか。彼らの筋肉の付き方、回しからはみ出るお尻の上がり方&絞まり方、そして何よりリングの佇まい、これは文句ないです。要するに、リングのサイズ(まるで指輪のサイズみたい)は小さめ、かつ、決して弛緩していない。常にキュッとしてる、キリッとしてる、緊張感がある。

一方、昔、巨乳だったお婆さんが浴衣をはだけた時のように、左右にだらしなく乳が伸びきってしまい、その本体につられて、黒々とした大きめサイズのリングも左右を向いてしまってる系の力士というのも結構多くて、個人的には「緊張感のない男体」認定。
そう、女体には情緒が、男体には緊張感が重要!ということなんだ、きっと。

世の中には「乳輪占い」というジャンルがあるようなので、あながち、その人のパーソナリティーとリングの佇まいとの関連性は否定出来ないものだと思っている。やっぱり、キリッとしたリングを持つ力士は、克己心が強くて、性格もさっぱりしているのじゃないかしら。きっとメールの文章は短くて、用件しか書いてないに違いない。(事実の確かめようがない)

けれど、緊張感とか情緒とか、そういう次元じゃないよね、と思うリングがある。それは、欧州出身の力士に多く見られるベビーピンク色のリング。勿論、人種の問題は横に置いての勝手な感想だけど、私にとって、いちごミルクキャンディ色みたいなリングというのは、「大草原の小さな家」とか、「あなたにも、チェルシーあげたい」とか、「ティモテ」を喚起させる。いや、彼ら男だし、ということで頑張って想像しなおしてみても、ウィーン少年合唱団がMAX……。

あー今日もそんなことを考えながら国技を見てしまった。週末が終わってしまう……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

52

henzutsuu

気になるnoteたち

気になるnoteたちを集めたもの

コメント5件

私は大相撲見るの大好きなんですが、リングの大小にはさすがに注目しておりませんでした💦たしかに、緊張感重要です!あと、力士の毛深さには毎回大注目しておりまして、毛深さにおける男体考はいかがでしょうか。私は白鵬のようなツルッとゆで卵むき身系の男性に惹かれてしまうんですが、男性らしさというと魁皇や高安のような毛深さが世界各国では受け容れられるのかと思ったり…すいません、脱線してしまいました。しかし、かなり興味のあるジャンルです( •̀∀•́ )
つぶまるさん、毛深さ問題への提起ありがとうございます!(笑)私もそれに関しては同意で、白鵬とか遠藤みたいなむき卵系が好きです。高安って、すごいですよね……。あの背毛、取り組む側からすると、つかめる程の長さでもないので、むき卵系の相手よりも、毛が邪魔をして掴みにくいんじゃないかと心配になります。でも多分、つぶまるさんの仰る通り、欧米女子は、男のくせにむき卵なんてクレイジー、毛深い方がセクスィーとか思ってそうです。
「情緒と緊張」もう響きだけでなんだかうっとりしちゃいます。そして、次に国技を観る時はリングから見ちゃいそうです、私。。。
春色のあんなに素敵なアイシングクッキーを作れるみずのさんに、リングに着目させちゃうなんて、申し訳ない気持ちです(笑)!でも、見てみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。