絵本賞落選、その1「トマトせんせい」

昨年、某出版社の「怪談絵本」に応募して落選したもの。
トマトせんせいは息子が小1のときの担任の先生をモチーフにした。

「トマトせんせい」

おかっぱあたまのおんなのせんせい、みょうじとなまえのさいしょのじが「と」と「ま」だから「トマトせんせいってよんでください」って。
みんな、はーいってげんきにへんじしたけど、ぼくはぶるっとした。ぼくトマトにがて。たべられない。
トマトせんせい、そのときぼくをみて、目がぎらってひかった。せんせいのかおがトマトにみえた。こわい。
きゅうしょくのとき、ぼくのにがてなトマトがでた。たべられなくてのこしてたら、せんせいがきて、トマトをゆびさして、「たべなさい」って。
ぼくが下をむいてじっとしてたら、せんせいはまえのせきのよしださんのよこにいって、「のこさないできれいにたべるひと、だーすき」って。
そしてまたぼくをみた目がぎらってひかった。トマトのかおとひかる目こわい。
つぎのひのあさ、きょうしつにみんなのさくぶんがはってあった。ぜんいんにきんしょうのリボンがついているのに、ぼくのだけリボンがついてなかった。ぼくひとりだけ。
かえりみち、ぼくの目からぽつんぽつんとでてきたなみだがとまらなくなった。
うしろから、ぽんとかたをたたいたのはきむらくん。
きむらくんはわらいながら「ぼくのさくぶんなんか、はられてもいないんだからさ」って。
「あのね、トマトせんせいはにんげんのふくをきたうちゅうじんなんだ」って。
「ぼくがだすおとにさそわれてにんげんのふくをぬぐから、そのときにつかまえるんだ」って。
木のかげにかくれてまつと、トマトせんせいがきた。
きむらくんがけんばんハーモニカをふくと、せんせいはあたまに手をあげてチャックをおろした。
にゅーんとたこみたいなあたまがでたとき、きむらくんはきゅうしょくぶくろからきんいろにひかるロープをだしてなげた。
ロープのわっかがくびにスポッとはいった。きむらくんがロープをひこうとしたら、うちゅうじんはぶんぶんくびをまわして、きむらくんをふりまわした。
きむらくんはそれでも手をはなさない。ぶんぶんふりまわすいきおいで、ふたりともいっしょにびゅーんってどこかにとんでいった。
つぎのひ、トマトせんせいもきむらくんもがっこうにこなかった。ぼくのつくえのなかにきむらくんのけんばんハーモニカときゅうしょくぶくろがはいってた。
げこうじかん、ぼくはきむらくんのけんばんハーモニカをふいてみた。
そのとき、こうもんでみんなをみおくってたこうちょうせんせいが、あたまに手を……。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

見てくださりありがとう💛
8

ki-rari

日記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。