ハウツー本の限界

ネット検索していて
あるおしゃれ術の本に行きつきました。
そして
2人の方のレビューに釘付けになりました。

「一番知りたいことが書いていない」

「内容は充実しているが、結局は迷子のまま」


…なかなか手厳しい

 

他人事ではなく感じたので
じっくり読ませていただいたところ
お2人に共通する思いは

「自分に似合うのはどんな服で
それをどうスタイリングすれば
素敵になれるのかを知りたかった」

ということでした。


う~ん…

 

タイプを細かく分けて
ひとつひとつに
できるだけわかりやすく例をあげる。

読者は自分に最も近いタイプへの
アドバイスを参考にする。


パーソナルカラー診断、骨格診断、
その他もろもろ…


このやりかたが
双方向のやりとりがない媒体の
限界なんですよね。

私もマスコミの現場にいて
その限界を感じたから
診断法を学び
今の活動を始めたので

 その気持ち
痛いほどわかります。


そして

「あなたは○○だから、こうするべき」

私たちは

そういう語り口に慣らされすぎてる!
そうあらためて感じました。


ぶっちゃけますと
私自身も

「迷っている人には
わかりやすく答えを与えるのが一番ささる。
そうしたほうが良い。」

 とアドバイスされてきました。

 それはきっとビジネスとしては
“間違いない”んだと
頭では理解しています。

 でもね、どうしても
受け入れられないんです。
心が。

その本の著者さんも
そうなんじゃないかなぁ…

 ケチって肝心なことを教えない
のではなく

あえて教えようとしていないんじゃないか。

ーなんて、勝手に想像してしまいました。


なぜなら究極は
自分で探すものだから。


正解を自分で決める

それが何者にも代えられない
大きな喜びにつながることを
知っているから

 あえて余白を残す。

ファッションへの愛ゆえにー
他人へのリスペクトゆえにー
 

 心理カウンセラー、
キャリアコンサルタントの
2つの養成講座で
答えは
クライアントさん自身の中にある

そう教わりました。

 これは本当にそうなんだと
シンデレラノートレッスンを通じて
何度も何度も実感しています

 
「素人さんはこんなもの」

そんな思い上がりは
あっさり打ち砕かれます。

誰もが素晴らしいポテンシャルを
持っているんです。


ひとり一人がクリエイター

今はその事実があたりまえになる
旅の途中なんじゃないでしょうか?

苦しい、迷う

そんなとき
すぐに楽になりたくなるのはごく自然なこと。

でも決して
わたしたちは与えられた答えだけで
満足するような
うすっぺらい存在なんかじゃない!

ハウツー本を読んで
反骨心が刺激されたのなら
ある意味、もとは十分とれた
と言えるのかもしれません。

最新イベント情報
https://www.kokuchpro.com/event/otomana/


まさに旅の途中でお疲れのあなたー
シンデレラノートレッスンで
癒しと元気をチャージしにいらっしゃいませんか?

 私と一緒におしゃれを通して
自分の
そして
他の人の可能性にドキドキしましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

佳音

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。