服を選ぶ幸せ

先日TVを観ていてドキッとしました。 

外からはわかりにくい障害があって
服を買うのが苦手な女性の様子がレポートされていて
店員さんとコミュニケーションをとるのも緊張するけれど

「服を選ぶこと自体がストレス」

という言葉に。

いくつかのハードルを越えて、最終的に服を試着。
パ~ッと表情が明るくなった様子に
おしゃれをするってやっぱり大事だし
ショッピングは楽しいことなんだなぁとうれしくなりました。

私自身は

試着をするのに勇気がいる
という感覚は忘れてしまっていますが

先日もショッピング同行のお客様から

「こんなに色々試着したのは初めてですごく楽しかったです」
「いつもは勇気がなくて…」

と言われたばかりでした。 

これって
買う側だけの問題でしょうか?

服が売れないというけれど

まだニーズにこたえられていないところはたくさんあると思います。

服選びをアウトソーシングする

AIを活用してネット通販する…

服選びのストレスから解放される選択肢は
これからも増え続けていくと思います。

でも、服選びやショッピングは楽しいもの
という視点がおざなりにされてしまうのは
もったいないなぁとも感じています。

ストレスは心身に負荷はかけますが
必ずしも悪者ではありません。

壁を超えた先に味わう感動は

自分だけが味わえる
生きている醍醐味ですから。

おしゃれを通して得られる喜びは
死ぬまで(死んでも?)残る
誰にも真似できない

オンリーワンの幸せな体験。

プロの手を借りつつ服選びにかかる
時間を短くしたとしても

幸せまで放棄して欲しくないなぁと思います。


そのために
今私が
できることは何だろう?

「ヒロインスタイリング」の活動を通して
お客様と一緒に向き合い続けています。

「自分ガニコニコスレバ
自分モ嬉シクナッテニコニコスルノダ」

自分ハスバラシイノダ

東京・新宿でワークショップをやります。
詳しくは⇒こちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

佳音

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。