今日も風が吹く

こんな日はただひたすら閉じていたい
このまぶたを
かたくなに

(誰々がお前を批判しているよ)
(誰々がお前をネタに笑っているよ)
(誰々がお前を誹謗しているよ)
(誰々がそこかしこで)
(誰々があちらこちらで)

えー、それで、お尋ねしますが、
その「誰々」とやらの遠吠えに対して、
私が限りある自意識を傾けることに、
どれだけの有意性と合理性があるか、
PPTでつまびらかに説明してください。
話はそれからだ

こんな日はただじっと塞いでいたい
この両耳から
ピアスを外して

私の傷跡として脈打つ青春は
その痛みを表明した瞬間に未練に化けて
まだあいつらと水底で薄ら笑っている
カサブタなどもうひっぺがして
早くこの感情に引導を渡してくれ

この世界のあちこちに設えられた
唯一の「平等な席」が意味するのは
何もかもがいずれ終わるということ

有限であることとはつまり
尊く在るということだろう

【◎特選◎早急に滅びてほしいモノ10個】

・名無しの跋扈する掲示板への書込み
・誰彼構わず認めて欲しがる強欲さ
・気にくわない奴の欠点探しが特技
・知識ひけらかし選手権で金賞受賞
・比べあいっこでキャッキャウフフ
・幸不幸の分水嶺の身勝手な支配
・あいつが悪い、自分は悪くない
・空気って読めるの知ってた?
・他人の視線を気にする割に、私を見て見て!
・とにかく私を認めろ!!!!!

☆いくつ当てはまるかな☆
0〜3個 : イイね!
4〜6個 : イイ感じ!
7〜9個 : ヤナ感じ!
10個 : コンプリート! イイね!(どうでも)
【気にしないにかぎるね】

確か沈黙が金だったか

無限なものは即ち無意味だ
無意味なモノを放置すれば
やがて言葉というハリボテを破り
意味だけが亡霊のごとく彷徨って
妄執に侵された人を頭から食らう

お前はそんな者どものために
それでも歌を歌い続けるのだね
不敵かつリズミカルな足取りで
地上へと続く階段を上っていくのだね

ああ、だから今日もまた風が吹くのか
この街に
この惑星に
お前の夏色ワンピースの裾フリルがはためく
この街で
この惑星で
私はただ一つの美しさを見た

お前がこの慈悲なき世界で
それでも光を見放さず
命を見誤ることを恐れず
一つの価値も押し付けるでもなく
生存否定学に全身で抗して
声を荒らげて歌い続ける姿を
私はいつまでも泣きながら
透明な膜の向こう側で
見守ることしかできないけれど

決して忘れないよ
私が/お前が
ここで風を感じていたこと

#詩 #現代詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みくださりありがとうございます!お気に召した作品がありましたら、ぜひサポートをお願いします!創作のモチベーションを保つための美味しいコーヒー代に活かします♪

♡♡♡(๑>◡<๑)♡♡♡
59

笹塚 心琴

(ここと)詩・小説・エッセイ・短歌。都内でのほほんと戦うOL。とっても不思議なダーリンと暮らしてる。「嵐の後にこそきれいな虹が架かって、天を仰げばその美しさに気づけるよね」的なポリシーで気ままにサバイバル中。https://cocot.chobi.net/

【詩】これからも、きっと、生きていくから

これからのしるべとしての詩、三冊目です。

コメント10件

いつも吹いとるよ。ありがたい風。

今日は痛いんか、幸せかいと思いながら風を読む。

涙は悪くないけん。流せるうちが生きてる証。そんなことしか言ってやれん。すまんね。


強くなくてええ。でも弱くはない。
風は敵やない。
ありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡
読むのに覚悟の要る真剣な詩ですね。刺されるようで痛いけど、目を逸らせませんでした。
ヤマダさん、ありがとうございます😊

この詩と真剣に向き合ってくださったことに、感謝を伝えたいです。目を逸らすことなく最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

詩を書くときはいつもいっぱいいっぱいで、気持ち的な余裕なんてまるでないのですが、それを作品としてぶつけた結果として読者の方の心を少しでも揺らすことができたら、こんなに嬉しいことはありません🍀
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。