【コラム】環境のデッキタイプ分別

JCSまであと17日。

環境のデッキを調査している時、今のデッキは大まかなタイプ別に分かれているなと感じたので、思いついたものをメモがてらまとめました。

タイプの括り毎に得意・不得意がある程度共通しているので、今後新しいデッキタイプが出てきた時、有効なデッキタイプを選択する参考になるかもしれません。


カードパワータイプ

カード自体のパワーが非常に高く、全面的に押し付けて戦うタイプのデッキ。

拡張パックの看板カードがこの位置になることが多く、どの大会でも最大勢力かつ対策必須のデッキ群だと思う。

環境を定義するポジションなのでメタられやすいのがネックだが、多少の不利はゴリ押しで突破できる。

現環境ではピカゼクやレシリザが該当。


耐久タイプ

耐久力のあるカードに回復手段を多数搭載し、相手の攻撃を実質無力化して戦うタイプのデッキ。元々2進化GXのデッキが多かったが、最近はTAG TEAMがここを担当する。

カードパワータイプに比べて攻撃性能が低い分、手数を稼いだり相手を詰ませたりして勝ち筋を生み出す。それでもたねGXポケモンには十分な火力を持っている事が多い。

性質上中打点しか出せないデッキにめっぽう強く、青天井タイプのデッキには弱い。

現環境ではサナニンフやモクナシが該当。


青天井タイプ

TAG TEAM等の高耐久を一撃で倒し、サイドレースで優位に立つタイプのデッキ。TAG TEAMの登場以降更に重要な役割を担っている。

条件が整えばどんな相手でも倒せる魅力があるが、その分リソースを大量に消費する事が多く、ハンドリフレッシュに弱かったり事故りやすかったりする。

現環境ではウルネクやズガアゴ等が該当。限界はあるがパンプジンもここに含まれていいと思う。


バレットタイプ

相手に合わせて有効なカードを使い、試合を有利に運ぶタイプのデッキ。弱点をつけたり、ギミックに対するメタだったりと様々。

スペックではカードパワータイプに勝てなかったり、基本的に中打点しか出せないデッキが生き残る為にこうなることが多い。環境に対応させたという感じか。

しっかり回れば他のデッキに劣らない強さを発揮する一方、相手によっては不要札が生まれたり、メタの読みを外して為す術なく負けたりということもある。

現環境ではゾロアークやジラサン、ヌオーバレット等が該当。前者2つは十分デッキのパワーは高いと思うけど、TAG TEAMの性能が高すぎるので仕方ない。


ばら撒きタイプ

真正面からの殴り合いではなく、盤面にダメージを蓄積させて要所で一気にサイドを詰めるタイプのデッキ。

サイドを先行されやすいのでカウンター系カードが使いやすかったり、普段と違う立ち回りを求められるので慣れていない相手に有利を取れたりする。

ベンチを沢山並べる相手には強いが、耐久ライプのデッキには勝率が絶望的なので、バレットタイプと混合したものもある。

現環境ではマタドガスやデスカーンが該当。


特殊勝利タイプ

サイドを取りきる以外の手段で勝利するタイプのデッキ。圧倒的ではないが、一定数確実に存在する。

ばら撒き以上に特殊な性質のデッキなので、慣れていない相手には徹底的に強い。デッキを組む時点で解答を用意しておかないと問答無用で負けるパターンもありうるのが厄介。

ポケカでは相手の行動を受けきって勝つタイプの特殊勝利が多いので、研究は必須と言える。その分使う側も環境のデッキへの理解が求められる。

HANDやLOが該当する。実質的に勝ち筋を封じてLOに導くフーパブラッキーやラフレシア辺りも含まれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! リアクションの一つ一つが励みになっています!
7

へる

コラム

練習過程で考えていること、役に立ったことを形にした記事のまとめです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。