【環境考察】CL2019京都に向けて⑦:環境デッキまとめ・非GX編

CL京都まであと3日。

今までの大会結果を元に、環境にどんなデッキが存在しているのかをメモがてらまとめていく。今回は非GX編。


ジラーチサンダー

■ サンプルリスト
ポケモンカードゲーム プレイヤーズクラブ
シティリーグ(シーズン3) スタンダードレギュレーション
ポケモンカードステーション トウキョーベイ
2位 ねがいぼしさんのデッキリストより


■ デッキ概要

シティリーグシーズン1と四天王決定戦で鮮烈なデビューを飾って以降、長きに渡って環境に存在している非GXデッキ。

ジラーチによるリソース確保と、エレキパワーの対応の速攻アタッカーであるサンダーの組み合わせがシンプルながら強力。カスタマイズ性も高いのでこれまで色々なカードを組み込んでは環境に残ってきた。

CL千葉以降は環境で活躍するタッグチームが多数増えたことから、UBのアタッカーと雷のアタッカーを組み合わせた混合型が主流となっている。デンジのおかげでリセットスタンプを任意タイミングでサーチできるのもいい。

非GX故のサイドレース優位性と、エレキパワーを筆頭とする跳ね上がった一撃の爽快感も内包しており、使っていてとても面白い。現環境にある中でも自分が一番好きなデッキ。


ズガドーン

■ サンプルリスト
※プレイヤーズクラブに掲載されているものがなかったので、チームメイトの方が執筆した記事を参考用に掲載します。


■ デッキ概要

ダブルブレイズにて登場した非GXのズガドーンデッキ。ほぼ単の構築が主流。

技の要求エネも追加コストも凄まじい量のエネルギーを必要とするが、その分タッグチームだろうがなんだろうが遠慮なしに吹き飛ばしていく圧倒的な火力が長所。

ねがいのバトンでエネは継続させつつ炎の結晶やエネルギー回収までフル搭載するという狂気的な構築だが、ブルーの探索やウルトラスペースなどサーチには困らず、圧縮力も高いので結構しっかり回る。

現環境はタッグチームが定義しているといっても過言ではないので、そこに強いデッキなのは優秀だと思う。自分との戦いもそこそこあるけど。


マタドガス

■ サンプルリスト
ポケモンカードゲーム プレイヤーズクラブ
シティリーグ(シーズン3) スタンダードレギュレーション
Wonder Goo 加須店
3位 kyameさんのデッキリストより


■ デッキ概要

こちらもダブルブレイズで登場し、シティリーグでじわじわ人気を増やしてきたばら撒きデッキ。

たねポケモンに対して凄まじいスピードでダメカンが蓄積していくので、回復手段を搭載していないタッグチームはあっさり気絶レベルの量になってしまう。

カウンターエネルギーを使うタイプならマタドガス以外のアタッカーも採用できる為、何が飛んでくるか読みづらいのも強みだと思う。

最近のタッグチームは回復手段を搭載していることが多いが、それほど豊富に入れられるわけではないので警戒は必要。立ち回りは理解しておきたい。


デスカーン

■ サンプルリスト
ポケモンカードゲーム プレイヤーズクラブ
シティリーグ(シーズン3) スタンダードレギュレーション
ドラゴンスター日本橋2号店
2位 ブラちゃんさんのデッキリストより


■ デッキ概要

水面下で少しずつ強化され、ダブルブレイズ発売以降のシティリーグで上位入賞が目立つようになったデッキ。

カプ・テテフGXやデデンネGX、マーシャドーといったドローエンジンを気軽にホイホイ使えるのが強く、相手の妨害をナチュラルにしながら意気揚々とダメージを蓄積させてくる。

のろいのおふだ、ギラティナのやぶれたとびらによるダメージも試行回数の多さで馬鹿にならず、無警戒で展開しまくると痛い目に合う。

無人発電所のとばっちりが来ているものの、他の非GXにはない魅力があるのは事実。相手にするとやりにくい。


非GXは今かなり選択肢が豊富なので、とりあえず人気度の高そうなやつだけをピックアップした。

環境の上位デッキは大まかに想像できるものの、いずれも強力なデッキが多いのでしっかり考慮しなければならない。群雄割拠の環境だと感じる。


別件ですが、ポケアド様にてジージーエンドのデッキ3選の解説記事を書きました。

デッキレシピと簡単な使い方、テクニックが書いてあるのでよかったら見てください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! リアクションの一つ一つが励みになっています!
8

環境考察_2019シーズン

チャンピオンズリーグまでに発売されたパック毎の環境考察です。タイトルの左側にはその記事を投稿した時の目標大会が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。