【デッキ解説】ズガドーンアーゴヨンのチラシ裏

こんばんは。へるです。

GW中のトレリ巡りで使っていた【ズガドーンアーゴヨン】デッキの解説をポケアドで書きました。

かなり使いやすいリストに仕上がったと思うので、是非見てください。使うデッキがなくて困っている人にもオススメします。

今日は上記の記事で書ききれなかったチラシ裏的な内容を書いていこうと思います。


デッキ選択理由

2019シーズンになり、僕はメタゲームの判断材料が出揃った状況で使用するデッキを選定するようになりました。

しかしトレーナーズリーグという極めて狭くムラのある環境だと、土地柄や地元のプレイヤーの個性が大きく影響してくるので、自分の想定通りな環境でない事は容易に想像できます。

加えて連休中かつJCSの抽選期間ということもあり、今までトレリに参加したことのない人も一定数いるでしょう。僕がそうでした。

故に何と当たるか分からなかった為、広く浅く戦えてカードパワーも高いデッキを使いたいな〜と思ったのが理由でした。対戦するデッキも多すぎて想定ができなかったので、前述の解説も特定のマッチアップについては書かず、できるだけシンプルなものに留めています。


GW前半はガブギラを使用していたのですが、カラマネロに関する事故が多すぎたのと、後攻スタートした時の動きの鈍さが対戦数をこなす中でストレスになったので断念。思ったよりTAG TEAMとマッチングしなかったのも原因でした。

その点ズガアゴはビーストリングを大量に使い、やぶれかぶれを押し付けて勝ちという雑ながら強力な勝ち筋があるので、とりあえず一通り戦えるのが利点です。

代わりに明確に苦手な相手もそこそこいるので、大舞台で優勝を狙うデッキリストにはなっていません。「16人のトレリで勝ち越せば最低8ポイントが入る」という前提があった為、必要なのは4-0ではなく3-1です。仮に2-2だったとしてもオポネントが高ければ8位に滑り込めるので、最期まで諦めずに戦えます。

他にもプレイ方針が一貫していて楽、使っていて楽しいというのがトレリ中も大きく助けになってくれました。


今後練るなら

解説でカスタマイズポイントとして挙げているカードは、実際にトレリ中入れたり抜いたりしたカード群です。

マタドガスやピカゼクと当たって(うわこれやばいわ)となったものもあれば、抜いてもさほど変わりないから抜こうかな…と思ったものもあります。現状のリストのままで勝てる相手には特に対策をする必要がないので、重く見ている苦手なデッキ相手へのメタカードを採用した方がいいですね。

マーシャドーはリセットスタンプと悩むところですが、ベンチを埋めるデメリットよりもサーチしやすいメリットが上回ったので採用しました。サポートと両立できるドローソースとしても有用です。エンニュートHANDと毎日のように対戦したので、いい感じに活躍してくれました。


ちなみに、枚数調整を検討する枠としてはリーリエやエネルギー辺りが無難だと思います。リーリエは結局ワンダータッチからアクセスするケースが多いですし、一度使うと後は溶接工やグズマにサポート権を奪われます。

ビーストエネルギー◇は引ければ強いものの引けません。溶接工もチャージアップもできないので基本炎エネルギーの方が強いなと思ったケースも多々あります。あくまで解説に掲載されているリストをベースとし、そこから少しずつ調整していくのがオススメです。

ちなみに安定にかなり寄せたリストとなっていますが、これでも割と事故ります。エネルギー厚め、序盤は役に立たないビーストリングというカードの性質上仕方ないところはあります。それでも溶接工のおかげで、アーゴヨンを必死に並べなくともどうにかなるデッキになっているので、序盤失速しても諦めずに戦いましょう。

各マッチングでどう動くのかみたいなのも書こうと思ったのですが、あまりに相対した相手が多いのと、基本エネをつけて殴るだけなので省略します。採用検討したカードや疑問点等は、質問していただければ答えるつもりです!


JCSまであと29日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! リアクションの一つ一つが励みになっています!
2

大会レポート

今までに参加した大会のレポートや振り返りです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。