【デッキ試運転】GX技特化ゲコゾロ【ナイトユニゾン】

こんにちは。へるです。

今日はゲッコウガ&ゾロアークGX(以下ゲコゾロ)のデッキを実際に作成し、その試運転の過程と得られた結果を紹介します。

近日中にポケアドでもゲコゾロのデッキ解説を掲載予定ですが、今回はそれのボツ案です。

これまでの試運転デッキのまとめは以下のマガジンから確認できるので、興味のある方はこちらもご覧ください。

デッキコンセプトの決定
■コンセプトの決定
■全体的なデッキリストの方針

調整過程でのリスト変更点
■変更点

調整結果
■そのカード・デッキに対して得られた知見
■逆に見つかった反省・改善点


デッキコンセプトの決定

■コンセプトの決定
あくのはどうを強化する為の相方に何を据えるかを考えていたのですが、スカーチャージで大量にエネをつけられるガオガエンGXを試してみることにしました。

しかしガオガエンGXは2進化ポケモンなので、複数立てるのは難しいのではないか…

ということで今回はナイトユニゾンGXで直接出せばいいじゃないかという結論に落ち着きました。

とはいえナイトユニゾンGXは2エネの技なので、先攻ならともかく後攻1ターン目からはそのままだと使えません。

そこでダークライGXも一緒に採用し、リザレクションとエネルギーつけかえを組み合わせて擬似的なエネ加速をすることに。

高速でキーパーツをトラッシュしながらデッキを圧縮し、即ナイトユニゾンGXを撃つ”というコンセプトのデッキにしました。


■全体的なデッキリストの方針
なるべくデッキの圧縮に繋がり、準備を並行して行えるリスト”にしようと方針を定めています。

引けるかどうかが大きく響くゲコゾロとガオガエンGXはフル採用し、手札に抱えられるようにしました。

また、初手の展開が大切なので、ドローサポートはドロー枚数の多いリーリエ、手札を自由にトラッシュできるかんこうきゃくを据えます。

さらにデデンネGXも使い心地を確かめるために採用。サポート権を消費せずに手札に溜め込んだポケモンをトラッシュできるのは強力だと考えました。

ジャッジマンホイッスルは単純なデッキ圧縮になる上、ナイトユニゾンGXを撃った後の妨害役としても使えるので採用しています。


調整過程でのリスト変更点

■変更点
リストはなかなか好感触で、回し方に慣れるとかなりの頻度でナイトユニゾンGXを撃てることが分かりました。

しかし対戦開始時にゲコゾロ以外のポケモンでスタートすると大きく出遅れてしまい、スムーズに技が使えなくなってしまう欠点が目立つように。

このデッキのたねポケモンはゲコゾロ、ダークライGX、デデンネGXの8枚なので、十分ゲコゾロ以外でスタートし得ります。

イベルタルを採用してスタートポケモンを増やすのも考えましたが、逆にスタートしないと全く役に立たず、ベンチも圧迫するのが辛いところ。

そこで月輪の祭壇を採用。ガオガエンGXを除く全てのポケモンがこのカードでにげエネ0にでき、後出しでも使える優秀なカードでした。

手張りでエネルギーを使ってしまうものの、エネルギーつけかえがあるのである程度カバーできるのもよかったですね。


調整結果

■そのカード・デッキに対して得られた知見
前述の通り、後攻1ターン目のナイトユニゾンGXは中々高い確率で決まります

ハイパーボールを引けば案外どうにかなる印象で、まずはスーパーボールから入ってポケモンをサーチしつつ、それに合わせてハイパーボールで足りないポケモンを集めるとスムーズに撃てます。

デデンネGXがこの無茶なコンセプトをゴリ押しできるだけのカードパワーを秘めていました。ドローサポートと併用すれば無理矢理形にできてしまいます。

もちろんナイトユニゾンGXを使った後の盤面は圧巻の一言で、スカーチャージの連続使用によってあくのはどうは安易に300ダメージに届きます。大体沈む。

ゲコゾロが倒されてもエネルギーは大量にあるので復帰も早いですね。エネルギーつけかえが本当に強いカードだと実感しました。


■逆に見つかった反省・改善点
盤面展開をナイトユニゾンGXに依存しているので、使うのが遅れれば遅れるほど劣勢になります

ナイトユニゾンGXも想像していたよりは成功率が高いものの、ムラがあるのは間違いないので、連戦だといつか破綻するでしょう。

また、HPが250あるおかげでタッチで採用された闘タイプの攻撃を耐えられるのは本当に偉いのですが、やはり厳しいことには間違いありません。

動きが直線的すぎるのも難点で、狙いはあっさりバレます。ゲコゾロを無視して非GXの闘ポケモンがガオガエンGXを狩ってくるだけでジリ貧になって負けます。

本当に楽しいデッキだったのですが、自分の好みに合わないなと思って解体しました。


ちなみにこれを記事として掲載しなかったのは、一人回しをしているのが楽しい反面、対戦相手を退屈させてしまうからです。

回し方も通常のポケカの形と若干変わるので、使っているうちに変なクセがついてしまうかもしれない…と感じ、初心者の方にこのデッキを勧めるのは相応しくないかなと判断しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
4

へる

デッキ試運転_2019シーズン

新カードの使用感を確かめた調整過程・結果の記事まとめです。右側の【】にはその記事を投稿した時の発売パック名が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。