【環境考察】JCSに向けて②:スカイレジェンド環境大会編2

JCSまであと18日。

ミラクルツインや新規スターター2つがカードプールに追加され、発売から一週間という短いスパンでJCSは開催されます。

既に公開されている情報でも強力なカードが収録されているのは判明しているので、それの検証に追われる日々を過ごしていますが、僕にはその前にシティリーグシーズン4が残っています。所持ポイントがギリギリということもあり、こちらも蔑ろにするわけにはいきません。

とりあえず新規カードの検証は友人達に任せつつ、当日の環境基準となるこれまでのシティリーグ結果を調査しました。

※Twitter検索及びプレイヤーズクラブの情報を元に掲載しています。確認できなかった箇所は暫定対応及び空白としてあるので、プレイヤーズクラブで正式なデータが更新され次第対応します。


東京都 イエローサブマリン マジッカーズ★ハイパーアリーナ(5/12)

優勝:レシラム&リザードンGX(ヒードランGX)
準優勝:ルガルガンゾロアーク
ベスト4:ゾロペルジュゴン
ベスト4:ヌオーバレット
ベスト8:サーナイト&ニンフィアGX
ベスト8:ヌオーバレット
ベスト8:レシラム&リザードンGX(ヒードランGX)
ベスト8:-


千葉県 ポケモンカードステーション トウキョーベイ(5/19)

決勝:ジラーチサンダー(UB型)
決勝:モクロー&アローラナッシーGX
ベスト4:パンプジン
ベスト4:レシラム&リザードンGX
ベスト8:ピカチュウ&ゼクロムGX
ベスト8:パンプジン
ベスト8:-
ベスト8:-


大阪府 ポケモンカードステーション オーサカ(5/19)

決勝:レシラム&リザードンGX(ズガドーン)
決勝:ピカチュウ&ゼクロムGX
ベスト4:ベロベルトダストダス
ベスト4:ルガルガンゾロアーク
ベスト8:ピカチュウ&ゼクロムGX
ベスト8:ルガルガンゾロアーク
ベスト8:ユキメノコゾロアーク
ベスト8:ギラティナデスカーン


見慣れたアーキタイプの中に、スカイレジェンドの勢力が少しずつ食い込んでいるようです。リストが洗練されて未だ数多く存在しているレシリザを尻目に、モクナシが入賞しているのが目に止まります。

他にも

・相手に応じたアタッカーを使い分けるヌオーバレット
・Uターンボードで一定の高火力を得られるパンプジン
・干渉力の強いベロベルト
・ハンデス搭載のゾロアーク

などなど。スカイレジェンドは流石に環境を塗り替えるまではいかなくとも、既存のアーキタイプにも小さくない影響を及ぼしているのが分かりました。

一応一通り体験したデッキタイプなので、GW明け直後のように置いていかれている感覚はありませんが、どのデッキにも可能性がある状態なので気が抜けない状態が続いています。地味にベロベルトダストダスのような見慣れないアーキタイプが登場していたりと、JCS前でも意欲的な動きがあるのが素晴らしいと思います。

僕は自分でデッキを考えるよりも、アーキタイプを環境に合わせてチューンしていく方が得意なので、色々と考えて冒険する勇気も必要なんだと思い知らされます。自分の引き出しを増やさないとダメですね。


それにしても拡張パックの看板TAG TEAMは強いですね。性能がずば抜けているとはいえ、いくつもカードが追加されて研究されてきたにも関わらず、未だ環境上位に君臨しています。

シティリーグ当日、そしてミラクルツイン発売後もその期間の短さから大きく環境が変化することはないと思うので、引き続き既存のアーキタイプを研究していくつもりです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 毎日更新しているので、また見てください!
4

へる

環境考察_2019シーズン

チャンピオンズリーグまでに発売されたパック毎の環境考察です。タイトルの左側にはその記事を投稿した時の目標大会が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。