【環境考察】JCSに向けて①:スカイレジェンド環境大会編1

こんばんは。へるです。

GW中はトレーナーズリーグのポイント集めに必死になっていたので、新弾及び環境の調査が大きく遅れていました。

現環境がどうなっているのか追いつく為、スカイレジェンド発売以降に開催されたシティリーグの結果をまとめました。

※Twitter検索及びプレイヤーズクラブの情報を元に掲載しています。漏れやミスがあればご指摘をお願いします。


神奈川県 CARDBOX 青馬堂書店 矢向店(4/28)

優勝:ウルトラネクロズマGX
準優勝:ルガルガンゾロアーク(カプ・レヒレ)
ベスト4:ペルシアンゾロアーク
ベスト4:ルガルガンゾロアーク(ユキメノコ)
ベスト8:ジラーチサンダー(ライライ入り)
ベスト8:サーナイト&ニンフィアGX
ベスト8:ベトベトン&アローラベトベトンGX
ベスト8:レシラム&リザードンGX


愛知県 プレイズ 半田店(4/28)

優勝:ウルトラネクロズマGX
準優勝:レジギガスHAND
ベスト4:ジュゴンゾロアーク
ベスト4:モクロー&アローラナッシーGX(クワガノン)
ベスト8:マタドガス
ベスト8:ドサイドンLO(ラグラージ、メガニウム)
ベスト8:ピカチュウ&ゼクロムGX
ベスト8:ルガルガンゾロアーク


大阪府 トレカショップ スキップ(4/29)

優勝:UB型ジラーチサンダー
準優勝:ウルトラネクロズマGX
ベスト4:サーナイト&ニンフィアGX
ベスト4:ピカチュウ&ゼクロムGX
ベスト8:ベロベルトゾロアーク
ベスト8:パンプジン
ベスト8:-
ベスト8:-


広島県 CARDBOX 福山店(5/5)

優勝:ジュゴンゾロアーク(カプ・テテフGXなし)
準優勝:炎軸ファイヤー&サンダー&フリーザーGX(アローラベトベトン)
ベスト4:レシラム&リザードンGX(ジラーチ)
ベスト4:水軸ファイヤー&サンダー&フリーザーGX(フリーザー、ヌオー)
ベスト8:エルフーン
ベスト8:ルガルガンゾロアーク
ベスト8:-
ベスト8:-


大阪府 トレカショップ スキップ(5/6)

優勝:レシラム&リザードンGX
準優勝:UB型ジラーチサンダー
ベスト4:UB型ジラーチサンダー
ベスト4:サーナイト&ニンフィアGX
ベスト8:パンプジン
ベスト8:ガブリアス&ギラティナGX
ベスト8:ニドクイン(ラグラージ、メガニウム)
ベスト8:-


結果を見た感想を簡単に述べると「なんじゃこりゃ」でした。

スカイレジェンドが環境に大きな影響を与えることはないと考えていたので、CL京都から強力だったデッキが引き続き残って混沌とした環境になる…とまでは思っていましたが、まさかここまでごった煮になっているとは思わず。

一応三鳥やモクナシ、ユキメノコにUターンボードにムサシとコジロウ等無視できない新カードもあります。が、それは既存のアーキタイプに幅を持たせるカードであり、フルメタルウォールの時程は響いていないように見えます。


レシリザの減少

CL京都環境では圧倒的Tier1でそのまま優勝を掴んだレシリザですが、ここに来て上位入賞数が減っています。

憶測の域を脱しませんが、

・CL京都後で強力なリストが世に広まった
・それに伴って動きも対策も周知された
・ユキメノコの登場により動きづらさが増した
・以上の要因からそもそも選択肢から外れた

といった状況から全体の母数ごと減っているのだと思われます。


古参アーキタイプの復権

新環境開始時ということもあり、以前から根強く存在するアーキタイプの活躍が目立ちます。

例えば、ゾロアーク系統のデッキには早速ユキメノコが搭載されて上位に入賞していますし、ウルトラネクロズマGXにおいては4月中に開催されたシティリーグで優勝2つ、準優勝1つと圧倒的な立ち位置にいます。

また、リセットスタンプの登場が大きな向かい風となったジラサンでしたが、それに対する解答が用意されたリストが再び上位に入賞していました。

優勝された方のデッキ解説記事。新世代に対応されたリストだけでなく、分かりやすい解説やプランニング付きでオススメです。

これ等アーキタイプの共通点は骨子が整っており、有象無象に対して強いことが証明されていることだと思っています。何が出てくるか分からない環境だからこそ、広くプレイングで対処できるデッキが優秀なのは間違いないです。


スカイレジェンドのニューフェイス

スカイレジェンド発売直後のシティリーグではあまり結果を残していませんが、一週間立った5月上旬のシティリーグでは三鳥が上位に食い込んでいます。

ビクティニや溶接工を活かした炎軸だけでなく、フリーザーやヌオーを活かした水軸も存在しているのも注目すべきポイントです。複雑なエネのタイプ指定こそあれど、それを乗り越えればバラエティに富んだリストに仕上げられそうです。

他にも前述の通りユキメノコが入ったデッキは見かけますし、面白いところではベロベルトを採用したゾロアークが結果を残していますね。

いずれのカードも事前に軽く練習したところでは(強いけど今一歩及ばない…)といった感想のカードが多く、まだ練度が不足しているのが分かります。


幸い僕が参加する予定のシティリーグは5/26に神奈川県で開催されるので、まだ時間があります。早速JCSの練習と並行して環境に存在するデッキの研究に入るつもりです。

明日以降はしばらくできていなかったデッキ試運転の記事をアップしていきます。


JCSまで残り31日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 読んでいただけて嬉しいです…
15

環境考察_2019シーズン

チャンピオンズリーグまでに発売されたパック毎の環境考察です。タイトルの左側にはその記事を投稿した時の目標大会が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。