【デッキ試運転】ガブギラカラマネロ【ジージーエンド】

検証理由

ジージーエンドの看板で、書いてあるテキストも明らかに強い。タッグチームの中で最強クラスの攻撃性能を持っている。

CL京都でも多く見かけることになると予想されるので、とりあえず触ってみることにした。

ガブギラの要求エネは超エネルギーと闘エネルギーで、かつドラゴンタイプとウルトラネクロズマGXに似た構成になっている。

故に既存のウルトラネクロズマGXのリストがそのまま流用できるだろうと考え、とりあえず突っ込んでみた。

まずはガブギラの性能だけ理解できればいいので、信頼度の高いリストがあるなら一から組むよりそれに任せたほうが良い。


検証結果1.ガブギラの性能について

カラミティエッジの基本打点160が偉い。標準でもデデンネGXは倒せるし、こだわりハチマキや格闘道場といったパンプアップ札でカプ・テテフGX、たねGXポケモンクラスも視野に入る。ダメカンを乗せずとも強い。

攻撃の度にエネルギーを消耗しないので、バトル場から入れ替える必要がないのも利点。そのまま突っ張って攻撃し続けられるし、高耐久故に一撃でも落とされづらい。カラマネロを狙ったとしても目先の驚異であるガブギラは何の影響もなく攻撃できるので、ウルネクとは異なる対処法を迫られる。

ジージーエンドGXも想像以上に厄介な技だった。サイドこそ取れないが、相手の任意のポケモンを問答無用でトラッシュできる性質は対タッグチーム相手に強く出られる。

例えばレシリザやピカゼクは大量にエネをつけて行動する必要があるが、下準備もしくは相応のリソースを使ってつけている。それをあっけなくトラッシュされると、サイドは取れないまでも相手が動けなくなり、そのまま押し切れるパターンがある。

逆に言えば問答無用でトラッシュされることを前提にアタッカーは用意するか、要求エネの軽いアタッカーで随時攻めていく必要がある。


検証結果2.ウルネクベースのリスト使用感

基本的にウルネクのベースが使えたので楽だったが、同じリストでも性質はかなり異なる。

一発で落とされづらい故にアセロラと組み合わせやすく、エネも消耗しないので入れ替え手段とカラマネロを躍起になって集める必要がない。

しかし事前にダメカンをばら撒いておかないと最大ダメージは劣るので、そこをどう動いていくかは考える必要がある。既に周知されている分動きが読まれやすいのもネックで、ガブギラをしっかり考慮した相手にはそのまま押し切られてしまう。CL千葉では嫌という程思い知った。

とはいえ完成されたベースが既に存在している上、そのまま使っても十分強力なので京都でも見かける可能性は高い。しっかり意識していきたい。


検証結果3.課題はダメカンを乗せる手段

ダメカンを乗せるカードは課題。カプ・コケコのかいてんひこうは全体に乗せられて便利だが、エネがつきっぱなしになってトラッシュに送れず苦労するケースがあった。ガブギラもエネをつけっぱなしなのでカプサンダーGXによるカウンターも怖い。

後攻1ターン目からちょくげきだんを撃てるのはこのカードの利点だが、カラマネロ軸だと次のターンカラミティエッジを撃つのに手間がかかる。ガブギラ自体がダメージを受けてしまうのもタッグチーム相手以外では避けたいところ。

ギラティナのやぶれたとびらは攻撃も介さずに便利なものの、ベンチにあらかじめ出ているポケモンしか対象にできない。他にもアローラベトベトンを出されただけで特性が使えなくなるので、このカードだけに頼った戦術は危険。

のろいのおふだは受動的な上、どうぐやスタジアムに対して意識が高まっている現状ではギミックとして組み込むのは危険だと感じた。超タイプが倒されながらのろいのおふだをしっかり貼れている状況を序盤に作るのも要求ハードルが地味に高い。

カラミティエッジのパワーは非常に魅力的なので、今後もダメカンの乗せ方は検討していく。


とある程度自分で触りの検証を行ったところまではいいのだが、これ以上は友人間でも深く調整が関わっているので、自分の都合で調整結果を掲載することはできない。

新環境全体での考察や注意しておきたいところなど、友人達に迷惑がかからない書ける範囲で更新していくつもり。

(今までの試運転デッキまとめは以下のマガジンから)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
9

デッキ試運転_2019シーズン

新カードの使用感を確かめた調整過程・結果の記事まとめです。右側の【】にはその記事を投稿した時の発売パック名が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。