【デッキ試運転】ビクティニ軸三鳥【スカイレジェンド】

こんばんは。へるです。

今日はファイヤー&サンダー&フリーザーGX(以下三鳥)とビクティニを組み合わせたデッキの検証結果を紹介していきます。


第一印象

三鳥の第一印象はそれほどいいものではありませんでした。

HP300という高耐久に加え、自前で耐久を成立させられるGX技はTAG TEAMの性質を活かしたデザインですが、技を使用する為の要求エネが重いデメリットが大きく足を引っ張ります。

三鳥が攻撃するには最低4エネ必要になる上、炎水雷という構成。2色要求のドラゴンタイプですら殆ど使われていない現状、これを工面するのは苦労しそうだと感じました。

加えて雷弱点なのも辛いところ。ピカゼクという問題児やジラサンのデンジュモク、カプ・コケコGX等、三鳥をあっさり倒せる強力なポケモンが多く存在しています。

おまけにミュウによってスカイレジェンドGXの狙撃もカットされてしまう為、何かと思い通りに動けない事が多そうなカードだという認識でした。


検証経緯

しかしHP300という数値は裏を返せば、弱点以外ではほぼ一撃で倒されない数値だと言えます。レシリザの強化ダブルブレイズで沈んでしまうのは苦笑いしかできないのですが、それを除けば300はそう簡単に倒されません。

トリニティバーンもTAG TEAMを一撃で倒せるだけのダメージには及びませんが、1進化GXくらいなら強化なしでもあっさり倒せます。先制できれば倒される間にGX2体を仕留められるので、サイドレースで圧倒的な優位に立てます。

スカイレジェンドGXの狙撃も合わせればTAG TEAMも含めて倒せない相手はいません。レシリザやガブギラ程一撃の破壊力は持っていませんが、無対策の相手を単体性能で詰ませてしまうのは魅力的です。

そこでビクティニとブルーの探索を軸に三鳥で殴り切るのをコンセプトにシンプルなデッキを作って試してみました。


検証結果1.GXからの確定二発を否定

やはりHP300は高く、多くの場合複数回攻撃して倒さざるを得ませんでした。GXポケモンの場合は大抵トリニティバーンで倒されてしまうので、先に攻撃してダメージを与える必要があります。

しかし回復手段が豊富に存在しているので、あらかじめ与えたダメージはあっさり回復されてしまいますし、ダメージを与えるのにリソースを使うようなデッキは息切れしてしまいます。

タッグスイッチが本当に強力なカードですね。三鳥同士のエネを付け替えながらまんたんのくすりやアセロラを挟み、回復したら再びビクティニで準備に移る動きは胡散臭さすらあります。

TAG TEAM相手だとそう単純な話ではないのですが、GXポケモン相手に対しては耐久に寄せると圧倒的なマウントを取れるカードだと実感しました。


検証結果2.HP110以下のシステムポケモンは壊滅

CL京都で使ったガブギラとスパーリングをさせていましたが、カラマネロやジラーチがまとめてスカイレジェンドGXで吹き飛ばされた時は笑うしかありませんでした。

当然ミュウは入っているのですが、早々にGX技を使われかねない都合上素早く用意する必要がありますし、出したとしても高耐久の圧力は維持されたままです。ガブギラでも一撃で倒すには骨が折れるので、かなり厄介でした。

今後はシステムポケモンがHP110よりも大きいかどうか、ミュウを採用しているかどうかもデッキの重要な要素になると思います。


検証結果3.三鳥だけでは小回りが効かない

三鳥の強みはある程度理解できましたが、この構築だとやはり三鳥の要求エネが重いデメリットが響きます。

1体目を用意するのはビクティニと溶接工のおかげで簡単なのですが、2体目は展開によっては準備する時間がありません。その為、1体目が倒された時点で後は耐久して誤魔化しながら戦うようなプランになりがちでした。

また、ミュウを出された場合そこを器用に狙い撃ちできるだけの身軽さを持ち合わせていないので、スカイレジェンドGXが単なる耐久技になってしまうのもいただけませんでした。

他にも、エネ破壊等で特定の色を集中砲火されるのもきつかったです。三鳥はメインアタッカーにはなれますが、アタッカーを単独で完結させられるだけの性能は持っていませんね。


検証結果4.初動で躓くとそのまま押し切られる

序盤で展開がもたつくと回復要求で後手後手に回ってしまい、噛み合いが悪くなった途端に押し切られてしまうパターンも多くありました。

僕がブルーの探索型の苦手としている点ですが、初手に特定のカードがないと展開が大きく鈍るコンセプトはあまり好きではありません。特にこのデッキは素早く攻撃するためにビクティニや溶接工、炎エネルギーを必要とするので、ブルーの探索ではまかないきれないこともありました。

単体性能は決して弱くないものの、今までの単型TAG TEAMと違って身軽なアクションが存在しないので、このカードだけで戦うのは無理がありそうだと感じました。


明日に続きます。


JCSまで残り30日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
6

デッキ試運転_2019シーズン

新カードの使用感を確かめた調整過程・結果の記事まとめです。右側の【】にはその記事を投稿した時の発売パック名が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。