【環境考察】ジラーチサンダーの課題考察②【ダブルブレイズ】

先日の記事に引き続き、基本エネ型ジラーチサンダーが直面していた課題に対し、課題とアプローチを洗い出しました。

今回は環境に存在するメタカードへの課題についてです。攻撃面に関する課題は先日の記事をご覧ください。


アローラベトベトンでの失速

ジラーチの特性を繰り返し使うことでその場に応じたトレーナーズを確保し、デンジやグズマ等を用いてサイドプランを素早く遂行するのがジラーチサンダーの基本戦術だと認識している。

まともにドローサポートを使用せずとも、継続的にリソースを稼いでくれるジラーチと取れるサイドだけで手札を切らさないのは大きな強みと言える。

逆に言えばジラーチの特性に強く依存しており、ねがいぼしを使えないとリソース切れに追い込まれて攻撃を継続するのもままならなくなる。

その為、たねポケモンの特性を無くすアローラベトベトンはこのデッキの天敵。ジラーチだけでなく、フィニッシャーのカプ・コケコGXや、それに繋ぐためのカプ・コケコ◇まで封殺される。

グズマを上手く使ってアローラベトベターの段階で倒せればいいものの、後攻1ターン目ではそれほど都合よく狙えない場合が多いし、メタモン◇と共に並べられると進化の芽を摘みきれない。

ミステリートレジャーやポケモン通信の存在から遭遇率の高いカードなので、このカードに対してどう抗うかがジラーチサンダーでは重要な課題となる。


解決手段1:ソーナンスの採用

アローラベトベターそのものが複数採用されにくいことを逆手に取るプラン。ソーナンスの特性シェードテールでメタモン◇を無力化している間にアローラベトベターを狙う。

メタモン◇自体はかなり採用されるカードである他、最近だとカプ・コケコ◇やビクティニ◇といった重要なポジションのカードにも効果があり、役割はそれなりにある。

自分にも影響があるのが難点だが、ベンチでしか効果が働かないので、使いたいタイミングでバトル場に送り出せば解除できる。入れ替えカードが大量に採用されているこのデッキであれば送り出しやすいし、その後カプ・コケコGXに繋ぐことを考えればバトル場から退かす手段は考えなくていい。

欠点は同じくベンチでしか働かない点。対ルガゾロ戦ではルガルガンGXのブラッディアイで解除される恐れがある。

そもそもアローラベトベターを攻撃できなければ意味がない、クチナシでアローラベトベターを奇襲的に展開されるパターンには一切対応できない、など漏れも多い。


解決手段2:ハンドリフレッシュを挟む

アローラベトベトンはあくまでメタカードとしての役割であり、出すのに躍起になって自分の動きを遂行できなければ逆効果になる。

それを利用してハンドリフレッシュを挟んでやることで、相手からアローラベトベトンを出す余裕を奪うプラン。

このデッキにおいてもハンドリフレッシュは課題だが、

・自分のタイミングで使えるので、あらかじめ場に必要なカードを残せる
・リフレッシュ後にジラーチの特性を使うことで、不足札をかき集められる

などを駆使し、被害を最小限に抑えられる。

前述のルガゾロも採用されているカードの種類が多いので手札の質にブレがあり、ゾロアークGXが出ていない状況であれば十分有効だと思われる。

ハンドリフレッシュ自体は先攻2ターン目、後攻1ターン目のタイミングで使うと効果的。先攻1ターン目で使うとリーリエで大量ドローされてこちらだけ一方的に不利益を被る。

欠点は運頼みであること。相手が順調にドローサポートを引き、アタッカーもアローラベトベトンも都合よく引く可能性はある。

自分が事故で失速する危険性も秘めているので、安全な回答とは言えない。ハンドリフレッシュ自体が汎用的な妨害策なところを活かしてデッキスペースを空けたり、他の選択肢と組み合わせて使いやすいのがメリット。


解決手段3:120以上の打点を持つアタッカーを採用

アローラベトベトンを出させないのではなく、出させた上で倒しに行くプラン。

アローラベトベターだけを倒してしまうとレスキュータンカで再利用されるかもしれないし、メタモン◇と併用されると確実に進化されてしまう。

そこで進化後を叩き、進化元ごと失わせることでより復帰を難しくできる。アローラベトベトン自体を対処するという意味では一番確実で分かりやすい。

アサルトサンダーでアローラベトベトンを倒すのはかなり骨が折れるので、120以上の打点を持つアタッカーとグズマで狙い撃ちするのが無難。

先日のUB型ではマッシブーンやカミツルギがこのポジションを担うことが多く、一度ロックされても一筋縄ではいかない姿が見られる。

しかしジラーチの特性を失った状態でグズマとアタッカーを用意するのはいささか難易度が高い。UB型ならレインボーエネルギーが必要なので尚更。

アローラベトベトンを出されてもいいようにあらかじめ準備を進めておくのはほぼ必須だが、それでも不確実なことに変わりはない。2の方法と同じく、あくまで1つの手段として頭に入れておくのがいい。


ハンドリフレッシュでの失速

サンダーが攻撃後にあっさり倒される前提で考えると、毎ターンアタッカーとエネルギーの確保が必要不可欠になる。

しかし高耐久な相手には加えてエレキパワー・こだわりハチマキ等のパンプアップ手段、グズマ・あなぬけのヒモ等のベンチ呼び出し手段が必要になるので、更に要求枚数は増える。

それをジラーチの特性を使うことで無理やり確保し、ゴリ押しすることで速攻を可能としている。カードの消耗が激しいからこそ、ジラーチも取れるサイドも重要なアドバンテージ源になる。

ところがハンドリフレッシュを受けるとただでさえカツカツのリソースが大きく減らされてしまい、結果的に攻撃できない(サイドを取れない)状況に追い込まれることが多々ある。

パンプアップ手段や呼び出し手段も強力なカードではあるが、アタッカーとの組み合わせを前提とした所謂コンボカードなので、それらが一気に手札に来ると無駄牌になりかねない。

ジラーチがバトル場にいる状況ならまだ復帰は可能なものの、前述のアローラベトベトンがいるとそれすら許されず、高確率で止まる。どちらも高確率で行ってくるルガゾロは最悪の相手と言ってもいい。

そうでなくとも現環境においてハンドリフレッシュはほぼ必須でどこからでも飛んでくる可能性があるので、これに対する回答は用意しなければならない。


解決手段1:動きに繋がる札を厚めに採用する

ハンドリフレッシュ後にもしっかり動き出せるよう、サポートを中心に動き出すためのカードを厚めに採用しておくのは有効だと思う。

色々なカードが採用しやすいのはジラーチサンダーのメリットだが、その枠が多すぎると噛み合いが悪くなり、デッキの動きを阻害する。普段の事故率にも影響するので意識して損はない。

この点において基本エネ型はUB型よりも安定しており、そこが気に入っている。CL新潟でもギリギリで変更する前のリストでは厚めにサポートを採用していた。

一方サポートが多すぎても手札で腐るケースが多く、塩梅は難しい。なるべくなら他のサポートを優先したいが、ドローサポートがないと手札が枯渇した時に苦しむことになる。

一つ考えているのはポケギア3.0の採用。無駄にサポートの種類を増やすよりも、肝心のカードを引き込みやすくできるかもしれない。ジラーチでもアクセスでき、使いやすい。


解決手段2:デッキをしっかり圧縮する

これはプレイングにおける注意かもしれないが、手札を無駄に溜め込んでいるとハンドリフレッシュのダメージは大きくなる。そのため、不要なカードはあらかじめトラッシュしておき、手札とデッキの質を高めておく。

例えばジラーチを使わない相手に対するアブソル、対ウルネク戦での2枚目以降のジラーチなど、必要でないケースは絶対に存在する。

こういうカードはハイパーボールのコストにしてしまったり、トキワの森でトラッシュしてエネルギーに変換しておくといい。

ダメカンをばらまいてくる相手以外ならサンダーをあらかじめ出しておいてもいいし、エネルギーはつける余裕があるなら他のポケモンにつけておく。カプ・コケコ◇を使わずともエアロトレイルでかき集められる。

細かい差ではあるが後半で大きく響いてくるので、常に不要牌を捨てておくのを習慣にしたい。


以上、現在特に重く見ている課題とそれに対して今考えているアプローチを洗い出した。

これ等は基本エネ型に絞った場合の話だが、UB型も含めて視野を広げればよりいい回答がある可能性はあるし、これからも環境で見かける相手だろうから考察は続けたい。

先日の課題は早速実戦で検証段階に入ったので、またの機会に答え合わせとして記事に書く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! これからも頑張ります!
5

へる

環境考察_2019シーズン

チャンピオンズリーグまでに発売されたパック毎の環境考察です。タイトルの左側にはその記事を投稿した時の目標大会が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。