【デッキ試運転】ペルシアンゾロアーク【ダブルブレイズ】

こんばんは。へるです。

今日はペルシアンGXとゾロアークGXを組み合わせたデッキを作成し、検証した結果を紹介します。


検証内容1:ペルシアンGXの性能

カード判明当初は「タッグチームが環境にいる状態ではスペックは大人しめであまり強くない」という認識だった。

ふくしゅうはタッグチーム相手だとイマイチダメージが物足りず、条件も割と厳しい。GX技もかなり控えめだと思う。

しかし特性キャットウォーク自体は優秀なので、メインアタッカーというよりも何かの相方として採用できれば活躍できるのではないかとなんとなく考えていた。

そんな中でゾロアークGXと組み合わせたデッキタイプの上位入賞率が上がっていることを知って興味を持ったものの、自分でゾロアークGX系統のデッキを使ったことが殆どなかったので躊躇いがあった。

対ルガゾロの練習は散々やってきたが、いずれも使い慣れたプレイヤーにお願いしており、自分では軽く触るくらいだった。洗礼されたデッキタイプの場合あまり立ち回りを知らない自分が使うのと、熟知した人に使ってもらった時での強さが段違いだったので、付け焼き刃では本当の相性差を理解できないと考えていたからだ。

が、CL千葉ではそんな怠慢によって痛い目にあっていたので流石に自分でも使ってみようと思い立つ。ダブルブレイズのカードを調査する為にもちょうどよかった。

本業の忙しさによって炎デッキ以外の調査が大幅に出遅れてしまったのは残念だったものの、環境で結果を残したデッキを確認できたおかげで調査の時間が短縮できるのはありがたかった。


検証内容2:トリプル加速エネルギーの性能

使い捨てとはいえ一度に3エネ用意できるカードはやはりインパクトがあり、サーナイトGXやハピナスで大きな影響がありそうだと感じた。

しかしペルシアンゾロアークでは両アタッカーに使える疑似的なダブル無色エネルギーとしての使い方がメインらしい。

確かにデッキに4枚しかないエネルギーに攻撃できるか否かを託すのはいくらゾロアークGXでも課題だったようで、これまでの練習でもエネが引けずに攻撃できないシーンも多々目撃していた。

それをかさ増ししてくれるカードが登場したとあっては採用する価値は大いにある。よって今回はトリプル加速エネルギーそのものというよりは、ダブル無色エネルギーの代わりとして使えるかどうかを軸に検証していく。


リストについて

■ あくまでベーシックな形に寄せる

ゾロアークGXを採用したデッキはとりひきによって取れる選択肢が大幅に上がるので、環境に合わせたメタカードやコンボカードを採用しやすい。
ゾロアークGXを採用したデッキはとりひきによって取れる選択肢が大幅に上がるので、環境に合わせたメタカードやコンボカードを採用しやすい。

しかしそれ故にデッキの根幹で必要なカードが理解しづらく、いざ改良しようとした時にどのカードがどこまで必要なのか判断できない恐れがある。

よって今回は基本的なカードの採用に留め、局所的なメタカードを採用したリストにはしない。おそらくルガルガンGXや他のアタッカーを用意した方が強いが、基本戦術の地続きとなる拡張的な物のみ使う。

検証中にこの相手がきついと分かればその分対処するカードを検討できるので、まずは標準的なリストでどのデッキに有利不利がつくのかを調べる。


■ ウツギ型かボール型か

ゾロアークGXを複数用意し、かつライオットビートのダメージを安定して叩き出す為にも、序盤から進化前たねポケモンを並べておきたい。

ゾロアやニャースがHP60なのでウツギ博士のレクチャーが使えるものの、今回はボールに寄せて最初のターンはリーリエを使うタイプにした。

特定のポケモンを一気にサーチできるウツギ博士のレクチャーは非常に優秀なサポートだが、次のターンゾロアークGXに進化できないと手札のリソースが不足してしまうのが気になった。

その点リーリエなら展開しながら手札の補充ができて動きに無駄がない。引けるカード数も多いのでゾロアークGXに自然にアクセスできる可能性も高い。

とはいえサポートや進化先のポケモンが集まってうまくドローできなかったり、ボール系が引けずに全くポケモンが並べられなかったりというブレもある。

今回は動きが使い慣れているということで一度ボール型に寄せるが、このデッキ=このタイプという固定概念には当てはめないでおく。


検証結果1:ペルシアンGX

■ メリット

いざ使ってみるとキャットウォークのあまりに強力すぎるサーチ性能に驚かされることになった。デッキ内に回答を用意しておければ確実に確保できる。

XY時代には似た役割のセンパイとコウハイが存在したが、あちらと違ってサポート権を消費しないのがその強さに拍車をかけている。

アセロラをサーチして耐久、ククイ博士やグズマをサーチしてフィニッシュなどただでさえ選択肢の多いゾロアークGXとの相性は抜群。やりたいことが高確率で実現できる。

ふくしゅうもとりひきで不要なポケモンをトラッシュすればあっさり打点が出るし、条件を最大まで満たして強化もりもりで撃てば240ダメージに届くので意外と倒せる範囲が広い。

何よりルガゾロではデスローグGXくらいしか一撃必殺を撃てなかったのに対し、こちらはGX技権を温存したままの高打点が用意できる。これが非常に大きいと感じた。デッキの動きに関与してくれるマニューラみたいな印象だろうか。


■ デメリット

レシリザのように一撃でこちらを倒してくるHP270族には流石に厳しいので、デッキリストを変更する際はこの辺りに対するメタカードを追加することになると思う。

ゾロアークGXと共に闘弱点なのも辛く、タッチで採用されやすいマッシブーンの的になってしまうのも難点。地味に闘プッシュが来ているのも怖い。

また、カードデザインの性質上中盤以降からしか役割を持てない。使用できる回数も実質的に限られているので、現物を多く採用するよりも共通のアクセスカードを増やすのが無難。


検証結果2:トリプル加速エネルギー

ダブル無色エネルギーの代用として使えるカードが増えたことで攻撃できない状況が大幅に減ったものの、

・使い捨て前提
・あらかじめ進化前たねポケモンにつけられない

と無視できない欠点もあった。特に後者はリーリエを使う際に手札を減らしづらかったり、空いた手張り権を持て余したりするので、窮屈な動きを強いられる。

また、せっかく攻撃したとしてもそれは一時凌ぎで、結局次のターンには別のエネルギーが必要になる。返しのターンでGXポケモンが倒されていればキャットウォークでカバーできるが。

とはいえ、エネが引けずにゾロアークGXが殴れないという事故を減らせるだけでもかなり価値がある。ペルシアンGXの道具枠を他に割きながらふくしゅうできるのも強い。

序盤ダブった時にかなり困るので採用枚数は検討したい。


余談だが、敬遠していたこのタイプのデッキを使ってみたら実に面白かった。選択肢が多いと取れる行動の幅が広く、可能性に満ちている。

この感覚はジラーチサンダーに近く、軸となるポケモンが決まっているおかげでデッキリストに様々なカスタマイズが施せる。

練習にムラが出ないよう、ルガゾロも含めてしっかりと使い込んでいこうと思う。

明日に続く。

(今までの試運転デッキまとめは以下のマガジンから)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 読んでいただけて嬉しいです…
10

デッキ試運転_2019シーズン

新カードの使用感を確かめた調整過程・結果の記事まとめです。右側の【】にはその記事を投稿した時の発売パック名が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。