【環境考察】モクナシの相方模索【スカイレジェンド】

JCSまであと16日。

モクナシの相方を色々試していたので、それぞれの感想を書いていきます。


クワガノン(ストロングチャージ)

モクナシへの加速手段その1。デッキからエネ加速できるのが非常に強力。デンジを無理なく採用できるので見た目よりも安定感がある。

レックウザGXやシェイミ、フェロマッシといった強力なサブアタッカーを利用しやすい上、クワガノン自身が殴っても結構強い。

代わりにエネ管理が難しく、草と雷エネルギーを採用しなければいけない。枯渇も早いのでエネルギーリサイクル等入れたいことを考えると、デッキスペースの圧迫が厳しい。

個人的に一番好きな相方。


フシギバナ(みつりんのぬし)

モクナシへの加速手段その2。草エネを実質二倍にしてくれるので加速としては十分だし、クワガノン型と違ってデッキスペースに余裕が生まれる。

反面フシギバナ自体は火力があまりないので、サブアタッカーとしての役割はクワガノンに劣る。また、手張りの重要度が高くなるので、そもそもエネにアクセスできないと厳しい。

とはいえ、タッチで採用されるフーパに対しては向こうも一撃で倒せないので、突破役は果たせる。空いたスペースに回復手段や妨害手段を搭載すれば、クワガノンと違った搦め手での戦いが可能。


アマージョ(じょおうのほうび)

モクナシへの加速手段その3。トラッシュからエネルギーを回収してくれるので、必要最低限のエネで粘り強く戦える。

まんたんのくすりが使いやすかったり、逃げて他のモクナシにバトンタッチするのが簡単だったりと独特の立ち回りができる。

逆にエネをトラッシュに送れないと加速できなかったり、アマージョ自体を複数並べないと復帰が面倒なことから、前者二つよりも使いづらさが目立った。

採用しているカードの役割から、アマージョを狙われた時の影響力も地味に大きい。


ラフレシア(にがにがかふん)

特定のデッキに対しての痛烈なメタカード。無対策のたね主体デッキなら文字通り完封できる。

TAG TEAM環境である限り一定の強さは維持されているし、スーパーグロウであっさり立てられるのでハードルも相当低い。

逆に刺さらない相手には全く役に立たないが、ラインを削ると欲しい時にサイド落ちして用意できないというジレンマが待っている。

とはいえこのカードの存在がモクナシの大きな強みになっているのは間違いない。他のカードとも無理なく共存できる。


ジュナイパーGX

攻撃以外の手段でダメカンを蓄積させられる。モクナシがテテフを倒せるようになったり、サイドを複数取りする戦術が取り込める。

…と思っていたのだが、実際試したところテテフを倒せるようになる以外に大きくメリットはなかった。モクナシは大体確定二発で倒せてしまう。

サイド複数取りも他にベンチ狙撃系の技を持つポケモンが入ればできたかもしれないが、モクナシは正面から攻撃するだけなので噛み合わない。進化せずにのんびり待ってくれるほど現環境は遅くない。


ジュカイン(ネイチャーパワー)

基本ラフレシアでよかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 何かの参考になれば幸いです!
1

へる

環境考察_2019シーズン

チャンピオンズリーグまでに発売されたパック毎の環境考察です。タイトルの左側にはその記事を投稿した時の目標大会が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。