【デッキ試運転】ベトベトカラマネロ【ダブルブレイズ】

こんばんは。へるです。

今日はベトベトン&アローラベトベトンGX(以下ベトベト)のデッキを作成し、検証した結果を紹介します。


検証内容1:ベトベトの性能

炎タイプの猛プッシュが目立つダブルブレイズだが、一方で闘タイプにおける格闘道場のように侮れない強化を受けているカードもあった。

あらかじめ一通り試してみるつもりだったものの、このカードもマシャリキーと同じく、初見ではあまり強そうに思えていなかった。

しかし状態異常のような搦め手をメインウェポンとしたタッグチームはセレバナくらいなので、単純な攻撃寄りのタッグチームより可能性を秘めている気がする。セレバナと違ってエネ加速手段に優れており、回復手段を入れやすいのもいい。

毒のダメージが非常に高いのもポイントで、維持できれば見た目よりも大きなダメージになる。

HPも逃げエネも重量級なのでムキムキパッドを使え、自前の技で回復までできる自己完結っぷり。高耐久を活かして戦うプランが取れそう。


検証内容2:ダストアイランドの性能

前述の通り入れ替えられさえなければ毒のダメージでがっつり削れる。非GXポケモンであれば簡単に倒せる。

しかし状態異常は逃げるや進化、ベンチ入れ替えであっけなく解除されてしまうのが最大の難点。ダメージ量で言えば進化前たねポケモンは倒せるだろうが、逃げるやベンチ入れ替えに関しては手段が豊富な割に条件が緩すぎる。

そこで入れ替え手段に関してはどうにか防げるように同パックで登場したダストアイランドでどうにかできるか確認することにした。

トレーナーズの効果で入れ替えたとしても毒が引き継がれるので、特定のポケモンを倒し損ねたとしてもどくしゃぶりの追加効果発動には使える。

とはいえ相手に選択肢を委ねてしまうカードではある為、想定通りの役割を遂行できるか確認する。


リストについて

■ デッキ基盤を耐久に寄せる

超エネが技のメインな要求エネなので、カラマネロによるエネ加速が行える。これはセレバナにはない利点。

エネ加速が継続して行える分どくしゃぶりでカバーしきれないダメージはまんたんのくすりで帳消しに、さらに一撃で倒されないようにムキムキパッドを採用した。

耐久するのにはまんたんのくすりだけだと間に合わない可能性があるので、できればどくしゃぶりを積極的に使いたい。そこで能動的に毒状態を作れるようキョウの罠を使う。

サポートとしての性能はあまり有能ではないものの、他のカードでは毒状態を作り出すのに受動的なものが多いのでやむを得ない。見落としがある?


■ 脇を固めるアタッカーを採用

超エネをメインに使えるので非GXアタッカーとしてギラティナを採用し、ベトベトで補いきれない相手を任せられるようにした。

また、ダストアイランドの存在も含めて毒のダメージが全体に拡散する可能性が高い。一体一体をグズマで狙い撃ちできるほど器用なデッキではないので、最後にまとめて一気取りできるようにマジカルスワップのカプ・テテフも組み合わせる。


検証結果1:ベトベト

毒状態からのどくしゃぶりがかなり強力で、中打点以下のポケモンを否定できる。一度型にハマった時の耐久性能はタッグチーム内でも随一。

単純に攻撃してサイドを取るだけではないのがミソ。例えば逃げづらいポケモンを縛った上で毒状態で落とし、返しのターンでさらに攻撃してサイドを取れれば実質取れる枚数が増えたのと同意義になる。

GX技は強化状態で撃つことを固執していたものの、何もつけない状態で使っても結構強い。毒でダメージの調整をしつつマヒで逃さないプランが取れるので、相手からすれば嫌な二択を迫られることになる。

しかし耐久しきれない程の高火力持ち相手には分が悪く、青天井火力持ちはムキムキパッドなしでは若干怖い。相手を一撃で倒す術がないので、無理やりゲームスピードを合わせられると追いつけない。


検証結果2:ダストアイランド

毒状態を維持できるのは他にはない効果なので、その点においては有用。バットポイズンやベトベトミックスGXでダメカン量が上がっているなら尚更おいしい。

しかしスタジアム故に割られやすいのが欠点。現環境ではスタジアムの採用率が高いので尚更厳しい立ち位置。

また、これ単体では何の役割も持てないのが厳しいところ。トキワの森だったら動き出せたのにと思うこともしばしばあった。

何よりゼラオラGXやエスケープボードをつけたジラーチのように、あっさり逃げる手段を確保している相手では何の意味ももたない。

総じて無理して使うほどのカードかは怪しいと感じた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 毎日更新しているので、また見てください!
9

へる

デッキ試運転_2019シーズン

新カードの使用感を確かめた調整過程・結果の記事まとめです。右側の【】にはその記事を投稿した時の発売パック名が記載されているので、環境の参考にしていただけると幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。