さてと。。。(竹団鉄道膝栗毛篇1)

さて、準備に時間が掛かってしまい遅くなりましたが(朝まで準備してなかったw)大宮に到着~。ここから旅をスタートしたいと思います。まずは前から一回行ってみたかった所へ出発でーす!やっほー!
電車でゆらゆら揺られて宇都宮駅へとうちゃーく!
今日の目的地はもうちょっと先なのですが、一時間弱の待ち時間が発生~。もちろんお昼は餃子ですw。
『はぁ、ここまで来ると駅のドアは自分で明け閉め出来るボタンが付くんだなー』なんて思いながら、日光線に乗って日光へ。日光東照宮へ行く予定だったのですが、ここでウッカリ発動~!調べてみたら拝観時間が16時までで、現在15時でようやく日光駅。ちゃんと見れる時間が取れなさそう…どうしようw!
結果、今夜の宿は日光となりましたw。明日こそはリベンジしたいと思いまーす!
日光東照宮はもう間に合わないと聞いて、そのまま宿で過ごそうかと思ったんですが、なんとなく東照宮までの道のりを歩いてみることにしました。本当は大きな街道を進めば一直線なのですが、あえて横道にそれながら。川沿いには大きなゲートボール場がありまして、橋の向こうには山頂に雲が掛かる絶景が見えました。あー、やっぱり泊まって良かったなーとw。
駅の観光案内の方には「20分くらいで着きますよー」と言われたのですが、あちこちウロウロしてたら1時間くらい掛かって到着しましたw。来てみて初めて分かったのですが、東照宮の拝観時間が終わってて全然入れないと思っていたのですが、門の手前までは行けるですよね。むしろ入り口からどんどん進んで行って『え、ここまで入っても大丈夫なの?』と心配になるくらい奥の方まで行くことが出来ました。そして時間が遅いため人がほとんどいない所で参道を歩く事が出来たため、何だか得をしたような気持ちになりましたw。
境内でいろんな所を写真に撮っていたら、ずいぶん日も暮れてしまって慌てて帰ってきました(明日が本番なんだからここで力を使い果たしてどうするw)。帰りは素直に街道沿いを歩きながら帰ってきたのですが、そこで目にする『ゆば』の文字。今更ながらに日光の特産品は湯葉なんだなーと認識しておりましたw。晩御飯どうしようかなーと思いながら帰ってくるとホテルの向こう側に明るい光が。そう『リオンドール』というスーパーがあったのでした。これ幸いとお惣菜を買って晩御飯にすることにしました。先は長いのでちょっとでも節約しないとーw。
今日のおさらいです。あとおまけに『140字のレターボックス』では、付け加えたIDが違ってて全然関係ない人にリプライが届くというミラクルも達成しましたw。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

悪い気はしない…
65

noteアーカイブス “雑学” Vol.1

noteユーザーが投稿したテキスト&トークで、私が気になった作品を保存したマガジンです。ジャンルに囚われない作品を“雑学”としてまとめて保存しています。平成29年(2017)9月15日以降に投稿された作品を集めました。

コメント14件

日光鬼怒川温泉駅から徒歩で行けるとこに吊橋があったような。。。渡ると変な神様がいたような。縁結びだったかな〜😆←アバウト情報
私が日光へ訪問したときの画像をnoteに投稿しました。余計なお世話かもしれませんが参考にしていただければ幸いです。https://note.mu/seigenyamamoto/n/n00c961da085a
MA3さん。
そっか、言われてみれば鬼怒川温泉って日光でしたねー。本当盛りだくさんだーw!
吊り橋で縁結びって『ドキドキしちゃうのが恋と錯覚しちゃう』という吊り橋効果みたーいw。
Seigenさん。
わー、ご丁寧にありがとうございまーす。時間の都合上行けるところは1個か2個くらいだと思いますが、考えてみたいと思いまーす!私と違ってすてきな写真ばっかーw!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。