年収1,000万円は誰でも稼げる。しかもノーリスクで。3年あれば君もエリートだ。

嘘まみれのネットにあふれる情報にドロップキックだ

俺は憤っている。ここ2年くらい、ずっと怒っている。何にか?それは自己利益のために会社員をdisり、将来ある若者の可能性を食いつぶしてるネットのプチ有名人達にだ。会社員はダサいだの社畜は何だのって言葉を撒き散らし、人の不安を煽り、自分は安全なところから高みの見物だ。

彼らに足りないものはなにか。組織で成功した経験、その便益に関する知識だ。そしてそれは自分でビジネスを作り成功するよりも再現性があり、彼らのような特殊な才能も必要としない。

俺は田舎の自営の家で育った。あまり裕福じゃなくて教育は全部公立だ。だがあるときサラリーマンてやつを徹底的に研究して、こいつはいいって気付いて、そこからはあっという間に年収1,000万を超えた。親父が家で金策に汲々としてる姿を知ってたから、リスクなしでこんなに楽に稼げちまうことに笑ったこともある。定時退社を半年続けた後で満額の冬のボーナスが口座に振り込まれた金曜日だった。

こういう時代だから、年収1,000万円に夢があるんだ

サラリーマンがモテないってのも嘘だ。俺は芸能人、ミス、オフィスで一番の美人、片っ端から付き合ってきたが、仲良くなってから「経営者じゃないとダメだ」とか「年収は3,000万円ないと」とか言う女は皆無だった。みんな躍らせすぎだ。ああいうのは自信のない男を足きりするための戯言に過ぎない。おっと話が逸れちまったな。

とにかく俺は、お前らに声を大にして言いたい。変な副業に色気を出す暇があれば年収1,000万円を目指せ。その過程で身につくスキルは一生物だし、組織で働くってことは単年じゃなくて”生涯年収”を前提にした報酬を貰うってことだ。今お前が25歳なら、3年で年収1,000万円を突破して、30年働くなら、その努力は3億円に匹敵するってことだ。今はみんな、腑抜けたクラゲみたいになっちまってる。組織での出世は誰も狙わないブルーオーシャンなんだ。

もう一回言うぜ。年収1,000万円は誰でも稼げる。しかもノーリスクで。3年あれば君もエリートだ。

ここからは年収1,000万円に向けての具体論の骨子だ。

年収1,000万は誰でも稼げる。ただ、ちょっとしたコツが必要だ。数は多くない。3つだけ覚えてほしい。

この続きをみるには

この続き:3,120文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンを購読すると、月に1~3本の有料記事(2,940円~8,940円)が月極め定額(1,980円)で全て読めます。

ノーリスクで年収1,000万円に到達する方法、維持する方法、そこから更に高みに上る方法、そして金の使い方。伝授するぜ。

または、記事単体で購入する

年収1,000万円は誰でも稼げる。しかもノーリスクで。3年あれば君もエリートだ。

田中のnote「年収1,000万円クラブ」

1,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

99

田中の「年収1,000万円マガジン」5月号(2018年)

ノーリスクで年収1,000万円に到達する方法、維持する方法、そこから更に高みに上る方法、そして金の使い方。伝授するぜ。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。