Universal Audio 1176LNからプロオーディオ機材を①

はじめに

DTMerに伝えたい。
実機全般に、プラグインと掛かり方が違うんですよ。(唐突)
思うに、名だたる名機は良い掛かり方をするから業界で使われてきたし、良質なプラグインが多く出ている今なお使われる。何かしら訳があると思うんです。

実は自分は実機を持っているわけではありません。正直プラグインラブな人間です。
でも、実機を聴く機会にあふれ、ある種の実感のようなもをもちました。
プラグインのなかにも、〜をモデルに といったモノがありますよね。あれでも良いんですよ。

スタジオで見かけるのであろう1176。これの音は皆さん知らず知らずの内にきっと聞いています。今回はそんな1176からプロオーディオの世界の沼に引きずり込もうと思います。

1176

詳しくはこちら
今日はかの有名なuniversal Audio社の1176の紹介を。こちらは、もともとUrei社から発売されたものの復刻です。
言わずもがな、どこのスタジオにも置いてあると言われるくらい有名なコンプレッサーですね。

Vocalはもちろん、ベースや、ピアノなんかに噛ませても面白い。アタックとリリースが可変なので、意外と万能です。

この手のコンプはヴィンテージ感が売りですが、まさにその代表格。
音の質感という点で色はつきますが、
いかにもな感じではなく、それが良い。

Cubaceの標準プラグインのなかに、
Vintage compresserといった名前でついています。質感は似たところがあるので、ぜひ試して見て欲しいです。自分は普段はUADの1176を使っています。

コンプレッションを大きくかけても、
破綻が少ないです。
実機のコンプって割とそういう印象。

こうした、コンプの”掛かり方”といったところが、プラグインと違いが出やすいところなのかなと思います。

続く


#DTM #音楽 #プロオーディオ #ミキシング

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

しゅなうざー

曲を作ったり編んだりしています。ここでは、浮かんだ曲を素直に上げていこうと思います。http://hgschnauzer.com/

プロオーディオを知ろう

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。