見出し画像

【自己紹介No.6】 長谷川 博章(代表取締役)

こんにちは。RELATIONSの代表をやっている長谷川(@hhiro1224)です。
寿司職人のあきらからバトンが回ってまいりましたので、自己紹介させていただきます。

何から紹介しようかと考えたのですが、まずは趣味がいいのではないかと思いました。ただ、普通に趣味をご紹介するだけでは「ふーん。そうなんだ。」程度だと思うので、大学時代の趣味と比較して見ると自分らしさが出ているのではないかと思いました。

というのも、大学時代の自分を知らない人は、大学時代の話をするとかなりの確率で驚きます。過去も含めて全部自分のなので、臆せずに自己開示していきたいと思います。

(大学時代の趣味)

「飲み」
勉強もする気がなく、ひたすらに大学の仲間と話したり、飲んだりするのが好きでした人に関心が強いのは、今も変わらず。この辺はあとでも出てきます。
「DJ」
いろいろと動機はあったのですが、モテるためにDJやっていました。髪型は、アフロだったり、ソフトドレッドだったりと気が向くままに選択していました。
「ヒッチハイク」
毎年、夏に大学の仲間と恒例の淡路島ヒッチハイク旅行。20人前後のメンバーで、テストが終わり次第行くのですが、その開放感が最高でした。
「たばこ」
毎日20本くらい吸っていました。学生時代でもそうですし、社会人でもタバコ部屋でのコミュニケーションはすごく役に立ちました。第一子が32歳の時に生まれて健康のことを考えて、禁煙しました。

画像1

人と違うということを表現するなど少し尖りたい年頃だったのだと思います。趣味の大半も仲間との時間を育むものが多く、人と関わるのが好きでした。その人が、どういった人生を歩んできたのか、これから何をしていきたいのかは今でも大好物です。そして、一緒にいる仲間が大好き。そういう部分は今にも引き継がれているのかなと思います。

(現在の趣味)

「ランニング」 
月100kmのペースで、この7年間続けています。マラソン大会などには特に興味はありません。家付近の川沿いのコースを季節の変化を感じながら走るのがすきです。以前は、500mくらいの距離でもタクシーに乗ろうと言っていました(笑)
「瞑想」
毎朝、30分程度やっています。隙間時間や移動時間なども。やると色々スッキリします。
「読書」
人そのものに関する関心が高まり、哲学、脳科学、心理学、意識、組織開発、人材開発、リーダーシップ、マネジメントなどを月10冊程度読みます。学生時代はマンガは好きでしたが、本を読むのは好きになれず、ほとんど読まない人でした。
「子育て」 
子どもの成長を実感することが日々のエネルギー源になっています。自ら目標設定してもらって、そのサポートをしたり、対話したりしています。子どもの場合は、吸収力や変化への適応速度が早いので、日々驚きの連続です。

画像3

大学時代からの変化は客観的に見るとすごく急激ですが、その時々を真剣に楽しみながら生きていたらこんな感じになりましたw
こんな私ですが、宜しくお願いします!

1,経歴

自分の生まれた環境で、特徴的なことの一つは、おやじもおじいちゃんも起業家だったことです。親戚も起業家が多く、正月の集まりは仕事の話のウエイトがすごく高かったです。

おやじは、不動産関連の事業を展開しておりました。バブル絶頂期は、マンションを所有し、その最上階を自宅として改装し、広さが250平米くらいあるような家で住んでいました。入り口から大理石で特別仕様でしたwバブル崩壊によって少し痛い目を見るものの、かなり贅沢な幼少期を過ごしていました。

おやじの事務所が、マンションの2階にあり、暇を見つけては、そこへ遊びに行き、事務のお姉さんに遊んでもらうことが日課のようになっていました。おやじの会社を子供ながらに見ながら、中小企業ならではの悩みや人間関係のドロドロした感じも結構鮮明に覚えていたりします。

あと、もう一つ特徴的なことは、3世代家族で、育ったことです。私のおじいちゃん、おばあちゃん、おやじ、おかん、妹、居候の親戚という家族構成で、いろいろな人間を知れたことが今の性格の形成につながっていると思います。おやじは、極限まで自由奔放にさせてくれたなと感じています。どんなことを言っても受け止めてくれていたように思います。大家族やおやじの特性が、人に興味を持ち、自由に自分の好きなようなやりたいという気質が生まれた要因だと自分では感じています。

大学時代の話も少ししましたが、当時の自分は、なんか真面目に働くということがかっこ悪いし、なんか自分がそんなことをやっていくイメージがつかず、就職活動は正直いやでした。なんで今決めなあかんねん的な思いもあったと思います。意識低い系の学生だったと思いますw

画像2


色々と迷っていたときに、おやじが知り合いの中小企業の社長の人たちとの食事会に誘ってくれました。そこで社会も知らないガキが生意気なことを申し上げ、適切なお叱りを受けてスイッチが入り、最終的にベンチャー・リンクという会社に入社しました。2012年に事実上の倒産となった会社なのですが、当時、そのキャッチコピーに一目惚れでした。それは、「企業家輩出機関」という言葉です。幼少期のおやじやおじいちゃんを見ていたこともオーバーラップして、自分もいつか起業したいという思いもあり、「これや!」となりました。

2003年3月 関西学院大学 総合政策学部卒業
2003年4月 ベンチャー・リンクに新卒入社
 フランチャイズの加盟開発営業 4年
 海外のフランチャイズ開発営業 1年
 鈑金修理フランチャイズ事業の責任者 1年
2009年2月 RELATIONSを創業。そして今に至る。


前段が長かったですね。
いよいよ、入社をすることになりますが、大学時代の趣味を見ても分かる通り、働くことは趣味程度で、本業は、仲間とええ酒を飲んで、楽しく暮らせればそれで良いと当時はほんまにそう思ってました。そんな甘ちゃんが、ベンチャー・リンクに入社すると、様々なカルチャーショックを受けることになります。

ベンチャー・リンクって知っている人も少なくなってきているかもしれませんが、「ほんまもんのブラック」でした。今だから時効だと思うのですが、平気で朝3時ごろまで仕事して、寝袋で寝て翌朝9時から働く的なのが私の職場では常態化していました。本当に優秀でタフな人が多かったです。一番の思い出は、配属初日に終電で帰ろうと駅へ向かっていました。その時に、上長から電話が鳴り、「俺まだ帰ってへんけど」という恐怖のラブコールを受けたことを今でも覚えています。えらいところに就職したなという感覚でした。

そんな自分が変化したのは、7月7日、七夕です。入社して3ヶ月が経とうとしたときです。実は、大学3年生のときにがんと診断を受けていたおやじが、闘病の末に他界をします。56歳という若さでした。今生きてたら一緒に朝まで語りたいと心から思います。自分にとっては本当につらい、早すぎる別れでした。この出来事が自分を大きく変化させてくれました。自分が家族を支えないといけないという自覚や責任が芽生えました。そこから、ブラックの巣窟(笑)のような場所で、自分の限界へ挑む生活をすることになりました。がむしゃらに働いて2年目でセールスマンオブ・ザ・イヤーという全社のセールスの2位を取ることができ、3年目に1位になりました。

成果を創出することができ、達成感はあったものの、あまり持続しませんでした。給与は増えたり、褒めてもらえたりするものの、なんか物足りない感じが続きました。それは、自分の未熟さもあるのですが、売上や利益の成長を第一に求め、顧客を置き去りにしているケースが全社的に目立ち始め、理念との整合性を感じづらくなっていたからかもしれません。そんな状況でしたので、自分でも「なぜ働くのか?」ということへの答えがしっかりと咀嚼しきれていなかったことが大きな要因だと思っています。


2,なぜREを創業したのか


そんな中で、26歳のときに鈑金修理のフランチャイズ事業の責任者に任命をされます。この出来事がRELATIONSの創業へとつながっていきます。下記にも記載しているので、よければご一読ください。

まずやったことは、鈑金修理のフランチャイズの加盟営業です。ここは、得意領域なので、すごく順調に進みました。関西を中心に5社契約を頂戴しました。そして、立ち上げ支援を一気通貫でやっていくことになります。

ここで、大きな問題が発生します。鈑金修理のフランチャイズ本部とベンチャー・リンクとの間で事業シミュレーションにおける認識の不一致が発覚しました。お客様に当初提示していたシミュレーションと事実が一部違っており、その情報で契約をしていました。

すでに人も採用し、事業はスタートし始めているので、ベンチャー・リンク側の人員を追加投入する意思決定をし、新卒メンバー中心に20名の体制で立ち上げ支援をしていくことになりました。

進むべき道がはっきりとし、退路を断って、一心不乱にお客様のために支援するのは不安でしたが、逆にめちゃくちゃ楽しかったです。直也の自己紹介にもありますが、当時は立ち上げるためには何でもやりました。ゼロベースからリストを作成し、テレマしたり、大阪市内中を自転車で奔走し、鈑金工場や保険代理店(自動車の修理依頼をもらうため)に飛び込み営業をしたり、皆で試行錯誤しながら事業の立ち上げに奮闘する毎日でした。

私も26歳だし、メンバーも新卒1年目のメンバーが大半だったので、はちゃめちゃでトラブルしか起こらない日々でしたw体はめちゃくちゃ疲れていましたが、でも不思議と心はすごく充実していました。当初怒っていたクライアントも自分たちが懸命に働く姿を見て、むしろ協力をしてもらえるような関係性になっていきました。

意義と仕事が結びつき、素晴らしい仲間がそこにいる。そういう状況が揃えば、爆発的な成果が出るし、かつ、楽しい、という体験をすることができました。今の「ええ会社をつくる」というミッションにも強くこの体験が紐づいています。

そして、さらに、もう一波乱が起こります。ベンチャー・リンクの業績が急激に悪化をし、当時の人員体制を維持することができなくなりました。会社としての判断は、20人中私を残して19名を別会社に出向させなければならないというものでした。

私は、お客さんの顔を思い浮かべると、ここで支援を止めるのがどうしてもかっこ悪く感じましたし、将来的に後悔しそうだと感じました。その話を当時のメンバーに話をし、共感をしてもらって、最終的には8人のメンバーで起業することを選択しました。「当時支援しているお客様との信頼関係」「起業したメンバーとの信頼関係」を重視したいという想いから「リレーションズ株式会社」という名前にしました。

それが今のRELATIONSのはじまりとなります。

3,RELATIONSでの業務内容


ここでは、業務内容よりは、自分自身の内面的な変化を少し書いてみたいなと思います。RELATIONSでの10年間は自分の内面を少しずつ掘り下げる時間だったように感じています。

自分の場合は、組織やコミュニティに信頼関係があることが重要で、一人ひとりがありのままに存在することを大事にする人なのだと思います。これは、三世代家族の中で育ったことや大学時代の経験が強く影響していると思います。家族や友人、学校などは、利害関係が少ない環境下なので、良好な関係性を構築しやすいというのもあり、自然体の自分で居ることができていました。

一方で、社会に出て、会社に入ると成果を第一に追い求めたり、給与や評価などいろいろな利害関係を気にしたり、物事への執着などが生まれてきます。そうすると、人間らしい関係性が構築しづらいことに大きな違和感を感じていました。しかし、成果をあげるためには、自分も成長しないといけないし、チームから必要とされないのではという焦りを常にもっていました。だから、自分にムチを打ち続けて走っていたような感覚があります。自分ができないとか価値がないというのを露呈するのも嫌で、それを回避するために努力してきたというのが心の奥底の本音だったように思います。

鈑金修理フランチャイズ事業の責任者やRELATIONSの創業経験を通じて、自分が追い求めていた関係性や組織はそこにはあったように感じています。しかし、これを成長しながら高いレベルで維持することはとても難しいことだと経営していく中で痛感しました。規模が拡大することにより、価値観は多様化するし、求められるスキルも変化します。自分の力不足を何度も痛感しました。

お恥ずかしい話ですが、実際にミッションも3回変更しています。

1回目:「人が地球とともに歩み豊かさを分かち合える未来を創造する」(創業1年後)
2回目:「b++(ビープラス)」 (創業3年後)
3回目:「ええ会社をつくる」 (創業8年後)

すごく壮大なものから少しずつ等身大の自分に内在している言霊に置き換わってきたように感じています。一つ一つのエピソードも面白いので、また、機会あれば聞いてください。特に「ええ会社をつくる」へミッションを変更したことは自分の中でも大きかったです。この記事に詳細が書いておりますので、よければご覧くださいませ。

「ええ会社をつくる」というミッションを掲げるまでには、1年位かけて全社で丁寧に対話しました。最後に、自分はこれしかないと思って自然と選択できた言葉になります。

そんな経緯もあってこの「ええ会社をつくる」というのが自分の心から生み出したい未来像と一致していて、日々この言葉に勇気づけられて、たくさんのエネルギーをもらっています。

こういう一連の体験をした結果、自分自身の執着を手放し、ありのままの自分を受け容れていくことが次第にできてくるようになってきました。いろいろな本でもこういった内容はよく書かれていますが、自分自身の経験として体感できました。人はどうしても過去の経験に縛られたり、自分を大きく見せようとしたり、利己的になってしまったり、誰しもそんな経験があると思いますが、結果として自分で自分を生きづらくしているように思います。心の底から楽しい人生を送っていくためには、自分の本当の声を聞き取り、そこに正直に生きていくことしかないなと思います。そういった意味では本当に恵まれた環境で過ごせたなと思います。今まで関わってくださった皆さんに感謝です。

誰かのために生きるのではなく、自分の心の声に正直に生きていく人が増えていけば、もっと人に優しく、楽しい世界になっていくのではないかと個人的には思います。一人でも多くの人が自分らしく楽しく働ける世の中にしていくためにも、「ええ会社」で溢れる世界を実現していきたいです。

4,次のバトンは…?

ということで次のバトンは、Wistantの責任者である「かるり」こと加留部(@yooya1939)です。

彼はRELATIONSに2014年に新卒として入社してきたメンバーです。入社直後にSELECKの立ち上げ、執筆においては、意味不明なかるりワードを連発し、生きた伝説となります。その後、Wistantの立ち上げをし、現在はチーム責任者をしていますちょいちょいカッコつけですが、独自の世界観を持って、ストイックに努力できるめちゃくちゃええやつです。お楽しみに!



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます。
17

hhiro1224

RELATIONS株式会社の代表です。「ええ会社」が社会に増えていき、一人ひとりが楽しく働ける社会になればうれしいです。

RELATIONSのまんま

RELATIONS株式会社の公式ブログです。ありのままに、飾りません。気が向いたらRELATIONSの日常をチラ見してください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。