見出し画像

”好き”を学ぶ(NFBオフ会で感じたこと)

「野球が好きです!」と言うと「どこのチームが好き?」と聞かれるのは当たり前かもしれない。でも、NFBの活動を通して私は「野球が好き」と言ったら「どういった見方をするの?」と聞かれる野球界になればいいな…なんて思っている。

~~

"好き"の楽しみ方は人それぞれで、たとえ同じものが好きでも、私の"好き"を好きじゃない人がいるかもしれない、もちろん逆のパターンもあるはず。

23日にNFBのオフ会に行った。
NFBという、コミュニティはゆるやかに様々な野球の楽しみ方を肯定している場所。

"やきう女子"と一括りにできるものの、中にはマスコット女子や、スカウト女子、色んな楽しみ方をしている人たちがいる。 

どんな見方であっても、自分が一番楽しめるのが一番!と考えている私にとって、NFBとの出会いは大きな気づきで、1歩踏み出すキッカケだった。

野球は勝ち負けが決まる勝負の世界。
でも、私は驚くぐらい勝ち負けに興味がない。そんな人間が野球を好きになるなんて…と自分でも驚くことがある。私はもしかすると、本来の野球が好きじゃないのかもしれない。もちろん、ゲーム展開は気になるけど、良いプレーをすればどんな選手にも拍手をしたいし、「すばらし~~~!」と叫びたい。陽気すぎる外国人選手をみては「ずっと日本にいてね!」と声をかけたいのだ。

勝っても負けても野球は野球」そんな言葉が私の心の奥底にあるのだと思う。

もちろん、すごく気になっている選手の行く末は気になるし、そんな選手のピンチのシーンなんかは心臓がバクバクして正座でテレビの前に座り、ただ祈るだけの時間を過ごすこともある。時には気になる選手の死球で涙を流し、今、どんな気持ちで登板をしているのだろうと考えては落ち込み、SNSのミュートワードを「〇〇 辞めろ」等のネガティブワードを全て設定し、私の好きな野球の世界を自分で作りだすことに必死になる時間すらある。 

これは自宅での野球の見方で、球場に行けば”野球”の楽しみ方はガラリと変わる、

オペラグラスを覗いて選手を見て、好きな外国人選手がベンチの中でノリノリでダンスしている所をみては、にこやかな気持ちになり、できるだけ座り心地の良い席に座り、球場独特で高揚する雰囲気を肴にビールを飲んで、選手の登場曲に一喜一憂して、自分の好きな曲を使う選手がいれば、どんな選手なのかを確認する。そして、帰りたい時間に席を立ち、気分がよければラーメンをすすって帰る。
そんな流れを送るのが好きだ。もちろん全てを行う必要はなくて、球場に行きボーっと"好きなことを楽しむ"ということが何より大事。 

~~

野球を好きになって、自分の”好き”を深く追求していくうちに、1球団が好きなのではなくて”野球全体”が好きなんだな…と気付くと同時に、やっぱりネガティブな発言がとっても苦手だとも感じた。

勝負の世界だから、ライバルチームがいる限りなんらかのネガティブ発言は仕方のないことかもしれないけど、やっぱり選手個人に対する暴言はどんな選手であっても「しんどいな…」と感じてしまう。

なので、この機会にSNSを作り直そう…とTwitterを一新した。自分の好きな環境は自分で作っていかないといけない。

自分の好きは自分で守り抜く義務がある…。私は学生時代からず~っと音楽が好きで、全国のライブハウスをめぐっていた時も「自分の見方」を優先させてきた。音楽には敵がいないのでそこまでSNSでしんどくなることはなかったけど、自分の”好きの軸”がブレブレだと何も楽しめないことも学んだ。

~~

NFBに所属している人たちは、そんな”ゆるやかな野球の見方”を肯定してくれている。もちろん、ガチで1球団が好きでもOK。大好きな選手を一人追いかけていてもOK。NPBじゃなくて大学野球が好きでもOK。

”好き”に理由なんていらないし、それを否定する必要なんてひとつもない。

~~

やっぱり私は独特な雰囲気流れる球場で、飲むお酒が大好きだし、ファンの人が歌う”応援歌の声”が好き。

青春時代を全て捧げたサンボマスターのライブはお客さんのシンガロングがすごすぎて、Voの山口さんの声が聞こえなくなるときがある。あの雰囲気が個人的に大好きで、野球場にはそれと似た熱くて情熱的な空気が流れている。だから私はきっと野球を、野球場の雰囲気を好きになったんだと思う。

NFBのオフ会に参加して、学ぶことはたくさんあって、色々な人の話を聞くとやっぱり「自分の好きな野球を愛したい」と思った。

私は2019年シーズンはいろんな球場に行って、球場から流れる音楽に耳を傾けてビールを飲むぞ~~~!!!いろんな球場でたくさんの人に”球場の楽しみ方”を教えていただきたい。

なので、オススメの球場の歩き方とか、座席とかがあれば是非教えて欲しいです。(近隣にあるラーメン屋も是非…)

~~~

NFBとの出会いに心の底から感謝をして、もっともっと良いものをたくさんの人と共有しながら作り上げていきたい。

今日はそんな思いと、この曲を登場曲にしている楽天の島内選手に想いを馳せて、Superflyの「Beautiful」を聴いてから寝ようと思う。仙台でこの曲が聴ける瞬間を楽しみに生きよう。

遠回りしても 守るべき道を行け
私でいい 私の歩幅で生きてくのさ(Superfly/Beautiful)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、ありがとうございます。コメントやシェアをしていただけることが何よりの励みになります。

良い1日になりますように!
31

響あづ妙

『住みたい』と感じる場所で暮らす/2019年11月、大阪から金沢へ/お仕事依頼等はこちらまで→kuroiro1203@gmail.com

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント1件

とても素敵な記事でした。私も、応援の仕方や好きなところはそれぞれあっていいと思っていて、楽しみ方は人それぞれだと思っているので、なんだか勇気をもらいました。(私の場合、サッカーですけれども…)ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。